日本の百済文化探訪の旅2017/05/03

 韓国の高校生が日本にある百済文化を訪ねる修学旅行に来ると言うニュースがありました。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/02/2017050201761.html

【公州聯合ニュース】韓国中部、忠清南道公州市の高校生が日本の百済文化ゆかりの地を訪問する。       公州市は2日、百済文化の影響を受けて花開いた日本文化に接する機会を提供するため、市内の高校生を対象とする歴史探訪プログラムを実施すると発表した。       プログラムは大阪、京都、奈良の史跡などを巡る3泊4日の日程で行われ、参加費の一部を市が支援する。今月から11月にかけて、市内の高校7校の生徒926人と教師66人が参加する。         市関係者は「日本にある百済の遺跡を回りながら百済文化に対する誇りを高め、正しい歴史認識を持つ契機になると期待している」と述べた。         公州市は百済の古都で、2015年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に登録された百済歴史遺跡地区の一部が市内にある。

 この旅行の目的が「百済文化に対する誇りを高め、」とありますように、韓国では自国の優秀な文化が日本に大きな影響を与えたという考え方を強く有しています。 これについては拙論で10年前に論じたことがあります。     http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/04/26/342428

韓国人の歴史の関心の対象は、わが民族の文化が日本にどのように伝播したか、である。来日する観光者だけでなく研究者も、この観点でやってくる。日本各地で、ここにも韓国文化がある、あそこでもわが先祖が活躍した、といった歴史を確認しようとする。極端な場合は、日本の文化はすべて朝鮮からのものであるとまで言う人もいる。                   一方日本人の主な関心は、わが文化の由来は何か、どこからの影響があったのか、というところである。様々なところからの影響があってより高い文化が成立していくと考える。その由来場所の一つが朝鮮半島である。それはいくつかあるうちの一つである。          日本人なら、韓国の文化は中国からも日本からも影響があったはずだから、彼らも自分の文化の由来を我々と同じように関心があるはずだ、と考えるだろうが、実際にそういうことはない。韓国人は自分の文化の由来にほとんど関心を持たない。関心があるのは、自分たちの優秀な文化がいかに広まったかの伝播論である。       韓国の伝播論と日本の由来論とは妙に一致するところとなるが、両者の歴史認識の根本は全く違うものである。 日本と韓国の歴史認識の一致は極めて困難である。

 日本の古代に朝鮮半島からの影響があったのは事実ですが、こればかりに関心があって、肝心の日本文化には関心が行かない、というところが不思議ですねえ。 これについては文化人類学の伊藤亜人さんは『アジア読本 韓国』(河出書房新社 1996年7月)で次のように説明しています。

日本の文化のうちで韓国人が関心を持つのは、韓国との類似性や共通性が見られるもので、しかも明らかに韓国からの伝播が想定されるものに限られるといっても過言ではない。 韓国に類例のないものについては眼中にないのか、意図的に避けてしまうのか、取り上げようともしないことが多い。(303~304頁)

(韓国における「日本文化研究所」が企画した)現地調査もこうした体質をよく反映するものであった。 それは日本研究の現地調査と称していながら、実際には「日本の中の韓国文化」の確認と発掘をめざすものであり、それ以外の日本の文化伝統についてはほとんど関心を示さなかった。(304頁)

韓国人はかつて日本人に文物を教えもたらしたことによって、今日はたいへんな優越感を持っているようである。 韓国では日本と違って、教えることは優越感と結びつき、学ぶことは自尊心を傷つけ劣等感をもたらすことのようである。(304頁)

このことが韓国においていまだに日本文化の研究が遅れている大きな一因となっていることは確かである。(303頁)

 これは20年も前の記述ですが、今も十分に通用するものです。 本来は韓国人自身が自省的に論じなければならないところなのですが、そのような動きが見られないのは寂しいですね。

【拙論参照】

韓国の伝播論と日本の由来論   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/04/26/342428

情けない日本の古代史学者    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/10/02/5380855

「古代渡来人」考           http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainijuudai

日韓交流の陥穽           http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daigojuudai

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/05/03/8512457/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。