在日の法的地位問題は解決済み2007/09/08

 在日の法的な問題は、1991年の特別永住制度によって解決しました。  それでも一部の在日活動家らが、まだ差別があるとして、さらなる要求を繰り広げ、日本側の一部もこれを煽ってきました。これが不適切・不当なものであることは、拙論で主張してきました。

 ところが今度は、日本側で特別永住制度の廃止あるいは処遇の切り下げを要求する人が現れてきました。その理由は、特別永住制度そのものが「特権」であるからとされています。なかには「貴族制」とまで言う人がいます。またこの制度によって在日が外国人意識を持たなくなっている、あるいは日本人との距離感がなくなっているから、と言う人もいます。

 特別永住制度は外国人のなかで最も恵まれた在留資格ですが、それはそれまで法律上未解決のまま経過してきた問題を全面的に解決した制度です。今さらこれを廃止や切り下げなどと問題化することは、余りにも非現実的というか全く意味のないことです。

 また在日がどのような意識を持とうとも、法律は個々人の意識にまで立ち入ってはならないのであって、在日の意識を変えさせるために法律を変えようというのは暴論でしかありません。立ち入ることができるのは、法とルールを守るという意識を持たない行動です。

 在日の法的地位問題は解決済みです。

 これからは来日外国人の問題が重要です。彼らの多くが日本に定着してきています。彼らの法的処遇を安定させていくのか、それとも不安定なままにしておくのか。

 もし日本がこれからもどんどん外国人を入れて、いわば移民立国になろうとするなら、彼らを安定した地位につける必要があります。その場合、特別永住制度に彼らを加えるのか、それとも日本国籍を与えるのか、といった問題が生じることになるでしょう。

コメント

_ 日本人 ― 2012/07/06 22:39

確か海部内閣のときで、このとき特別永住制度を作るべく朝鮮人が策動して、それに負けたわが国政府がいけないに過ぎない。別に解決済みではなく、これを廃止してもそれは国家主権の発動に過ぎないと思う。、ただこの条文がどのようになっているか知らないが、そのとき、特別永住資格をなくして、すべて在留資格にに変えてもよかった。なぜその選択をしなかったかはわが国政府の弱さでしょう。それ以降在日の行動がおかしくなった。その行動の仕方が大きな問題で、それは朝鮮人の行動だから、それはそれでいいが、そのような行動をした朝鮮人の特別永住資格をそのつど剥奪することがしなければいけなかったことでしょう。それができない、またはしないことにわが国の国家としてのあり方に大きな問題がある。個人的には政治活動をした、在日朝鮮人は即座に資格を剥奪して、国外退去にすればいい。
タトエバ政治献金をした人などはそれである。どこまで言っても朝鮮人の問題ではなく、国家の問題に過ぎない。

_ 辻本 ― 2012/07/07 03:50

〉確か海部内閣のときで、このとき特別永住制度を作るべく朝鮮人が策動して、それに負けたわが国政府がいけないに過ぎない。

 これは違います。特別永住制度は、日本の法的不備により複雑化していく在日韓国・朝鮮人の法的地位を一元化して安定化させたものです。

(参考)
http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/08/25/1750381

_ 日本人 ― 2012/07/07 16:09

ご指摘のことはただしいかもしれないが、そのとき特別永住資格を廃止して、普通の在留資格に変更しても問題は無かったと思う。それをしなかったから問題がおかしくなり、その後の在日の行動が伸してきたと推測する。
 強制送還の可能性がなくなったからです。今でもいつでもこれができることが当たり前であることがわが国に居住する外国人の第一条件だがそれが適用されないことが、問題です。ことはわが国の問題で、それに朝鮮人がくちばしをぴれることはできない。この自覚が日本側に無いことが問題です。
 論点が異なる。

_ 辻本 ― 2012/07/07 19:34

>そのとき特別永住資格を廃止して、普通の在留資格に変更しても問題は無かったと思う。

 1991年の特別永住制度発足以降の何時に廃止したらよかったのですか。
 在日は1952年の法126号の時から様々な処遇を経てきましたが、一貫して普通の在留資格とは違うものです。その間、このことについて問題になったことはないと思います。

〉 強制送還の可能性がなくなったからです

 出入国管理特例法の第9条には、退去強制に関する条項があります。

_ 日本人 ― 2012/07/07 21:07

>在日は1952年の法126号の時

法律でどのように決めようとそれはわが国の内政問題です。それが当時わが国に住んでいた朝鮮人に不利なら、それを防ごうとするでしょう。当たり前です。
 問題は当時のわが国首脳がどのようにそれを判断したか?
 これはわからない。現在の制度の変更はわが国はできないと見ているのですか。国内問題ですよ。
 しかしよくわからないが背後になにかある気がします。
 そしてこの問題は依然として未解決とみています。
それはわが国にとって、未解決ということです。

 わが国と朝鮮が戦争をすることになった時、あなた方をどのように扱うかそれがいまだ決められていない。これは戦後ずーっトきめられていない。

 このときわが国が戦争をする上において、有利なように決めることが国家として当たり前のことで、これまでのすべてのブログをよんだわけではないですが、辻本氏にはその意識が無く、同じように日本の政治家たちにもそれが無く、マスコミにもない。
 その視点で在日問題を見たとき、どのような見方をされるのですか?

> 出入国管理特例法の第9条には、退去強制に関する条項があります

条項はあるでしょう。しかしそれが実行されたとは聞きません。ありますか?

_ 辻本 ― 2012/07/08 05:17

>これはわからない。
>しかしよくわからないが
>これまでのすべてのブログをよんだわけではないですが

 憶測を重ねることは、いかがなものかと思います。

_ 日本人 ― 2012/07/08 09:33

> 憶測を重ねることは、いかがなものかと思います。

辻本氏はわが国日本と南北朝鮮が戦争をしたとき、在日はどのような位置に立つとお考えですか?
またその想定をもとに、現在ある在日の法的位置はその戦争との関係で、南北朝鮮が有利と考えているか不利と考えておられますか?

_ 辻本 ― 2012/07/08 12:13

〉日本と南北朝鮮が戦争をしたとき
〉現在ある在日の法的位置はその戦争との関係で

 あまりにもリアリティのない話は、しない方がいいですよ。
 かつて韓国で、もし日本と相戦わば、とかいう妄想の小説や議論があったと記憶しますが、これと同じレベルですねえ。

_ 日本人 ― 2012/07/08 12:27

 戦争計画書は外国すべてに対して立てるのが常識で、リアリティなど関係ない。それをおこなわなかった国が戦前のわが国です。
 作戦計画書は一種の仮説を基に考えるもので、質問の意味がお分かりにならないようです。
 国内朝鮮人問題はわが国日本が朝鮮と戦争をしたとき、即座に対処できるような位置に彼らをとどめておくが基本だが、国内はそれを前提にうごいていない。
これでは大東亜戦争を反省した行動ではない。だから同じ結果を招来すると予測している。
 つまり辻本氏は日韓併合賛成派です。すべてをよんだわけではないが、その論旨の基盤はそれでのようです。それは大東亜戦争の結果に反する。
 朝鮮人はそれに賛成したほうが特でしたから。
日韓併合の背後にあったであろう、外国の思惑を考えたことがありますか?

_ 辻本 ― 2012/07/08 14:45

〉戦争計画書は外国すべてに対して立てる
〉作戦計画書は一種の仮説を基に考えるもの
〉質問の意味がお分かりにならないようです。

 突然出てきた「戦争計画書」と「作戦計画書」。さっぱり分かりませんね。
 全体的に文章が混乱しておられるように見えます。

〉辻本氏は日韓併合賛成派です。すべてをよんだわけではないが、その論旨の基盤はそれでのようです。

 読んでいないのに、勝手に決めつけるとは‥。

_ 日本人 ― 2012/07/08 19:26

>辻本 ― 2012/07/08 14:45
軍事知識が無いことと、相手の言うことを理解しようとしない。朝鮮人ですね。日本人にもおり、その人々は奇妙な特徴があります。
ここは違うと思ったが、目的としていることが、やれ強制連行だ、差別だ、従軍慰安婦だ、その他エトセトラだが、彼らはそれを問題にしているわけではない。別のことが目的に過ぎないでしょう。以前別のサイトでも論争になったがその展開が今のところほぼ同じです。
 辻本氏は日課併合賛成派でしょう。口では反対といいながら、賛成ということでしょう。安重根のようですね。
併合反対派の伊藤博文を併合反対といって暗殺するようなことです。もっとも彼はロシア支配下の間嶋に住んでいたと思うけれども。 
 もうこれでやめます。いつまでも日本人は黙っていないでしょう。
 奈良時代いいやそれ前からの朝鮮との交渉を見れば、われわれ日本人の判断は決まってます。その歴史を知らない日本人が馬鹿なことを言うわけですが、いずれその人々もわれわれ日本人は追い出すでしょう。ただし相当の犠牲と時間がかかることは確かでしょう。
 もうこれでやめます。

_ 辻本 ― 2012/07/09 01:24

〉もうこれでやめます。

 かなり混乱しておられるようですので、その方がいいでしょう。

_ 日本人 ― 2012/07/09 18:17

>かなり混乱しておられるようですので、その方がいいでしょう。

別に混乱はしていないが、判定は論理的なものや、事実以外は読者が判定する。

> 読んでいないのに、勝手に決めつけるとは‥。

全部読んではいないがと記しているが、少し読んだ印象から、である。それでも読み込んだことは事実だが読解力という問題があるけれども。
 相当に法的な知識をもたれているから実務者か、学者かな?現在のところ非常に朝鮮人的であり、またわが国にいる、ある種のタイプの日本人かなと推定している。
 2006年以降のものを読んでいるが申し訳ないが<もうやめます>はやめます。
 コメント欄はいろいろあり、私と似たことを感じている人もおられる。また在日の人々の実際の問題についてもいろいろあり、知らないことが多く記されている。勉強になるということです。
 今しばらく古いものを読んで、それからということになります。
 しかし古いブログのコメント欄には私に対したように対応された物があり、ここは一種の条件反射かなと思った。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/09/08/1781500/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。