朝鮮語学習を始めた時2011/10/30

 1974年頃に、2年足らずという短い間でしたが、朝鮮語勉強したことがあります。  拙論では  http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainijuuhachidai  に

「思い起こせば20数年前の七四年頃に、朝鮮総連のHさんに朝鮮語の手ほどきを受けたときは、朝鮮語のできない朝鮮人は民族性を失った者である、という総連の考え方をその通りと思ったものだ。」

と記しています。このHさん、後に小田実の奥さんになった方です。

 Hさんは朝鮮総連でもかなりの実力者の娘だったそうで、朝鮮学校を卒業し、また朝鮮学校の先生もしておられました。当時は朝鮮総連の力が大きかった時代で、南の韓国の朴正熙政権の悪辣非道ぶりが宣伝され、多くの人たちが信じていたものでした。Hさんも、総連の考えをそのまま授業に持ち込む方でした。

 最初は私も総連の考えに同調していたので、Hさんの主張にはその通りだと賛成していたのですが、主体思想の本を読んだりしていくうちに、だんだん嫌になり、そのうちに金日成の思想は社会主義・マルクスレーニン主義から外れる思想だ、少なくとも哲学と言えるものではない、と言うようになりました。  結局、余りに総連寄りのHさんが嫌になり、朝鮮語の勉強も止めてしました。

 しばらくして、確か1977か78年頃だったと思いますが、金日成が日本のベ平連のような組織を念頭に置いたのでしょうか、ベトナム戦争での北の勝利を機に、日本で民主人士を獲得せよ、と言ったことがあります。(今手元に資料がなく、アヤフヤですが)

 しばらくして、Hさんがベ平連の創始者である小田さんと結婚したと聞いて、もうビックリ。その時は、金日成の言葉を実行したんだなあ、と思いました。

 小田さんはたくさんの本を出していますが、北朝鮮に関して批判めいたことは書くことはありますが、基本的にすべて北を擁護するものでした。拉致事件に関しても、日本が北と国交しなかったから拉致事件が起きた、小泉首相はこの責任を謝罪しろ、というトンデモナイ主張を開陳したことがありました。奥さんの影響は極めて大きいんだろうなあ、と思っています。

 この6年前程から韓国語の勉強を再び始めています。30年前から繰り返されてきた挫折を、今取り返しているということですねえ。今は韓国の新聞を、辞書片手でですが読めるようになりました。

コメント

_ 辻本 ― 2011/10/31 01:19

金国鎮さん。
ご投稿は有り難いのですが、極端な地域差別言動が含まれていましたので、公開しません。品のあるご投稿をお願いします。

_ 宇宙飛行士 ― 2011/11/01 11:39

今回もいろいろ考えさせられた内容でした。
とても勉強になりました。

在日の2世、3世で朝鮮語を話せる人が少ないのは事実だと思います。
私も在日の方が経営している会社で働いたことがありますが(家族経営の会社)、お父さん以外は簡単な挨拶と単語くらいしかできませんでした。それは、別にいいですけど、学習意欲もモチベーションも全然なかったことには少し驚きました。

もちろん、それは責められるようなことではないと思います。むしろ、「自然な流れ」ではないでしょうか。ただ私は世間で言われている「在日の姿」との温度差を感じただけです。

民団の大幹部の娘さんが
「韓国は好きだけど、日本に生まれてよかったと思う」と言った時はさすがにびっくりしましたが。

_ 在特会 ― 2011/11/02 17:28

小田実氏は在日女性と結婚していたことは知っていましたが、総連の幹部の娘さんですか。

1970年代、べ平連は新左翼系の派手なデモをしないので、
女子大にも広がってました。
中核は、革マル派などと違って、平和的な反戦運動だと思ってました。

その後、ずいぶん後にアメリカ兵の亡命事件に関して、ソ連から資金が出ているといううわさがあり、違和感をもちました。

10年ほど前に、北朝鮮を地上の楽園と吹聴して、反省しているかと思ってましたが、拉致事件に関して、日本に責任があるという主張を聞いてから、あきれて、、、、
死ぬまで反省はしなかったんですね。

1970年代の左翼運動の活動家で、革マル派の男性が反帝学評の女性と交際し、男が革マル派から、反帝学評に乗り換えることがあり、思想の弱いものが負けるんだ、愛じゃない、クラスで一時話題になりました。

小田実氏は初めから親北朝鮮派だったのだろうか、と思いました。

反米、反日なら、親北朝鮮でも親ベトナムでも親ソ連でも何でもよかったのでしょうか?

存命の時に聞いて見たかった気がします。

_ 辻本 ― 2011/11/02 21:36

Hさんに関して、次のような情報があります。

>韓国には「反戦平和運動家」として知られていますね。
>総連での活動などはほとんど知られておらず、悲劇のヒロインのような扱いされています。

 これが事実なら、北の南朝鮮に対する工作活動は、かなり成功しているということです。

_ 在特会 ― 2011/11/04 12:47

>北の南朝鮮に対する工作活動は、かなり成功しているということです

そうかもしれませんね。
先日、韓国の新聞で「韓国は唯一の正当な国家である」との
表現が教科書から消えると出てました。

歴史的にいえば国連信託統治から選挙で選出された李承晩政権が正統です。
金日成政権は革命政権ですが、東欧の親ソ政権である傀儡政権であることは明白。
国内統治としても失格です。

それにもかかわらず親北勢力の存在が理解できません。

北朝鮮がここまで落ちぶれると自力で政権が維持できるとは思えません。
韓国への統合以外に正当な解決策は考えられませんが、
差別観の強い韓国に復興事業ができるとも思えません。
中国の朝鮮族にも差別意識をもってますし、在日にも。

民族の東西分割というのは共産党の宣伝だと思います。
ほとんど知られていませんが、大戦後、モンゴルは3分割されています。

モンゴル共和国はソ連後押しで中国からの支配を脱しましたが、内モンゴル地域を中国に奪われました。
ソ連は代償としてバイカル湖畔のブリヤートモンゴルを奪いました。

その結果、ブリヤートはモンゴル文字を奪われ、ロシア文字へ、内モンゴルは漢字に支配され、モンゴル文字は追放されました。

日本はハングルを朝鮮人に与えたのに。

_ 辻本 ― 2011/11/04 20:57

産経には次のような記事が出ました。

「2020年代に北朝鮮は存在しない」 露研究機関が報告書

http://sankei.jp.msn.com/world/news/111104/kor11110418510001-n1.htm

 要するに、北の崩壊が早いのか、それとも南に人民革命政権の樹立が早いのか‥‥この記事は、北の崩壊の方が早いと見ているようです。

 しかし、たとえ北が崩壊して南に併合されても、南で親北民主勢力が政権を握ることも考えられます。つまり南朝鮮解放路線が姿を変えて現れる可能性も十分にあると思います。

 韓国内の民主勢力と言われる人たちの親北性向を、侮ってはいけないと考えます。

_ 辻本 ― 2012/01/30 20:51

 朝鮮語の先生であったHさんについて、彼女がどのような話をしていたのか、という質問がありました。

 個人的に返事するのではなく、この場でお話します。

 当時の朝鮮総連が日本人を相手に宣伝していたことは、南朝鮮(韓国)の朴政権は軍人独裁政権として悪政を敷き、アメリカに従属してまるで植民地のような状況にあり、しかし一般庶民は貧困に喘ぎながらも朴政権が潰れるのを息をひそめて願っている、というものでした。

 つまり南朝鮮は暗黒社会にある、これでは祖国は統一できない、だから南朝鮮を民主化してアメリカを追い出し、祖国統一を成し遂げよう、という主張でした。

 Hさんもこれをしょっちゅう言っておられました。私は、韓国が軍事独裁政権なら北朝鮮も軍事独裁政権ではないか、統一のためには南だけが変わるのではなく、北も変わる必要があるといって、反論したことがあります。

 Hさんは、皆さんは共和国(北朝鮮)のことを何も知らないんですねえ、共和国の人々は心の底から金日成さんを慕っているのですよ、独裁ではありません、とおっしゃっていたことを記憶しています。

_ 日本国公民 ― 2012/04/17 18:00

 小田実氏は、はっきり言って、作家としては三流の人だった。平和運動で同席した、国際的な賞を受けた某作家は、彼をあからさまに軽蔑して碌に話をしなかった、と、運動にかかわった知人から聞いた事がある。小説も碌に売れなかったから、予備校の講師をして糊口をしのいでいたようです。
 彼が本当に北朝鮮を支持していたか判りませんね。陰では軽蔑していたのかもしれません。北朝鮮も利用価値があるので利用しただけではないでしょうか?
 小田氏の影響力は? 批判はあったが、大概、嘲笑をかったにすぎないのでは?これじゃ「なんでも見てやろう」ではなく「なんでも恥かいてやろう」だねと、あざけった人がいましたっけ。もっとも、そんな体たらくでも、喪う物はなかったでしょう。文学者としての名声をとうにあきらめた彼にとって、言論人としての名誉などどうでもいいことだったでしょうから。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/10/30/6177989/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。