マッコリ(タッペギ)とシッケ2020/12/28

 朝鮮伝統酒のマッコリの話です。 前回の話のように、植民地時代の日本人女性は仲良くなった朝鮮人から「朝鮮漬け」の作り方を習いましたが、マッコリの作り方は学んでいませんねえ。 やはり不法だという認識があったためでしょうか。 なおマッコリは在日朝鮮人社会では「タッペギ」と呼ばれていました。

 タッペギの「タッ」は「탁(濁る)」だから濁酒(どぶろく)そのものを指す、 マッコリの「マッ」は「맑다(澄む)」という意味、「コリ」は「거르다(濾す)」の意味で、濁酒を濾して上澄みだけを取ったものが「マッコリ」だと解説する人がいました。 だからタッペギは安物で、マッコリはちょっと高級というのでした。

 説得力がありますが、そんな解説をした本がなく、また韓国文化に詳しい人に聞いても、そんなことは初めて聞いたと言っておられました。

 マッコリ(タッペギ)については、下記の拙稿を読んでいただければ幸い。

タッペギ(マッコリ)の思い出  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/03/04/6359741

伊地知紀子『消されたマッコリ』(1) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/12/08/7940574

伊地知紀子『消されたマッコリ』(2) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/12/13/7947408

伊地知紀子『消されたマッコリ』(3) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/12/17/7951241

伊地知紀子『消されたマッコリ』(4) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/12/21/7956212

伊地知紀子『消されたマッコリ』(5) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/12/26/7961704

伊地知紀子『消されたマッコリ』(6) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/12/29/7964563

 次は酒ではなく甘酒の話です。 1970年代に在日一世のおばあさんから、「近所の日本人に、うちらの国ではこんな甘酒を飲むといってシッケ(食醯、식혜)を出してあげたら、ちょっと匂いを嗅いで目の前で捨てられた。日本人はうちらの国の食べ物を絶対に食べないのだから」という話を聞きました。

 かつての在日と日本人との関係を象徴するような話です。 自分が作ったものを目の前で捨てられるという体験話は胸を締め付けられるもので、今なお私の記憶に残っています。

 シッケは今の韓国で缶入りのものが売られています。 冷やしたものは夏にちょうどいい飲み物です。 韓流ファンの女性たちはよく飲んでいるようです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック