特別永住制度の変更は非現実的2007/09/01

 特別永住制度は、1952年以来複雑化しつつ続いてきた在日の法定地位の問題を解決したものです。これを変更(廃止や他資格並みに処遇を引き下げること)することは、余りにも非現実的です。こんな非現実的なことを議論しても、意味がありません。

 特別永住制度は、21世紀の半ばには外国人としての在日は消滅するだろうという見通しのもとに成立しました。従ってこの制度が問題化する可能性があるのは、この見通しが間違っていた場合のことになります。つまり数十年先の話です。

 私自身は、完全な消滅はありえないが、もはや問題化するほどの数ではなくなっているだろうと考えています。

コメント

_ きりん321 ― 2007/09/07 15:22

>私自身は、完全な消滅はありえないが、もはや問題化するほどの数ではなくなっているだろうと考えています。

私も貴方の意見と同感です
後数十年後には韓国、朝鮮籍の特別永住者は今の在日中国人の特別永住視野みたいな数になると思います

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/09/01/1762857/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。