新大統領は「反日」を緩めるかも2017/03/15

 韓国の今後について、拙論で

「韓国国民内の対立は尖鋭化するだろう、しかしこの対立を解消して国民が一つになることができるのは「反日」(慰安婦や竹島など)だけであり、次期政権は反日を強く打ち出すだろう」

 と予測しましたが、朴大統領派は中高年が多く、若者が少ないですねえ。 これでは、この勢いは先細りするでしょう。 とすると、韓国内の対立は尖鋭化することなく、次期の進歩=左翼系政権は安定した運営が出来ることになると思われます。

 安定していれば、「反日」を実践する必要はなくなるでしょう。

 大統領有力候補の文在寅さんが進歩=左翼だから、より厳しい「反日」政策を行なうと予測する向きが多いです。   しかし最悪の日韓関係と言われた時代は、李明博から朴槿恵にかけての保守系政権の時でした。 金大中・慮武鉉の進歩=左翼政権時代の日韓関係はそれほどでもありませんでした。

 おそらく文在寅さんが大統領になるでしょうが、慮武鉉政権時代の対日本政策を踏襲して、保守政権時代のような激しい「反日」政策をとらないだろうと思います。

 そして新政権が、何かでつまずいて不安定になった時に、厳しい「反日」政策をとるだろうと予測します。

コメント

_ (未記入) ― 2017/03/15 14:28

いずれにしても反日するんですねw
時期の問題だけで。

_ neran ― 2017/03/17 11:31

慰安婦合意での板挟みと、経済がきっかけで、もっと早くに反日麻薬使うんじゃないでしょうか。
さすがに朴槿恵さんほどいきなり全開ではないでしょうけど、弾劾成立に至るプレッシャーの中には、慰安婦合意解消の声も大きな力となってましたし。

中国は旗色示せと冷遇し、アメリカは協力体制維持しろと圧力かけ、日本は大使帰国させっぱなし。でも民間は慰安婦像を作り続けるし、迂闊な協力を日本とするとまた弾劾の声が…みたいなトリレンマ見ると、誰が大統領になっても、実にしんどそうです。

_ 辻本 ― 2017/03/18 03:31

>慰安婦合意での板挟みと、経済がきっかけで、もっと早くに反日麻薬使うんじゃないでしょうか。

 拙論で「新政権が、何かでつまずいて不安定になった時」と書きましたが、その「何かのつまずき」が新政権の早期にやってくるかも知れませんねえ。

_ カッペちゃん ― 2017/03/25 14:25

> 金大中・慮武鉉の進歩=左翼政権時代の日韓関係はそれほどでもありませんでした。

そうでしょうか?
慮武鉉は嘗て(2005年)米国政府に日本を共通の「仮想敵国」と提案している。 「仮想敵国」とは、事実上の『主敵』の概念です。
静かに日本に銃口を向けていた慮武鉉、その秘書の経歴を持つ者が俄かに志向が変わるとも思えない。

_ 辻本 ― 2017/03/25 19:54

 慮武鉉さんは、第一次安倍首相と首脳会談をしています。 その時は意見の違いはあっても、それなりに礼儀を尽くした上での会談でした。

 竹島上陸後の李明博さんは野田さんとの首脳会談で、その半分以上を慰安婦問題等に費やしました。 日本の首相からの親書を受け取らず、そのまま送り返すという外交非礼まで犯しました。

 朴槿恵さんは、安倍さんと会おうともせず、海外で日本の悪口を言いふらす外交を展開しました。

 保守政権での対日外交の非礼は、際立っていました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/15/8406228/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。