古田博司 『醜いが、目をそらすな、隣国・韓国!』(6)2014/04/01

韓国では、併合条約は強制されたもので、不義不当であり、ゆえに不法無効であると言いつづけている。 無効では勿論ないが、かりに無効だとすれば、かえって困ることになるのではないか。 下関条約以降、今日までずっと独立国だったということになる。 さすれば、当時の大韓帝国の主権であった王権は一体いつ消滅したのか。 民権にいつ移行したのか。 二十七代の王、純宗が1926年に逝去する。子の李垠は戦後まで王宮に帰らなかったので、純宗の死と共に王権は消滅したのである。 大韓民国が民権をもってスタートするのは、1948年の建国以降であるから、それまでの22年間、主権の空位が生じてしまう。(98頁)

 これに関しては私も4年ほど前に論じたことがあります。

大韓民国臨時政府樹立は、日韓併合合法が前提だった http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/06/13/5158377

 日韓併合条約が不法無効であるという主張では、大韓帝国皇帝が有していた主権は大日本国天皇に譲与されていないことになります。 だったら大韓帝国の主権は一体どうなったというのかについては、韓国の歴史学者は次のように主張します。

これは大韓帝国の滅亡について君主である隆熙皇帝が主権を放棄したものと見て、君主が放棄した主権は国民が継承せねばならないとした(韓シウン・檀国大学歴史学科教授)

 韓教授は、日韓併合条約で大韓帝国の純宗(隆熙皇帝)は主権を放棄したから、主権は国民が持つことになり、1919年に上海で成立した大韓民国臨時政府が主権者国民の意思を体現したとしているのです。 しかしこの主張では、日韓併合条約で大韓帝国皇帝が自らの主権を放棄したことを認めることになりますので、併合条約が完全に不法無効とはなりません。 もし条約を不法無効とするなら、大韓皇帝の主権は継続しており、従って朝鮮総督府はもちろんのこと、上海の大韓民国臨時政府は勝手に「政府」を名乗っているだけの正統性のない存在になるからです。 

 つまり韓国の研究者は日韓併合条約について不法で無効だと言いながら、その考えを貫徹するのではなく、別の場所ではこの条約の中にある皇帝主権放棄は有効だという矛盾した態度を示しているのです。

 これと同じような矛盾は、在日韓国・朝鮮人の歴史の記述にも出てきます。 1952年のサンフランシスコ条約によって日本が独立した時、在日韓国・朝鮮人が有していた日本国籍が「剥奪された」という主張が展開されています。 しかしこの「日本国籍剥奪論」は在日がかつて日本国籍を有していたことを認めるものです。 そしてこの日本国籍を有することになった根拠は日韓併合条約ですから、国籍剥奪論は日韓併合条約が合法的に成立したことを前提にした主張です。

 一方韓国では、日韓併合が不法無効であるから朝鮮人が日本国籍を取得したことはなく、ずっと朝鮮(あるいは韓国)国籍であったという主張になります。 つまり「併合条約不法論」では、朝鮮国籍を維持してきたので「日本国籍の剥奪」はあり得ないのです。

 「日本国籍剥奪論」を主張する在日は、本国の「併合条約不法無効論」との矛盾に気付いていないのでしょうか。 それとも知っていて頬かむりしているのでしょうか。 そこのあたりが分からないところです。

コメント

_ 健介 ― 2014/04/01 13:18

>それとも知っていて頬かむりしているのでしょうか。 そこのあたりが分からないところです。


分からないのではなく、彼等はそんなことなどどうでもいいことで、ナニガなんでも日本にいて、日本で得た財産をうしなわないで、いたいだけで、論理の整合性などかんけいない。
 在日と議論すれば分かることです。
もともと大東亜戦争が終わった後、朝鮮へかえるのが筋だが、その元の朝鮮は日本が援助してできたことを知っていたから、日本のように朝鮮が独立してもなるはずが無いと、分かっていたからでしょう。
もちろん買える人もいたが、李朝時代の朝鮮庶民はどのような状態だったか親から聞いていたはずで、だから日本へ着たから、独立した朝鮮へ行っても、居場所が無い人々だったでしょう。
 まさか中人に戻るわけには行かないでしょう。それに生活の基盤がもはや朝鮮にはなかったでしょう。

 実際北朝鮮という現物がある。
いずれにしても在日朝鮮人問題は難民問題の一つに過ぎず、民族問題でもなんでもない。
 難民を帰すかそれともいさせて、国民として扱うかに過ぎず、日本は彼等を国民とはあつかわない。
終戦直後から昭和28年までの彼等の行動を見ればそれが常識だと思う。
 tsujimoto氏はそれらに対して、どのような見解をお持ちでしょうか?

_ mahlergstav ― 2014/04/01 17:45

御説は、尤もですが、問題は尤もな説を理解できない、韓国や在日有識者の思考プロセスでしょう。

韓国・朝鮮人が嫌われる要素として、最適解の存在を受け入れられないところがあります。

例えば、変数が3つで10個の等式からなる連立方程式には最小二乗解が存在することは周知です。最小二乗解は、どの式も厳密には満足しないので、ふわふわしたなんとなく誤魔化された感があります。

彼らは、このふわふわ感が堪えられなくて。10個の等式から3つ選び出して、自分達の満足する解を選び出すようなところがあります。矛盾に気づかないというより、ピッタリと合わない式は無視するわけです。

こんな思考で、スマホや原発を製造できるのは、別な意味での朝鮮民族の優秀さの表れなのでしょう.。まさかね。

_ mahlergstav ― 2014/04/01 18:31

辻元様にお願いがあるのですが、朝鮮日報等の記事が日本語に翻訳されて紹介されていますが、あれって本当に正しく翻訳されているのでしょうか。教えていただきたい、もしも、正しくないのであれば、こちらも少しは朝鮮語を勉強しないとアンフェアだが、正しければ勉強するだけ無駄です。

それから、韓国で漢字が廃止されたにも関わらず、漢語由来の表現は多いはずです。漢字熟語は時代によって使用頻度が落ちたり意味が変ったりします。そのような錯誤はないのでしょうか。

日本でもそのような錯誤は結構あります。代表的なものとして確率(Probabikity)と確立(Establish)はよくある間違いですが、頻繁に間違えるので気にする人は少ないでしょう。

電力業界では「コウアツ」と言うと「降圧」で電圧を下げることですが、普通の人は「高圧」と認識して全く逆の意味になることがよくあります。また、点弧(Ignition)は、かな漢変換で点呼(Call)と変換して気づかないことがよくあります。その結果、互いに全く違う解釈をして、互いに頭がおかしくなっているのではないかと、喧嘩になることもあります。

「無効」、「有効」、「主権」、「国民」という熟語も明治に日本人が作った近代用語ですが、韓国人の学者は四書五経での意味として捉えていないでしょうか。

あまりに馬鹿馬鹿しいので、そこまで勘ぐりたくなります。

李氏朝鮮時代の非生産的な議論の応酬が,未だに続いている感もありますが。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/04/01/7263575/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。