弱者の腐敗2007/12/29

 エリック・ホッファーに次の言葉があります。

「権力は腐敗するとしばしば言われる。しかし、弱さもまた腐敗することを知るのが、等しく重要であろう。権力は少数を腐敗させるが、弱さは多数者を腐敗させる。憎悪、敵意、粗暴、不寛容、猜疑は弱さの所産である。」    (『魂の錬金術』より)

 ここで言う「弱さ」とは、「弱者」「被差別」と言い換えることができます。  そう!弱者の腐敗は多数なのです。  権力の腐敗には糾弾すればいいのですが、それでは、それよりはるかに多数の弱者・被差別者の腐敗には一体どうすればいいのでしょうか?  ちょっと考えさせられる一文です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/12/29/2534690/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。