世界で唯一日本を見下す韓国人2016/10/06

 今日の韓国の有力紙『朝鮮日報』のコラムに次のような文章が出ていました。 (2016年10月6日付け)

韓国人は「世界で唯一日本を見下す韓国人」という言葉を聞くと悪い気はしない。 そんな声に酔う人もいる。 実はそこに「おかしな韓国人」という言葉の意味がひそんでいる。 実際には日本を見下す国など世界に存在しないからだ。 日本を見下すためには日本に対し無知でなければならない。 ろくに知らずに大言壮語して虚勢を張る人だけが日本を見下すことができる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/06/2016100601120.html

 論者は朝鮮日報の楊相勲(ヤン・サンフン)論説主幹です。 本当にこんなことを書いたのかと思って原文の韓国語版を見ましたら、確かにその通りに書かれていました。 こんな自省的な文章が影響力のある新聞に載るとは、韓国では滅多にないことですね。 

 「韓国人は『世界で唯一日本を見下す韓国人』という言葉を聞くと悪い気はしない」とあるのは、韓国人が対日レイシズムを有する非常に珍しい国ということです。 

 なお、このレイシズムは観光等で短期来韓する日本人に直接ぶつけることはほとんどありません。 また来日する韓国人も周囲の日本人に直接レイシズム言動することもほとんどありません。 

 普段はレイシズムが隠れているのですが、何かの場面にレイシズムがいきなり現れるという傾向になります。 このレイシズムがいつ何故どのように形成されたのか。

 呉善花や古田博司、黒田勝弘さんなんかは、李朝時代の華夷思想を引きずっているからと解説しています。 これは説得力のある説ですが、ならば何故近代化したはずの韓国に今なお残存しているのか? そこが分からないところです。

【拙稿参照】

古田博司 『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』(3)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/03/21/7250136

コメント

_ 杏仁胡椒 ― 2016/10/14 00:12

小生ごときが辻本さんにコメントを出すこと自体おこがましく思いますが、うっかり釣られた気分で述べることにします。

楊相勲氏の文章の背後に見えるのは、「相手が東南アジアであれば差別して当然だが」という意識でしょう。以前カイカイなるサイトに、韓国人が韓国人について明解な言葉で解説して、神降臨と評されたことがあります。彼の言によれば、「レイシストの何が悪い」と考えるのが韓国人なのだそうです。おそらく古田氏のような人々は、このレイシズムを強烈に肯定する意識を指して、李朝時代と呼んだのではないでしょうか。

それに加えるとすると、差別そのものは第三世界でも珍しくないと思われますが、韓国について特筆すべきは、今も健在な、朝鮮の阿Q的な小中華思想の伝統もあるかと思います。日本や中国のネット上でよく揶揄される「宇宙は韓国を中心に回っている」というやつですね。それまで内々でしか語られてくることがなかった自己陶酔が、経済の発展によって、一挙に顕在化したのでしょう。

そしてさらにその背後には、李朝時代に特に顕著になった、血縁を中心とした縦の集団が競合するというシステムがあり、そのシステムにおいては差別合戦は一族の生存を賭けた武器でもあったでしょうし、またその為に、国家や民族意識という地縁共同体的な横の意識が極めて希薄となった為に、現代に行われる「差別」には「ウリズム」によって集団を統合する働きもある、ということも一般的に語られているかと思います。

_ 杏仁胡椒 ― 2016/10/19 20:25

辻元様

先に自分が書いたコメントを読んでみて少し外したかと思ったので、一般的な話をもう一本書きます。御採点お願いします。


>>何故近代化したはずの韓国に(華夷秩序が)今なお残存しているのか? 

「近代化」の意味するところが経済発展であるならば、それは韓国の国体思想や政治思想とは直接は関係しないと思います。韓国はアメリカや日本の経済・技術援助により復興を遂げたわけですが、冷戦時代にアメリカが支援した国の多くは、南米やインドネシアを例に見ればわかるように、民主主義国家ではなく強権独裁国家で、戦後の韓国もそうでした。

やがて韓国は「民主化」しますが、それには北朝鮮の影響が大きかったと思います。北朝鮮は対南融和政策の為に、共産主義思想に本来なかった民族主義という概念を持ち込みます。だから韓国の民主化運動は常に左翼民族主義の方向に引っ張られてしまう。お手本が出身成分で厳しく階層に分けられている北朝鮮の全体主義では、民主化 などとても無理では...

アメリカの文化や政治が韓国に与えた影響は大きいと思いますが、アメリカも現在では民主主義というよりは少数のパワーエリートによる寡頭支配の国となって、格差は広まるばかり。そういうアメリカを見れば格差は当たり前と韓国人が考えても不思議はありません。

シンシアリーさんなんかもよく指摘されてますが、多くの韓国人が望むことは、支配階級に対して怨嗟の言葉を吐きつつも、階級差をなくすことではなく、いつかは支配階級の側になって、民衆を踏みつけたい、ということだそうです。

その背後には、ソーシャルクライミングがある程度許容されている社会があるわけで、李朝時代末期も、そういった熾烈かつダイナミックな階級間移動競争がありました。

その点が、ある程度身分が固定化していて、職能の分化も進んでいた江戸時代の日本と大きく違うところで、だから韓国人はいつも如何に相手の上に立てるか、ということを意識しています。

この韓国人の対人感覚、社会意識は日本統治時代と戦後の韓国の時代を経ても変わることなく保存されてきており、それはさらに国家間の関係においても敷衍されて、国際関係においても「対等」という関係は彼らにはリアリティーを持ち得ず、常に上下関係で理解しようとします。

だから韓国が、日本の上に立ったという過度な自己イメージを持った瞬間、それに酔いしれると同時に、当然の権利として、国家総出の強烈な反日運動を始めたわけです。

そして一度味わった快感を捨てることは、(特に韓国人にとっては)大変なことでしょうから、相当痛い思いをしないと、反日が収まることはないかと思います。

ちなみに明治維新という日本の民主化は世界史の奇跡ですが、アメリカの民主主義とまったく性質を異にするもので、西欧民主主義の基本的概念である国民主権という発想は希薄で、天皇の権威の下に全国民が和する、という気持ちに基づいて近代国民国家が形成されたものと思います。

_ 河太郎 ― 2016/10/25 00:50

>なお、このレイシズムは観光等で短期来韓する日本人に直接ぶつけることはほとんどありません。 また来日する韓国人も周囲の日本人に直接レイシズム言動することもほとんどありません。

私も十数年前に韓国について色々調べ始めたとき、韓国人が実は日本人をバカにしていると知って驚きました。
日本人を見下していると知って「エッ!」と。その後呉善花さんの本を読みようやくその実態を知りこれまた驚きました。
何と、今から約1400~1500年前、古代日本に中国古代文明が朝鮮半島を経由して伝わったことを、文明なき野蛮な日本に朝鮮が文明を教えてやった、と教科書はじめテレビ番組などで大々的にやっているというのです。

●韓国中学歴史教科書-------「~あげた」のオンパレード
「百済は、(略)三国中も日本文化に一番おおきな影響を与えた。阿直岐と王仁は日本へわたり、漢文・論語・千字文を教えてあげ、 (略)漢文と儒教を教えてあげ、(略)政治思想と忠孝思想を普及させてあげた、
(略)仏教を伝えてあげ、そのほか天文・地理・暦法などの科学技術も伝えてあげた」(70頁)

「高句麗もたくさんの文化を日本に伝えてあげた」(70頁)
「新羅は船をつくる技術、ならびに堤防と城郭を築く技術を、カヤは土器をつくる技術を日本に伝えてあげた。
 このように三国は発達した文化を日本に伝えてあげ、日本の古代の飛鳥文化を生み出すうえでおおきく貢献した」(71頁)

●田中明『韓国の民族意識と伝統』(岩波書店2003年〔原著は1984年〕 148頁)
「韓国人が日韓関係を考えようとする時、かっての文化的優越の記憶が、交響曲の第2テーマのように胸中をよぎる----ということは今日も同様である。1981年韓日議員連盟の幹事長孫世一氏(野党)が持ち来たった日韓文化交流のための方案書(日本文)にはつぎのように記されていた。

【今日の国際秩序の基本単位である近代国家体制を整える過程においては、韓国が東洋国際秩序において
下位にあった日本の植民地になることにより、帝国主義時代の国際秩序においても至極例外的な関係をもって来た点に、問題の深刻性があります(原文のまま)。】
  
それは長く刻みこまれてきただけに、韓国人にとってあまりにも「深刻」な問題として今日も生きつづけている。」

●呉善花『攘夷の韓国 開国の日本』(文春文庫20頁)
「1995年の7月、私は韓国で、たまたま日本の古代文化を特集するテレビ番組を見た。
内容は、これまでに度々放映されたものとほぼ同じコンセプトのものだった。(略)
そして、この番組の最後は次のような言葉で結ばれていた。
<古代日本の文化は我々の祖先、韓民族が築き上げたものである。したがって今日の経済発展をとげた日本文化のベースは、我々の祖先によってつくられたのである。>

●呉善花『攘夷の韓国 開国の日本』(文春文庫39~41頁)
「以下、高麗大学教授・崔在錫『百済と大和倭の日本化過程』(一志社刊1990年ソウル)が論ずるところの大和の発展過程をざっと紹介しておこう。
<(略)5世紀の大和地域における百済人と日本原住民との関係は、大航海時代以後のイギリス人とオーストラリアのアボリジニ、あるいはイギリスと北アメリカのインディアンと同じものだといってよかった。日本の原住民には満足な衣服もなければ文字もなくまったくの原始状態にあった。

そのような野蛮な未開地へ、高度かつ大規模な先進文化をもった百済人が集団移住をはじめたのである。それが5世紀のはじめ、そこから本格的な日本列島の開拓がはじまった。その開拓は、宗教・技術・政治などすべての分野での開拓であり、いくつかの限定された開拓ではなかった。>


★なかには、冷静に公平に見ている韓国人(在日)もいますね。
●池明観・宮崎正弘『兄弟だから許せない』(5,6頁)
池明観
「おもしろいのは、韓国人は腹の中では日本人を見下しているんですよね。なぜかというと,要するに、日本人のルーツは渡来人である。日本の文化のルーツは全部韓国である。韓国人はそういうふうに錯覚を起こしているわけなんですよ。私はそうは思わない。韓国が日本に漢字を教えてやったとか、論語を教えてやったとかいいますが、あれだって全部韓国人が発明したわけではないんですよね。韓国人だって大陸から来たもりのを中継しただけで、別に韓国のオリジナルではないわけなんですよ。
でも、韓国人は日本に対してそういうような意味で非常に優越感をもっているんですよ。」

★日本人からの反論としては池明観さんに賛成ですね。

★当時の古代日本は古代朝鮮からの帰化人を、明治のお雇い外国人のように、使ったのですね。
あくまで頭脳は日本人、帰化人は手足として。しかも古代日本はシナ大陸や朝鮮半島からの帰化人をきちんと礼遇していますからね。

★一番肝心なのは、その後の古代以降の日本は朝鮮半島とは全く違う国になっているのですね。

_ 河太郎 ― 2016/10/25 11:59

>呉善花や古田博司、黒田勝弘さんなんかは、李朝時代の華夷思想を引きずっているからと解説しています。 これは説得力のある説ですが、

私も韓国に起こることは、上下関係、に物差しを当てはめると納得できることがとっても多いと思います。
親が娘の整形のために貯金するそうですが、これなども美人が上、ブスが下、と考えているとみれば、なる程ですね。
韓国人は初対面で学歴を聞くそうです。何故なのか分かりません。
相手が自分より上でも、上か下か詮索する心理的不安定さよりは、どちらか決まったほうが心理的不安定さから解放されるのがいいのかな、と勝手に想像していますが。

>ならば何故近代化したはずの韓国に今なお残存しているのか? そこが分からないところです。

近代化では韓国よりもずっと早かった日本でも、欧米が勝手に未開と決めつけて理解不能であろう民族的伝統的感情、習慣などがあると思います。

山川草木悉皆成仏は仏教用語らしいのですが、そこまで厳密に考えない一般人もなんとなく、全てのものに命がある、と解釈して日本人なら違和感はないように思います。

また何々供養というのも欧米人には不思議でしょうね。針供養、魚供養など。

近代化は概ね人権尊重、身分制廃止、議会制民主主義、法治主義などでしょうが、これらは基本的に伝統的民族感情や思考とは必ずしも対立はしないのではないでしょうか。

_ 河太郎 ― 2016/10/27 11:56

>なお、このレイシズムは観光等で短期来韓する日本人に直接ぶつけることはほとんどありません。 また来日する韓国人も周囲の日本人に直接レイシズム言動することもほとんどありません。 

韓国の歴史教科書は「日本に~してあげた」のオンパレードで、上から目線なのですが、古代日本に対して「高麗(高句麗のこと)」が同じような態度をとったのですね。それに対して皇太子の反応は激怒だったのですが。

古代のことなのですが、当時の日本人の覇気を示していますね。
聖徳太子の隋皇帝への国書の気概と同じです。

●山口謡司『日本語の奇跡』[新潮社新書 平成19年] 24頁
<応神天皇の皇太子の太子菟道稚郎子は、高麗王からの書状に「高麗(こま)の王、日本国に教ふ」とあったのを怒って、無礼者!と高麗王の使の面前でそれを破り捨てた。>

上の逸話の原典。
●日本書記 応神天皇28年の条 
<二十八年の秋九月に、高麗の王、使を遣して朝貢する。因りて表上れり。其の表に曰く、
「高麗の王、日本国に教ふ」といふ。時に太子菟道稚郎子、その表を読みて、怒りて、高麗の使を責むるに、 表の状の礼無きことを以てして、即ちその表を破つ。>

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/06/8216253/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。