赤松啓介の夜這い論2008/02/02

 故赤松啓介氏は民俗学・考古学者。戦前からの共産党員で、非転向を貫きました。  この方の自宅を訪ねて、お話を聞かせてもらったのが1970年代のことでした。戦前の特高の拷問の後遺症で耳はちょっと遠く、手の爪のいくつかは変形していました。  そのころには高齢のために離党しておられて、そのために自由な発言を始めておられました。

 日本では夜這いの風習は昭和になって無くなっていくのですが、彼はその最後の体験世代です。その話を語った著作が有名です。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E5%95%93%E4%BB%8B

 お会いしたときも、その話をお聞きしました。そのなかで特に印象的だったものが次です。

 「ええか。勘違いしたらアカンで。夜這いゆうのは、村が貧しいからあるんや。貧しいから夜這いの風習があるんや。  村が豊かになってみい。近くに淫売屋ができる。そこは商売でやるんや。お客を喜ばせようと、いろんな工夫をするやろ。  けど夜這いやったら、ただ横になっているだけや。  村の男たちは、夜這いより淫売屋の方が面白うなって、そっちに行くようになる。それで夜這いをせんようになっていったんや。」

 夜這い風習の衰退原因が経済的な発展であるという説は、体験に基づくだけに説得力があり、新鮮でした。

 ところで朝鮮ではどうなんでしょうか。両班階級は性倫理が厳格でしたが、常民階級はそうではなかったはずです。しかし、なかなか記録が見当たりません。

コメント

_ なるほどですね ― 2008/06/02 00:10

なるほどですね。外国人の視線に対してや、政府指導よりも経済的発展が強い要因とは現実的かつ説得力十分ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2008/02/02/2596000/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。