「差別と闘う」ことへの疑問2007/12/15

>講義の中で大賀氏は、笑いを交えながらこう語っていたことが思い出されます。 >「日本共産党はいう。『何故、部落と呼ばれる地区にだけイイ住宅が次々と建つのか。地区外の市営住宅はオンボロやないか』、と。しかし私に言わせればそれは間違った考え方、ねたみ差別だ、と。我々を批判する方々も(解放住宅に)住んでみたらええんや(ここで一同笑い)」>

 その当時(1970~80年代)は「ねたみ差別」論が盛んに言われていました。  ある同和教育推進校で、一般生徒が部落民の生徒に「あんたらえーねえ。ただで勉強教えてもろて」と発言して、大きな問題になったことがありましたが、これを思い出しました。  当時は解同の言うことはきっと正しいと、私も含めてみんな判断停止状態でしたねえ。

>あっしらは、反差別の「闘い」の為の、行政への要求闘争は、運動の方法論として必要なことだ、と教えられてきました。 >大賀氏は‥我々学生にも、もっとマルクス・レーニンを読め、と強く勧めていました。>

 私もかつては解同に賛成の意見をもっていました。しかしこの行政要求闘争だけは馴染めませんでした。今はすべて馴染めなくなって、かなりの年月が経ちます。

 民闘連に関わった時、行政に「我々は民族差別をなくすためにこれだけ努力している。行政は援助しろ」と要求する闘争に連れていかれました。その終了後に、「運動というのもは自腹でやるものだ。役所にお金を呉れというのは乞食と同じだ。」と言って、非常に怒られたことがありました。

 「反権力」を唱えながら、何故その権力から自分らの運動資金を取ろうとするのか、分かりませんでした。今は昔ですが、こういった思い出があります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/12/15/2513505/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。