通名を本名と自称する在日2012/07/04

 在日の本名問題をややこしくするのが、法律上の正式の名前を本名とするのではなく、通名を本名と自称する在日がいることです。

 例えば、民団新聞に次のようなことを語る在日がいます。

光本允さん(摂津市立鳥飼小学校)は在日3世。 日本人の母親の籍に入っているが、「本名は金です」と自己紹介した。 「3年前、祖父の住んでいた故郷の役場を訪ね、そこにも私のつながりがあることがわかりました。今はつながっていることがうれしい」と話した。

http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=13&category=2&newsid=16110

 この人は日本人の母親の籍に入っていますから、立派な日本国籍人です。そして文章の脈絡から、韓国の国籍は有していない、つまり二重国籍ではなく、日本の単一国籍でしょう。

 この方が「本名は金です」と、法律上には存在しない名前、つまり通名の方を本名と考えているということです。

 このように戸籍名ではなく、通名の朝鮮名を本名としている方は、在日の活動家では意外に多いものです。自ら朝鮮名を名乗り、在日の青年・子供たちに本名を名乗れと迫った活動家が、実は日本国籍で、朝鮮名は通名であるという話はよくあることでした。

 これは自分のアイデンティティを表す名前だけが本名なのであって、法律なんか関係ない、という考えです。朝鮮民族主義的観点からすると当然なことなのかも知れません。しかし公的証明ができない主観的名前を本名と称するのは、やはり違和感が大きいものです。

 本名を呼び名乗る運動は1970年代から盛んになりましたが、その時の本名とは一体何だったんだろうか? 今でも疑問に思っています。

コメント

_ 日本人 ― 2012/07/06 18:00

通名または通称のことだが、わが国は戸籍においてその名前をきめて、公式文書においてはそれをつかうがさほど重要とは思っていない。これが現実である。近在に、みなが<まあくん>と呼んでいたが、成長して、あるとき戸籍を見ると別の名前になっていた。しかしそれを変更せずにそのまますごしており、みな<まあくん>と呼んでいる。困るのは戸籍を提出する必要があるときだけで、昔はみな知っているから、それは必要なかった。その程度の認識しかない。
 あくまで社会国家の仕組み上必要だから、それを登録するのが戸籍である。在に朝鮮人とその同調者がその廃止を主張しているが、別にその主張をする必要はどこにも無い。朝鮮人が朝鮮人名を名乗らないのは自分が損するからに過ぎない。そのわけを朝鮮人は十分知っているはずしょう。
 なぜ朝鮮人を日本人が嫌うか?
その理由を朝鮮人は知っているにもかかわらず、それを無視して、差別だ、不当だとアメリカをかさにきて、日本国内において主張するのは、小うるさいとしか日本人はおもっていない。
 私も奈良時代以降の朝鮮との歴史を知るにつれて、朝鮮人が主張していることの大半は根拠が無いことにきずいた。特に終戦後の朝鮮人の行動を日本人の誰も容認しない。そのことを知っているから朝鮮人名をなのらないにすぎない。しかし名乗る人はいる。なぜあるときは名乗り、あるときは名乗らないかは当人の思惑に過ぎず、べつに大きな問題があるわけではない。
 あるとしたら、朝鮮人であるにもかかわらず、それを日本人に知られるのを嫌がる朝鮮人の問題に過ぎない。
 われわれ日本人は遠慮なく、他の外国人と同じように朝鮮人を扱うことで、そのように扱わない日本人と日本の司法の問題に過ぎない。
 有名な日立訴訟はわが国の裁判所がばかげた、能力が無い人々を裁判官(特に最高裁裁判官)をしていることを示したの過ぎない。まことに法秩序を自分から壊していくのがわが国の司法である。
 がんはわが国の司法界でそこに成りすましの人々が多くいるにすぎない。特に弁護士たちである。

_ Elle ― 2012/07/15 03:28

こんにちは、初めまして。

数年前に東方神起という韓国芸能人グループにはまりました。
好きな人たちのことを知りたいという気持ちで、韓国関係の本やブログを読んでいます。

知るにつれて一部韓国人の理解できない考え方言行に触れ、やや好韓だった私が嫌韓気味になってきています。

ここに例として挙げられた光本さんという方は、日本国籍を持っていてずっと日本に住んでいるのに、どうして母方の文化に誇りを持たず、韓国に執着するのでしょうか?
そんなに韓国の方が素晴らしいと思わされて育ってきた、ということなんでしょうね~。

残念です。

_ 辻本 ― 2012/07/15 07:21

>日本国籍を持っていてずっと日本に住んでいるのに、どうして母方の文化に誇りを持たず、韓国に執着するのでしょうか?

 この人の場合は分かりませんが、かつて差別と闘う運動団体では、在日韓国・朝鮮人は日本人より立場が上であるという風潮がありました。差別される在日は正義を有し、差別する日本人はそれがないということです。

 これを被差別正義と言います。
http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/08/06/5270853

 文化の誇りとかは関係なく、単にその場の有利・不利ですねえ。

 差別と闘う運動団体で、自分は母親の籍に入って日本国籍なのに、在日として振る舞う人は少なくなかったです。

_ alexbacks ― 2012/07/16 12:12


はじめまして。

日韓ハーフで、特に母方が日本人の場合、日本の文化に誇りを持てないと
いうより、親戚関係などから冷たくされたり、そこまで露骨でなくとも微妙に下に
扱われたりなどあって、自然と日本という体制に対する反発心が生まれてしまう
場合だってあるのではないでしょうか。

そのような個人史が背景にあるのなら、そういう価値観を持っていることにも、
一定の理解は示してもいいのかなと個人的には思うことがあります。

_ 辻本 ― 2012/07/16 14:05

〉親戚関係などから冷たくされたり、そこまで露骨でなくとも微妙に下に扱われたりなどあって
〉そのような個人史が背景にあるのなら、

 これは人それぞれ千差万別でしょう。
 ただ在日は、今や婚姻の90%が日本人を相手とするものですから、親戚にも日本人との婚姻者が多数いるのが普通です。従って、これ故に日本への反発が生まれるということはないと思われます。

_ 株の入門 ― 2012/08/13 17:11

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/07/04/6500499/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。