在日特権2008/01/12

 在日韓国・朝鮮人は「特権」を有しており、それを許さないと主張する市民団体があります。http://zai.japan.aikotoba.jp/aisatu.html  「特権」の一つが在留資格の「特別永住」で、それをなくせ、という考えを打ち出しています。

 しかし特別永住がなぜ「特権」なのか、ちょっと理解しかねるところです。この法的地位は、外国人の在留資格のなかではもうこれ以上はないというぐらいの有利なものです。しかし当たり前ですが、日本国籍者よりも権利は制限されています。この制限は、当人が帰化することによってのみ解消します。  特別永住が「特権」であるのかどうか、疑問とするところです。

  それに「特別永住」は、126-2-6、4-1-16-2、4-1-16-3、協定永住などの変遷の末にできた法的地位です。この法律をなくすことは、余りにも現実的ではありません。

(参考)http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/08/25/1750381  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/09/01/1762857     http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/09/08/1781500    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/09/15/1798285

 ところで「在日特権」の中身ですが、人それぞれの考えがあるようです。  私の考えでは、日本人にもそして本国の韓国人にも有していない権利が在日だけに与えられていたら、それが「特権」だと思っています。

 一つ例を挙げると、韓国における指紋押捺義務について、本国の韓国人は住民登録の際に一本指の指紋押捺が義務付けられ、日本人は韓国に長期滞在するなら10本指の指紋押捺が義務付けられています。  しかし在日は韓国で長期滞在は可能ですが、日本の永住権を放棄しない限り住民登録できませんので、指紋を採られることはありません。  つまり指紋押捺について、在日は日本でも本国の韓国でも指紋を採られないのです。このように日本人にも本国韓国人にもない権利が在日にあります。  こういったものが「特権」ではないかと思います。

コメント

_ 日本国公民 ― 2012/12/27 20:00

在日特権の定義は、団体ごとに個人ごとに違うようですね。在特会の場合は、在日朝鮮人が、他の外国人にはない権利を有するのかおかしいという物のようです。(在特会のホームページによる)つまり、他の外国人と同じ扱いにしろと主張しています。特別永住の制度も、日本国民とではなく、日本の他の外国人と比較した場合、特権と呼びうるものでないかと思いますが?いまから、改廃が法的に可能かどうかわかりませんが、法の下の平等他いろいろな意味で、かなり問題があると思いますが。

_ 辻本 ― 2012/12/28 20:14

>かなり問題があると思いますが

 問題はありません。
 理由は拙論の(参考)にある通りです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2008/01/12/2556636/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。