在日の本名とは?2012/07/01

 新たな出入国管理及び難民認定法(入管法)に伴い、外国人登録がなくなります。中長期滞在などの外国人は、外国人登録証でなく在留カード、特別永住者は特別永住者証明書が発行され、各市町村で住民票が作成されます。

 外国人の通名は一つだけ作ることができますが、入管法には規定がないため、在留カードには本名のみが記載されます。 いわゆる在日韓国・朝鮮人=特別永住者も、これまで外国人登録証に記載のあった通名がなくなり、本名のみとなります。

 通名は住民票に記載されることになるようです。

 ところで在日は、他の外国人とは違ってパスポートを持って来日したのではありません。普通はパスポートの名前が本名になるんですが、在日の場合はこれまで日本の役所に届け出て外国人登録された名前が本名になります。しかしこれが本国で戸籍等で登録・記載されている名前と同一かどうかは分かりません。

 つまり日本の外国人登録における本名と、本国の戸籍等における本名とが一致しない場合が、時々出てきます。

 例えば、戦前の創氏改名で日本名にした在日が、戦後にこの日本名で外国人登録した人がかなりの数に上ります。この場合、日本名が本名となりますが、本国(韓国・北朝鮮)では創氏改名が当初より無効としましたから、日本名が本名ではあり得ません。

 つまり日本での本名と、本国での本名とが違うことになります。

 有名人では金嬉老。寸又峡事件で逮捕されて調べてみたら、本国での名前は権嬉老だったと分かりました。それまでの逮捕では、本国の本名なんて調べていなかったようです。

 在日の本名というのは、ややこしい場合が時折出てきます。

コメント

_ 健太 ― 2012/07/09 14:37

質問
1)辻本氏は何故日本人が朝鮮人を嫌うと考えているのか?

2)朝鮮人が<日本人が朝鮮人を何故嫌うか>を考えたものに対して、考察したものを持っておられるのですか?

上記二つについてお願いします。

_ 辻本 ― 2012/07/09 20:18

 日本人が朝鮮人を嫌う場合もあるし、好む場合もあります。この10年程は韓流ブームで、好む人が多くなりましたねえ。数的には、嫌う人をはるかに凌駕しているように思います。

_ 健太 ― 2012/07/10 10:50

>辻本 ― 2012/07/09 20:18
これはおそらく間違いですよ。飲み屋で平然と朝鮮人の話をすると、出てきます。若い人も意外と異なるようで、歴史を知る若い人は異なると推定している。
 無知な人々を相手にするならいいが、それではこまるでしょうが、現代はその人々が主流だから、いったん変わるとそれこそ始末に終えない。
 これでは質問のこたえにならない。

>辻本氏は何故朝鮮人を嫌う日本人がいると考えているのか?
 その日本人は朝鮮人の何を嫌うと朝鮮人は考えているのか?
このようなことは考えたことはないか?
 たとえば<彼女は自分の何を嫌っているのだろうか>
とか<何故アノお客はわが社を嫌ったのだろうか>と同じように。朝鮮人が<何故日本人は朝鮮人を嫌うのか>と考えたものを知っているか?
 その考察をしたものをご存知か?

_ 辻本 ― 2012/07/10 20:49

> これでは質問のこたえにならない。

 そうですか。私は「日本人が朝鮮人を嫌う場合もあるし、好む場合もあります」で、十分に答えたものと思っています。

_ 健太 ― 2012/07/11 11:13

 国内の日本人でもこのような答え方をする人がいるが、彼等には特徴があり、それを朝鮮人的というわけだが、つまり背後に何かが在ります。
 以前朝鮮人で東大で学んだ考古学者(?)の著作を読み始めたが、一番最初に発掘物の写真があり、一瞬奇妙な掲載方法だなとおもって、本文を読み始めたが
読みにく(日本語が不十分かもしれない)、掲載された事物に差し掛かった時、何故写真をそのように掲載したか、なんとなく分かった。古代の朝鮮の文物と我国のそれを比較するには、その写真の掲載は?で、逆にその意図が分かる気がした。
 証拠の提示方法が×だなあと思った。
ここまで書くと辻本氏はその本を提示せよといわれると思う。
 健太は朝鮮から文物が大量に来たとはさらさらおもっていない。古代朝鮮人が文化を持ってきたとは考えがたい。渡来人とは一体誰がいつどのような時の使い始めたかをしらべるのもいい。ちょうど従軍慰安婦という言葉を誰がいつ使い始めたかを調べるといいように。

 朝鮮人が来たのは明治以降に過ぎないと見ている。
従って日本人が朝鮮人と接したのは新しい現象に過ぎない。つまり現状の朝鮮人への認識が本当の認識だと見ている。
 それらは考古学的発見や、歴史の事件を見れば分かるでしょう。
 その一つに、漢字の音が、<朝鮮音>ではなく<呉音>だからです。辻本氏も古代の朝鮮語の音は不明だと記されていたからなおさらでしょう。
 
>辻本 ― 2012/07/10 20:49
では質問をかえて、

日本人の一部といっても多分大半だが、彼等(日本人)が朝鮮人を嫌う訳を、朝鮮人がかんがえた、論文または論考または文章をご存知か?

_ 辻本 ― 2012/07/11 21:09

>日本人の一部といっても多分大半だが、彼等(日本人)が朝鮮人を嫌う訳を、朝鮮人がかんがえた、論文または論考または文章をご存知か?

 まるで、お前は知らないだろうが俺は知っているぞ、と言わんばかりの質問ですね。こんな質問には答える必要があるのか疑問です。

_ 健太 ― 2012/07/12 12:44

> 辻本 ― 2012/07/11 21:09

質問をそのまま読めばいいでしょう。
>まるで、お前は知らないだろうが俺は知っているぞ、と言わんばかりの質問ですね

不思議な文章ですね。

健太は探したがないから、知らないならしらないでいい。ごたごた言わずに答えればいいと思う。
 健太よりはるかにいろいろを知っておられる人が知らないといわれれば、ないだろう。知っていて知らないと答えるなら、それはまた別でしょう。
  朝鮮人は差別がまるぺけだとか、日韓友好とか、色々言うが、それらはどうでもいいことで、狙いは別でしょう。
 差別にどのように対抗するか?それは差別がいけないといって運動するのもいいが、それはやがて駄目になる。今がそれである。やり方が根本的に違う。
 しかし幾らしてもここは日本だから、朝鮮と同じようにはいかない。それが当たり前でしょうね。

_ Elle ― 2012/07/15 03:37

連コメすみません。

> つまり日本の外国人登録における本名と、本国の戸籍等における本名とが一致しない場合が、時々出てきます。

これは本国からちゃんと公の戸籍謄本のようなものを取り寄せて提出させることで解決できるのではないでしょうか?
そういうこともなしで登録って、あまりにも甘すぎではないでしょうか?

_ 辻本 ― 2012/07/15 07:56

>これは本国からちゃんと公の戸籍謄本のようなものを取り寄せて提出させることで解決できるのではないでしょうか?
そういうこともなしで登録って、あまりにも甘すぎではないでしょうか?

 一般の外国人の場合は、その国の政府が発行すパスポートを持って来日しますから、パスポートに記載される名前が登録されます。
 しかし在日は、パスポートを持たずに来日した人およびその子孫であり、また祖国は朝鮮戦争で戸籍そのものが無くなっている場合もあります。
 数十年も経ち、世代も交代していますから、韓国の戸籍(今は個人籍)と外国人登録との間に齟齬が生じるのは、やむを得ない面があります。
 北朝鮮の場合は、もっと複雑になります。戸籍あるいは国民登録が機能しているのか疑問だからです。

 外国人登録が甘いのではなく、制度上そういうものです。

_ いけの ― 2012/07/31 01:07

特別永住者証明書に"通称名"を明記"し、その"ICチップに指紋データを入力"し、今まで通りに常時携帯を義務化するべきでした。今後、議論すべき案件ですね。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/07/01/6497383/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。