韓国の「祖孫家庭」問題2013/12/06

 日本ではあまり問題になっていませんが、韓国で問題になっているものの一つが「祖孫家庭」です。この言葉を見ても何のことか分からないでしょうが、祖父母と孫の家庭という意味です。

 『週刊朝鮮』2278号(2013年10月21日)に、これに関する記事がありました。訳してみました。

ソウル市竜山区トンジャ洞のバラック街。10㎡(3坪)ちょっとの部屋に兪ソンオク(75)おばあさんと二人の孫、金ヒョジュン(小3)、金カヨン(小1)が暮らしている。‥兪さんは「片方の足が曲げられないので、起きるのが辛い。」と言って、骨と皮だけの足を伸ばしたまま座って針仕事をしていた。歩くときは杖を使わねばならない兪さんは、ちょっと前に家の外の階段で転げて足を折ったのである。    部屋は三人が寝るときちきちになるほどに狭かった。‥暗い台所は、こんな所でご飯が作れるのかと思うほどに劣悪だった。息子夫婦はカヨンが1歳の時に離婚した。金使いの荒い嫁が借金と子供たちを残して家を出て、別の男と再婚し、連絡が途絶えた。息子は借金を返そうと仕事を探し回ったが、更に借金をして、ブラックリストに載った。時々かかってくる電話で、生きていることを確認するだけだ。‥収入は政府補助金110万ウォン(10万円ほど)だが、家を借りる時の借金返済と二人の孫の教育費で大部分がなくなる。‥兪さんの最も大きな心配について、大きな溜息をついて「私の願いは、子供たちが中学校を卒業する時までは生きていたいことだね」

平均年齢72.6歳、平均学力は小学校卒業以下が82.3%、月平均世帯所得59万7000ウォン。10人中8人は身体を動かすのが難しかったり病気にかかっている。   家族崩壊で行き場のない孫を育てている祖父母の実態だ。統計庁によると、2010年全国の祖孫家庭は11万9294世帯だ。祖孫家庭は、子女の離婚、家出、死亡、失業などで子供の養育する能力がない子女を、祖父母が代わりに孫を育てる家族をいう。女性家族部(政府機関)が実施した祖孫家庭の実態調査(2010)によれば、孫を育てるようになった理由は、半分以上(53.2%)が、孫の父母の離婚や再婚で、父母の家出や失踪と答えたのは14.7%に達した。

各種の数値から見えてくるように、祖孫家庭は最も脆弱は状況に置かれた1世代と3世代の結合だ。身体的・経済的能力を喪失した高齢者の祖父母が、無責任な息子・娘に代わって孫の育てる責任を負っているのだ。離婚率の増加によって急速に増えている祖孫家庭は、韓国の際立った現象である。‥先進国では政府や社会が体系的な福祉の枠組みの中で管理しているのとは違って、韓国は血のつながりに頼って、老いた祖父母に子供たちを任せているわけである。

コメント

_ (未記入) ― 2019/09/19 19:42

え…クソ可哀想じゃん…祖孫家庭の父母ってみんなこんな感じなのかなぁ…だとすると私の周りにいる祖孫家庭の人も…

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック