韓国の小説の翻訳に挑戦 (2)2015/08/02

 韓国を代表する作家である申京淑が、三島由紀夫を盗作した事件について前々回で触れました。    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/07/23/7714292

 韓国語の勉強のために、この小説を翻訳してみました。前に同じく語学の勉強のために、殷熙耕の小説を翻訳しましたが、   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/05/04/7626475   今回もその延長です。

申京淑 「伝説」 http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dennsetsu.pdf

 なお申京淑のこの小説は、石坂浩一氏が訳したものがあります。『韓国の福祉・希望と現実(韓国読本)』(社会評論社 1998年10月)所収 今回は語学の勉強ですから、参考にしないで訳してみました。 あとから読みましたが、やはり参考になることが多いです。

 ついでに、申京淑の盗作を最初に報じたのは、「ハフィントンポスト」というインターネット新聞における李ウンジュの記事です。これも翻訳してみました。http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/riunnjyuburogu

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/08/02/7722604/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。