通名登録制度を悪用した事件2013/11/02

 外国人の通名登録制度を悪用する事件が発生しました。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/131101/stm13110121480007-n1.htm

外国人が日本で名乗る通称を悪用して携帯電話を不正売買したとして、埼玉県警組織犯罪対策課と大宮西署は1日、組織犯罪処罰法違反(隠匿)と詐欺容疑で、韓国籍の無職、文炳洙(ぶんへいしゅ)容疑者(通称・青山星心(しょうご))=別の同容疑で処分保留、さいたま市西区清河寺=を再逮捕した。通称を悪用した犯行を組織犯罪処罰法で立件するのは全国初という。           同課の調べでは、文容疑者は区役所で短期間に通称登録を何度も変更。新旧の通称を使い分け、平成22年10月以降、約160台のスマートフォンやタブレットなどの端末を購入、古物商へ転売したとみられる。         再逮捕容疑は8月7日、「青山星心」の通称で、さいたま市の家電量販店でスマートフォン2台を詐取。過去の通称だった「清永泰斗」を名乗り東京都内の古物商で転売し、約7万2千円を得たなどとしている。         同課によると、文容疑者は端末代を分割して月々の料金に上乗せする制度で端末を購入したが、支払いは一切せずそのまま転売。同課の調べに「料金を踏み倒す気はなかった」と犯意を否認する一方、売却で得た金は競馬などのギャンブルに使ったという。         頻繁に通称変更することを不審に思った区役所の届け出を受けて捜査したところ、犯行が発覚した。文容疑者は通称の違う複数の身分証を使い分け、売買を重ねていた。

 今は外国人登録制度がなくなり在留カード制で、通名登録は住民票で行なうことになりました。これは近年の制度変更で、現在どのように運用されているかは勉強不足で分かりませんが、おそらく変わっていないのではないかと思われます。

 外国人の登録通名の変更方法は、二種類あります。一つは婚姻等の身分行為に伴うもので、この届出をしておけば登録通名を変えることが出来ます。これは日本人が婚姻等によって戸籍名を変えるのと同じです。

 もう一つは、任意に変える場合です。これをしようとしたら、その名前を使って生活してきたという疎明資料が必要です。かつては外国人登録の切り替え時(昔は最長3年ごと)に、その疎明資料をもって登録通名を変えることができました。

 また切り替え時ではなくても、住所変更等を届出た際に疎明資料があれば通名を変えることができました。 いずれにしても、登録通名はいつでも自由に変えれるというものではありませんでした。

 今回の事件は「区役所で短期間に通称登録を何度も変更」とありますから、疎明資料をどのように用意したのか、あるいは婚姻等の身分行為の届出などの方法を使ったのか、等々の手口に関心があります。

 また「新旧の通称を使い分け」「通称の違う複数の身分証を使い分け」とありますので、もはや無効となったはずの旧の通名の記載のある公的証明書をいつまでも持ち続けてきたことになるのですが、そのようなことがどのようにして可能だったのか?にも関心があります。

 悪意を持つ犯罪者は、法の抜け穴を見つけるものです。制度上は歯止めがあっても、彼らは簡単にすり抜けるんだなあ、と思いました。法の厳格な運用が求められていると思います。

コメント

_ Sahra Riemann ― 2013/11/02 08:27

「悪意を持って不正をしようと思えば在日韓国人であろうが、日本人であろうが条件は一緒」という主張に聞こえますが、ネットで拡散されているような「通名制度」を盾にした犯罪が実際に行われていて、それを悪用した在日韓国人が「少なくとも1人」存在している事実は否定しようがないわけで、通名特権を「デマ」と言い切った論客は、理由はどうあれ、「訂正」すべきでしょう。通名は在日「韓国人」だけのものではないという詭弁も、この制度を「一番多くの人」が利用しているのは紛れもなく「在日韓国人」なのであって、それを「特権」と言われても仕方がないように思います。通名制度は廃止するか、抜本的な制度変更が必要でしょう。

_ 投稿GR ― 2013/11/03 01:08

謎の多い上の事件についてQ太郎さんという人が調べてくれたものをここが変だよ在特会より転載します。

「先ほど産経新聞の読者サービスに電話で問い合わせしました。

私:記事に犯人が「通称」を使ったとありますが「通名」のことですか?「偽名」のことですか?
以下

担当者:本人が実際に普段使用している名前とは違う名前を騙ったという事件なので、「偽名」という意味になりますね。

私:よく「通名報道」が問題であると言われますが、その「通名」のことではないですよね?

担当者:そうですね。その「通名」だったら「通名」という言葉を使いますし、「通称」と間違えて書いてるわけではないです。

私:「在特会」が主張している「通名制度を悪用した犯罪」なのでしょうか?

担当者:違います。

私:繰り返し伺いますが、この記事に使われている「通称」は、外国人登録証明書に本名(民族名)と併記されている「通名」のことですか?

担当者:違います。

私:犯人はどのようにして偽名を使ったんでしょうか?他人の郵便物を不正に入手したとかでしょうか?

担当者:そこまでの事件の詳細はこちらでは把握していません。

個人名は教えてもらえませんでしたが、30代ぐらいの男性が応対してくれました。

読者サービス 東京
TEL 03-3275-8864
http://sankei.jp/inquiry.html

敢えて苦情は言いませんでしたが、産経新聞が誤解を招くような記事の書き方をしているのは問題ですね。
在特会や竹田氏を援護しているつもりではないかと疑ってしまうほどです。」

つまり産経新聞の悪意ある捏造記事との見方が濃厚のようです。是非詳細を調べてみてください。

_ 運用でカバー ― 2013/11/03 22:29

今回の例は運用でカバーした良い例でしょうか。
こういうケースはなくならないでしょうね。
他国ではどうカバーしてるんですかね。

_ 在特会 ― 2013/11/04 22:33

>、文容疑者は区役所で短期間に通称登録を何度も変更。新旧の通称を使い分け、平成22年10月以降、約160台のスマートフォンやタブレットなどの端末を購入、古物商へ転売したとみられる。 

であれば、いずれにしても在日の通称名は容易に変えられるということですね。
今回が初めての検挙ですが、
検挙されない悪用事例が皆無ではないでしょう。

こういう制度はやめたほうがよい。

_ 匿名 ― 2013/11/07 18:13

>投稿GRさん
在日外国人が日本の役所に登録するのは「通称名」ですよ。
また、外国人登録証明書の制度はなくなりましたよ。

引用の会話は、当事者が共に正確な用語を使っていないので、わけのわからない会話になっていますね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック