朝鮮語は容認されていた―愛国班 (2)2017/11/14

 これは水野直樹ほか編著『図録 植民地朝鮮に生きる』(岩波書店 2012年9月)の83頁に掲載されている、愛国班のチラシです。 全文ハングルで、漢字が全くありません。

 この本では日本語訳が添付してくれているので、内容はお分かりになるでしょう。 「⑧特に来年に徴兵制度に‥‥」とあるところから、このチラシが昭和18年(1943)であることが判明します。

 当時のハングルで、今韓国で使われているハングルとは少し違います。 分かち書きしていないし、個々の単語の綴りも違いがあります。今の韓国語を勉強している人には、ちょっと戸惑うかも知れませんねえ。

 植民地時代は朝鮮語が禁止されていたという俗説は、否定されねばなりません。

 公用語が日本語ですから、公用語を使う場所では日本語になり、朝鮮語を使わないということに過ぎません。 公用語を使う場所とは、書き言葉では公文書や契約など、話し言葉では学校や裁判、公的会議などです。 従ってそれ以外の日常会話で朝鮮語を使うことは、自由でした。

【拙稿参照】

 朝鮮語は容認されていた―愛国班  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/10/8724405

 日本統治下朝鮮における朝鮮語放送  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/06/8721782

 『現代韓国を学ぶ』(6)       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/06/11/6476173

 『図録 植民地朝鮮に生きる』   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/02/6621470

 朝鮮語を勉強していた大正天皇  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/09/24/6111974

 「朝鮮語は禁止された」というビックリ投稿  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/15/8324407

 学校で朝鮮語を禁止した理由  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/20/8327730

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/14/8727138/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。