反日意識はどのように継承されたか―植民地時代2018/04/03

 作家の金達寿さんは20年前にお亡くなりなっていますが、幼い頃に祖母から教わった日本の話を記録しておられます。 7~8歳の時だったといいますから、1927~28年頃のことです。その話を紹介したいと思います。 出典は『朝鮮研究月報 第7・8合併号』(日本朝鮮研究所 1962年8月)2~3頁です。

僕とおばあさんと2人だけで故郷(慶尚南道昌原郡)にのこって日本からの仕送りでくらしていた。 その間7~8才の頃ですが、その中で日本人についての話は、甚だ面白くないでしょうが、日本人は「夷狄」であるという考え方です。 無智なおばあさんですが、小中華意識から「倭人」を見ているのです。 日本人のことをみな「ワエノム」(倭奴)とよんでいました。 その「ワエノム」に国を盗まれて‥‥というわけです。

日本人は飯を皿に盛って箸で食う野蛮な連中だという話がありました。 これは、数時間もっておいても暖かい鍮器の器で、匙を使うのが原則、箸はおかずをつまむものと考えている朝鮮人の感覚からいうとまずいことです。 それには、昔、日本人が朝鮮人に「我々もあなた方のように白い飯を食おうと思うが、どんな器を使いましょう」と、お伺いをたててきたので、お前らのようなつまらんやつは皿ででも食ったらよかろうと言ってやった、それでそうなったのだというような説明がありました。 もっとも皿というので私は小皿を想像していたのですが、日本に来てみると茶碗のことだった

それからまた、何か被りたいものがあるとも聞いてきたので、ポスム(靴下)でも被れと教えてやったら喜んで被っているというものもあった。 烏帽子のことですが、なるほど形が似ています。 

このような話は壬辰の役などの時に愛国心を高揚するためにもできていたのでしょうが、とにかく庶民の意識の中にそういうものがあって、その話を子供に語り聞かせるので、自然にそういうイメージができていく。 そして近所の子供同士でも日本人は人食い人種だぞなどと言い合うわけです。 僕の村のそばの中里という駅前に日本人のお菓子屋さんが一軒だけありましたが、「あそこの日本人は生首を塩漬けにして部屋の中においている。日本人はそういうことを平気な野蛮な人間だ」ということで、朝鮮人の村の子がそのお菓子屋に入って食べることはありませんでした。

これは、日本を小中華意識のメガネで見ていたということですが、日本は封建的儒教意識を、慣習を、支配の手段として温存しなければならなかったため、同時に皮肉にも夷狄意識も温存されたわけです。

 このように日本をバカにする話が、朝鮮人の各家庭内で代々伝えられてきたのです。 1990年代のAERAの記事だったと記憶していますが、韓国から日本に修学旅行に来た高校生に引率の先生が、烏帽子を被った人物を描いた古代の絵巻物について、日本人にポソム(足袋・靴下)でも被れと投げてやったら大事そうに被ったという、全く同じ話をしていたことを思い出します。 今手元にその記事がありませんが、へー! 韓国では日本文化をこのように教えているのかと興味深く、よく覚えています。 昔から伝わるこういう侮日の話が、最近まで学校でも教えられていたのですねえ。

 それ以外に私の経験では、日本人は犬の茶碗を国宝にまでしている、日本の文化というのは犬の茶碗程度のものだ、というのがありました。 これは茶道で珍重された高麗茶碗のことでしたが、文化の違いを文明・野蛮の優劣に結びつけていました。

 1970年代に在日活動家の梁泰昊さんと議論した時、彼から世界に誇れるような日本文化なんて一体何があるというのか、何もないじゃないか、と言われたことがあります。 私は、例えば浮世絵はフランス印象派に大きな影響を与えたこととか、扇子は日本で発明されて世界に広がり西欧の貴族の日用品にまでなったとかの話(今考えると不確実)をしました。 更に、朝鮮では世界に誇れるような文化として何があるのかと問い返しました。 彼はぐっとして何も言わなかったことが非常に印象的で、記憶に残っています。

 ところで、朝鮮民族が世界中の人々に影響を与えたと誇れる文化は、一体何があるのだろうか? ここ20年くらいの韓国の話なら、韓流ドラマやPSYの江南スタイルなんかを挙げることができるでしょうが、それ以前となるとなかなか思い付きません。 北朝鮮となると主体思想に基づく文化が発達してきましたが、「珍奇」なだけで「誇れる」ものではないですね。

コメント

_ (未記入) ― 2018/04/03 18:26

ノーベル賞の数を見てもわかるでしょう。
世界に影響のある国がどちらかは。

_ (未記入) ― 2018/04/04 02:15

関係のない話題を出して、民族間の優劣を論じるのは、まるで韓国人ですなあ

_ 辻本 ― 2018/04/05 11:22

GDP1000ドル当たりの論文数は、韓国31.8で27位、日本は15.9で47位です。
https://mainichi.jp/articles/20180405/ddm/016/040/013000c

 日本は既に韓国から遅れをとってますから、「ノーベル賞の数」で自慢するは止めた方がいいと思います。

_ 河太郎 ― 2018/04/05 21:42

国家の科学力、技術力の評価は何を基準にするかで違うでしょう。
ノーベル賞や国際的な科学賞の獲得数で評価するのは妥当でしょう。
そしてそれが国民の生活の豊さに貢献していれば素直に肯定的に評価すべきでしょうね。

>日本は既に韓国から遅れをとってますから、

GDP1000ドルあたりの論文数で判断するのはどうなのでしょうかね。

普通、学者論文の評価で最も高いのはいわゆるインパクトファクターつまり引用回数といわれています。
教授選挙の選考では、単なる論文の数は何の意味もなく、超一流雑誌にどれくらいの論文数が掲載されているのか、一流雑誌でどのくらい引用されているか、などだそうです。

GDP1000ドル当たりの論文数では、ドイツ29位、フランス31位、アメリカ37位といずれも韓国より下位です。これをみて独仏米が韓国より遅れをとっていると言っても誰も相手にしないでしょう。

>「ノーベル賞の数」で自慢するは止めた方がいいと思います。

私も日本人がノーベル賞を獲るのは素直に喜びますが、韓国に向かって自慢する気を全くありません。
ただ、ノーベル賞の時期にネットで韓国の新聞の日本語版で興味ぶかい記事が見れますね。

_ 辻本 ― 2018/04/06 10:25

日本における科学研究の環境は、かなり劣化しているみたいですねえ。

またアメリカ等、先端科学の国へ留学する日本若者が、かなり減っているようです。 そういう所で勉強しようという意欲が減退しているのでしょうねえ。

世界で活躍する日本人研究者の数自体が減少しているようですし、研究論文数の減少は顕著に出ています。

日本の科学の栄光は、まもなく過去の物語になっていくことでしょう。

_ (未記入) ― 2018/04/07 07:52

アメリカが発表した2017年世界科学技術強国ランキング。
1.米国
2.英国
3.日本
4.フランス
5.ドイツ
6.フィンランド
7.イスラエル
8.スウェーデン
9.イタリア
10.カナダ
11.オランダ
12.デンマーク
13.スイス
14.オーストラリア
15.ノルウェー
16.ベルギー
17.ロシア
18.シンガポール
19.韓国
20.台湾
国際的な情報サービス企業のトムソン・ロイターが「Top100グローバル・イノベーター2014」を発表した。
これは特許関連データを基に、世界の革新的企業100社を選ぶというもの。
今年で4回目となり、過去3年間はアメリカ企業が最多となっていた。しかし今回100社のうち米企業が35社、
日本企業は39社がランクインし、ついに首位に輝いた。
建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞も米国8人、日本7人で世界2位
この10年だと日本が4人で世界トップ
ノーベル賞(自然科学分野)   日本人16人   韓国人 0 人
ノーベル賞(人文学分野)    日本人2人    韓国人 0 人
フランクリン・メダル(科学等) 日本人7人    韓国人 0 人
ボルツマン・メダル(物理学)  日本人2人 韓国人 0 人
J・J・サクライ賞(物理学) 日本人6人 韓国人 0 人
バルザン賞(自然・人文科学) 日本人3人 韓国人 0 人
クラフォード賞(天文学等) 日本人2人 韓国人 0 人
IEEEマイルストーン(電子技術) 日本人10件 韓国人 0 件
ウィリアム・ボウイ・メダル(地質学) 日本人2人 韓国人 0 人
ホロウィッツ賞(生物学) 日本人1人 韓国人 0 人
コッホ賞(医学) 日本人4人 韓国人 0 人
ラスカー賞(医学) 日本人6人 韓国人 0 人
ガードナー国際賞(医学) 日本人9人 韓国人 0 人
ウルフ賞(科学、芸術) 日本人9人 韓国人 0 人
プリツカー賞(建築) 日本人5人 韓国人 0 人
フィールズ賞(数学) 日本人3人 韓国人 0 人

韓国はまだまだ日本に追いついていませんよ。
論より証拠ですよ。

_ (未記入) ― 2018/04/07 08:29

世界GDPランキング・ベスト (20位) 2017年最新版
1位:米国 2017年GDP予測:20兆4930億ドル
2位:中華人民共和国 2017年GDP予測:12兆6334億ドル
3位:日本 2017年GDP予測:5兆7600億ドル

11位韓国の国内総生産(GDP)規模は1兆4112億ドル

「韓日経済規模および経済力の比較」から引用したデータ
まず「経済規模」では、
国内総生産(韓国1.2兆ドル・日本4.9兆ドル)は4.0倍、証券市場の時価総額(韓国1242兆ドル・日本4793兆ドル)
は3.8倍、外国為替取引規模(韓国480億ドル・日本3740億ドル)は7.8倍、ODA(政府開発援助)
規模(韓国17.4億ドル・日本117.9億ドル)は6.8倍の差となっている。
次に「企業のグローバル経済力」では、世界輸出市場シェア1位の品目(韓国64個・日本231個)
は3.6倍、米フォーチュン誌による500社の企業番付(韓国17社・日本57社)は3.4倍の差がある。
最後に「研究開発および革新性」では、研究開発費1兆ウォン(約9800億円)超えの企業(韓国3社・日本29社)は9.6倍、
世界100大革新企業数(韓国3社・日本28社)は9.3倍とのことだ。
論より証拠です。

_ (未記入) ― 2018/04/07 08:50

世界で最も「科学技術が発展している国」トップ10
発表された論文の数、取得した特許の数などでランキングがつくられています。
10位:スペインスペインは95万の論文と1,200万件の論文への引用、そして772の特許取得で10位にランクイン
9位:イタリアイタリアは120万の論文を発表しており、18,000件以上も引用されています。特許は2,930取得
8位:スイス2,466の特許を取得
7位:フランス6,555の特許を取得している
6位:カナダカナダは宇宙工学の部門では3位にランクインしています.
5位:日本日本は54,170の特許取得で5位にランクイン。日本は学生のランキングでも7位にランクイン。
4位:イギリス230万の論文の発表、6,511の特許取得、8,000以上の博士号授与で4位
3位:ドイツ学生のランキングでは13位のドイツですが、科学分野のランキングでは3位です。
2位:中国2022年には科学的な成果でアメリカを上回るのではないかとも予測される中国
1位:アメリカ147,652の特許取得で堂々1位のアメリカは、研究開発に4,530億ドルの予算を充てています。

韓国はトップ10圏外です。
韓国は日本に追いつくにはトップ10入りが先決でしょう。
科学技術、経済、文化など全ての分野において韓国より日本の国力の方が大きいのが現実です。

_ 辻本 ― 2018/04/08 03:56

結局、毎日新聞の記事は否定しないということですねえ。
https://mainichi.jp/articles/20180405/ddm/016/040/013000c

 論文数において、日本は韓国よりも遅れをとっているという統計があります。

_ (未記入) ― 2018/04/08 08:30

有料記事は誰も読まない

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/04/03/8817737/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。