金時鐘さんが本名を明かしたが‥‥2019/10/26

 以前に、金時鐘さんは自分の名前が「金時鐘」と「林大造」の二つあることを説明していないと論じていましたが、最近出た『抗路』という雑誌の第6号に、彼自身が次のように語っているのを見つけました。

もう一つややこしいのは、「金時鐘」は日本ではペンネームに過ぎない名前なんだ。 法的には「林大造(イム・テジョ)」という外国人登録名がある。 私の「在日」の由来とも絡んでいる名前でもある。 三つの文字の名前は日本人には朝鮮人とわかる名前でもあるので、「キン」でも「キム」でもいっこうに私はかまわない。 (抗路社『抗路』6号 2019年9月 15頁) 

 「林大造」は、金さんが1949年に日本に密航した際に、不正に入手した外国人登録証にあった名前です。 ですから「『在日』の由来に絡んでいる名前」であるのは確かですが、密航と登録証不正入手という二つの不法行為によって得た名前だということを言ってほしかったですねえ。

 もう一つ、両親の墓参りのために韓国の戸籍が必要となった際、日本で不法に入手したこの「林大造」名で韓国戸籍を取得したことも言ってほしかったです。

 彼は両親から「金時鐘」という名前をもらい、その名前で学校に通って韓国社会に暮らしていましたが、ある日に日本に密航して「林大造」に変身しました。 おそらくは「背乗り(はいのり ―他人の身分を乗っ取って、その人物に成りすますこと)」と考えられます。 そして今度は本当の本名である「金時鐘」ではなく、他人である「林大造」名で、両親が眠る韓国で戸籍を作られたのです。 以上までが、私が彼の名前に関して調べた結果です。

 他人の名前で祖国の戸籍を作って両親の墓参りすることについて、金さんはどのように説明されるのでしょうか。

【拙稿参照】

金時鐘さんは結局語らず   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/08/13/9140433

金時鐘さんは本名をなぜ語らないのか? http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/07/02/9110448

毎日の余録に出た金時鐘さん http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/08/27/8950717

本名は「金時鐘」か「林大造」か http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/08/23/8948031

金時鐘『朝鮮と日本に生きる』への疑問 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/07/28/7718112

金時鐘さんの法的身分(続)     http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/08/13/7732281

金時鐘さんの法的身分(続々)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/08/26/7750143

金時鐘さんの法的身分(4)    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/08/31/7762951

金時鐘さんの出生地        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/07/05/7700647

金時鐘『「在日」を生きる』への疑問 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/03/01/8796038

コメント

_ 海苔訓六 ― 2022/11/04 14:10

マイナンバーカードと健康保険証を一本化することに対して批判があります。
しかし現行の健康保険証は本人写真が添付されていないので今回のブログ記事にも書いてあるように『背のり』されてしまうと本人確認できません。二三年前の保険証は家族単位だったのでもっと『背のり』に悪用されやすかったと思います(今は個人ごとに枝番号がついてますが)

なので私は個人的にはマイナンバーカードと保険証を一本化させる現行の取り組みは『背乗り』防止の観点から賛成(100%防げるとは思っていません)ですがブログ主さまはこの取り組みに関してはどのように認識されておられますか?(特に背のり防止に関連して)

ちなみにマイナンバーカードと保険証一本化が完全普及した後は運転免許証とマイナンバーカードの統合も政府は考えているらしいですがこれに対しては谷公一国家公安委員長が反対しています。
『公安の既得権益が犯されるから谷公一は反対しているんだろう』などと悪口言われてますが、
私はマイナンバーカードを背乗りされて乗っ取られた時にリスク分散でもう一つ本人確認可能な写真添付された証明物が別にあった方が良いと思うので、マイナンバーカードと運転免許証は分けておくべきという谷国家公安委員長の主張に賛成です。

_ 辻本 ― 2022/11/04 17:13

 「背乗り」は、旧ソ連や北朝鮮などの共産圏が相手国にスパイを送り込む手法の一つで、相手国のある人物の身分も含めてすべて成り替わって活動するものです。
 成り替わられた人物は、露見されないように抹殺されるのが普通です。

 他人の健康保険証を借りて病院に行くのは、今は外国人労働者間でよく行われるようです。
 これは他人を詐称し、その保険証で相手を信用させますから、「詐欺罪」という犯罪です。
 またそれは、身分を含めてその人物に成り替わるものではありませんので、「背乗り」とは言いませんねえ。

 終戦直後の日本では、朝鮮人は離脱届を出さずに本国に帰国したことが多く、その場合、法律上、この朝鮮人は日本国内に留まっていることになります。
 その事情を知る周囲の朝鮮人が、そういった人の外国人登録をして、外国人登録証の給付を受けて売買したようです。
 金時鐘さんはこの外国人登録証(林大造)を入手し、林大造に成り代わり、その身分(在留資格)を継承したのではないか、というのが私の推測です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック