二重国籍の在日が両国のパスポートを持つ場合2006/06/23

 5月12日の朝日新聞の読者投稿欄「声」で、ちょっと気になる投稿があった。

「韓国と日本は どうして争う    中学生  杉村 亜× (さいたま市浦和区 12歳)  私は日本人と韓国人のハーフ。ハーフだといろいろ便利なことがある。パスポートを二つ持てて、サッカーや野球の世界大会では両国を応援できる。‥‥‥」

 この少女は日韓の二重国籍で、両国のパスポートを所有しているという。これはあり得ることだろうか。もしあり得るなら、どのような場合なのかである。

 彼女は日本国籍を有しているので、日本に住んでおれば日本のパスポートは当然発給される。

 そして彼女は外国人登録されることはない。だから外国人登録原票記載事項証明書(いわゆる外国人登録済証)を発行されることはない。  韓国政府では、外国に居住する自国民に韓国のパスポートを発給する時はこの証明書の添付が必要とされる。従って日本に居住する彼女は韓国のパスポートを持つことはできない。

 もし彼女が韓国に居住し、そこで住民登録をしていれば、韓国のパスポートを発給を受けることができる。あるいは第三国に居住し、そこで外国人登録をしていれば、パスポートを発給を受けるができる。  つまり彼女が韓国のパスポートを持つには、日本に住んでおれば無理であり、韓国か第三国に住んでおれば可能である。

 以上から次のような経過があったものと推測できる。

 二重国籍の彼女はかつて韓国か第三国に住んでいて、その際に韓国のパスポートを持った。その後、来日して日本に居住し住民登録を行ない、日本のパスポートを持つことになった。

 これ以外にどのような場合が考えられるだろうか。ちょっと思いつかない。

コメント

_ 大和魂?ゲルマン魂? ― 2006/10/12 19:30

友達(18才)がドイツと日本のハーフで、両国のパスポートをもっているんですが、ドイツに行った事もないし第三国でとった訳でもないそうですが…。どういうことなんだろう???

_ 辻本 ― 2006/10/12 20:00

 おそらくはドイツの場合、在日独大使館(あるいは領事館)でパスポートの申請をする条件に、外国人登録原票記載証明書の添付の必要がないものと思われます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/06/23/417465/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。