1970年代の北朝鮮=総連の手口2011/11/12

 1970年代前半に朝鮮総連のHさんから朝鮮語を教えてもらったことは、先に記しました。

 ところで、その朝鮮語教室に1・2ヵ月ほど来た女性がいました。日朝協会か主体思想研究会かの関係者かと思われましたが、次のような話をしてくれました。

>知っている在日朝鮮人(総連関係者)から、韓国に旅行に行って朴政権の悪辣ぶりを宣伝するビラを撒いてきてほしい、旅費は援助するからと言われた。彼女は、韓国の朴政権は軍事独裁ファッショ政権と思っていたので、承諾して友人と二人でソウルに行った。

>鞄の奥に何十枚かのビラを隠して、金浦空港ではすり抜けることができたのだが、ソウルのホテルで一体どのようにしてビラを撒いたらいいのか。万が一見つかったら、北のスパイとして逮捕されてトンデモないことになる。色々悩んだ末、ビラをくしゃくしゃに丸めて、駅や公園などのゴミ箱に一つ一つ入れていった。

>日本に帰ってその人に報告すると、それでいい、と言ってくれた。

 このような話でした。思い出しながら書いていますので、どれほど正確なのかは分かりませんが‥・。1970年代の話ですので、こんな話をしてもビックリする人が多いでしょうが、当時はそれ程、南北関係が緊張していた時代でした。

 もし彼女が韓国で逮捕されたら、北のスパイとして立件されていたことでしょう。彼女自身はお世話になった総連関係者にお返ししたかった程度の認識だったようでしたが、韓国では死刑を含む重罪でした。

 しかし朝鮮総連には、彼女との関係を示す何の証拠もありません。ビラ自体が事前に見てもらったとはいえ、彼女らの手作りでした。従って北=朝鮮総連が彼女に指示したという物的証拠は全くないのです。たとえ彼女が韓国で逮捕されようとも、北=総連にとっては朴政権のでっち上げだと反論するだけで、痛くも痒くもない話です。

 つまり1970年代は、北=朝鮮総連は自分たちは傷つかないようにしながら、在日や日本人を利用してプロパガンダしていた時代でした。

 1990年台後半の金大中政権誕生以降、在日韓国人政治犯と言われる人たちが冤罪だと訴え、韓国の裁判所はこれを認めているようです。しかし、彼らは日本で朝鮮総連と本当に何の関係もなかったのか?

 北=朝鮮総連は、たとえ発覚しても自分たちに波及しないように注意しながら在日や日本人をオルグしていた事実を知るならば、疑問を感じざるを得ません。

(参考) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/05/17/5092838

http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/01/16/5639024

コメント

_ 宇宙飛行士 ― 2011/11/13 18:43

冷戦時代の朝鮮総連と日本の共産主義者が犯した過ちはいろいろあると思いますが、
個人的には彼らがデマを流したり、都市伝説みたいな根拠のない話を広げたことが大きいと思います。

その時代にはそれが北に対する忠誠だったでしょうけど、

「慰安婦狩り」の吉田清治(共産党)
「好太王碑捏造説」の李進熙(総連、朝鮮学校)
「強制連行説」の朴慶植(総連、朝鮮学校教員)


の著作および主張が韓国社会に与えた悪影響はかなり大きいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/11/12/6199653/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。