嫌韓派と韓流派2015/01/17

 今の日本では「嫌韓派」が大きな勢いを得ています。 嫌いなら無視すればいいのにと思うのですが、そうではなく韓国に関する本やネット記事を熱心に読むなど、非常に関心の高い人たちです。 しかし彼らのほとんどが韓国語を知らないし勉強しようともしないという特徴があります。 ネットで嫌韓のコメント・投稿する人は韓国語ができないと見て間違いありません。 韓国に関心がありながら韓国語ができないという‘嫌韓派’の姿は、興味深いものです。

 一方では、韓流にはまった人(「韓流派」―中高年女性が大半)が韓国語を熱心に勉強しており、上記の‘嫌韓派’とは非常に対照的です。 冬ソナを契機に始まった韓流ブームは10年余りを経て来ましたから、その時に韓国語の勉強を始めた人のなかには韓国語能力試験最高レベルの級を獲得している人が続出しています。 また70を越えた白髪の女性が韓国語教室に通い一所懸命に勉強する姿はしばしば見かけるもので、今時の若い学生たちに是非見せてやりたいものです。 

 つまり今の日本では韓国に高い関心を持ちながらも韓国語を勉強しようとしない人(嫌韓派)と、熱心に勉強している人(韓流派)という二つの大きな流れがあります。 それ以外に韓国に批判的でも韓国語をやっている人や、反対に韓国の反日に連帯しながらも韓国語ができない人なんかもいますが、これは少数ですね。

 そして次に大きな特徴として、‘嫌韓派’と‘韓流派’とが全く交わっていないことが挙げられます。 だから‘嫌韓派’は本屋では嫌韓本や嫌韓雑誌ばかりに目が行き、韓流雑誌には目が行きません。 また韓国映画や韓国歌手リサイタルにどれ程のファンが押し寄せるのかについて、‘嫌韓派’は見ようとも知ろうともしません。

 これは逆に、もう一方の‘韓流派’が本屋に山積みになっている嫌韓本や雑誌には目もくれず、だからその方面の知識がほとんどないのと対照をなしています。

 さらに特徴として挙げられるものは、‘嫌韓派’は体験に基づくものが余りなくてネットや本、雑誌などでの偏った情報ばかりを追求しています。 だから特定の政治的社会的テーマではこと細かく知っていながら、初歩的・基礎的知識に欠ける場合が多くなっています。 嫌韓派は拙ブログでも投稿・コメントをよくしてくれますが、私にはヘエー!?こんなことも知らないで韓国を批判しているのか!とビックリして参考にならないのが多いものです。 またレイシズムとしか言い様のない非常識なものも多いです。 けれど本人が自分のことをレイシズムや非常識とは自覚していないのは困ったものです。 なお拙ブログでは、こういうものは公開しないようにしました。

 一方‘韓流派’は何べんも韓国旅行に行ったり、また韓国人の友人を作る場合もよくあるので、その経験に基づく知識は貴重なものです。 百聞は一見に如かずという諺があるように、体験で得られた知識は頭のなかで得られた知識より優れているものなのです。 しかしこういう人の投稿がほとんどないのは寂しいですねえ。

 それでは‘嫌韓派’と‘韓流派’、どちらが優勢か?と問われれば、データがないので分からないとしか言いようがありません。 現在言えるのは、‘韓流派’は「冬ソナ」を契機として沸き上がったブームが今衰えてきてはいるがまだ根強いものがあるということと、もう一方の‘嫌韓派’は李大統領の竹島上陸や天皇謝罪要求発言以降に大きな勢いを得て今に至っているが、在特会というトンデモ集団の跳梁やインターネット上での非常識なコメント・投稿などに対して世間から逆風が吹き始めたようだ、ということです。 

 ‘嫌韓派’はこの「トンデモ」「レイシズム」「非常識」が消え去り、‘韓流派’並みに韓国語を勉強して韓国を体験するようになれば良質の社会層となるだろうと思います。 また一方の‘韓流派’は「韓国大好き」を維持しながらも‘嫌韓派’並みに日韓の社会や外交、歴史等を勉強するようになればいいなあと思っているのですが‥‥。

【拙稿参照】

中高年女性の韓流ブーム      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2010/10/30/5457817

過激な言動は犯罪を生む      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/03/23/6755958

私がコメントしない訳       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/03/06/7238847

嫌韓は「日本の韓国化」である   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/12/23/7522145

水野俊平『笑日韓論』 (続)   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/09/20/7439097

コメント

_ かい ― 2015/01/17 13:08

嫌韓派というのもおおざっぱに言い方ですね。
室谷克美氏や、オソンファ氏の本も嫌韓本とされていますが、
室谷氏など、時事通信社の特派員として韓国生活をしたことがあり、
自身の体験に基づいていろいろ書いていますね。
オソンファ氏は、もちろん韓国人で韓国についてはいちおうは知っているはずです。
彼らの書くことを盲信はしませんが、無知で韓国のことを知らないとまでは言えないんじゃないですか?

_ (未記入) ― 2015/01/18 04:00

「かい」氏も、韓国語を知らない嫌韓派ということか?

_ (未記入) ― 2015/01/18 17:23

> ‘嫌韓派’は、  ‘韓流派’並みに韓国語を勉強して韓国を体験するようになれば良質の社会層となるだろうと思います。

 室谷や呉は韓国語ができるから「良質」であって、韓国語のできない嫌韓派は「悪質」。
 この図式は当たっているのかどうか

_ mahlergstav ― 2015/01/20 18:13

今の「嫌韓」は、韓国が好きか嫌いかといった情緒的問題を超えています。好き嫌いは人それぞれだから、嫌韓だろうが親韓だろうが思想信条の自由です。他者が容喙できるものではない。

セウォル号事件やナッツリターン事件で、韓国社会の異常さが明らかになっています。基準の3倍も荷物を積み、避難訓練も無く、救命筏も正常に作動しない状態で、運行する。監督官庁も見逃す。大韓航空機の副社長が、些細なことで運行妨害する。

韓国は、世界経済に組み込まれていて、それを利用して成長してきた。世界経済に組み入れるにしては、あまりに未熟な社会であったことが明らかになったのです。どうするつもりなんでしょう。好き嫌いに関わらず、仕事のパートナーにはできない、信頼できない国であることが、明らかになっています。これは、大変なことなのですよ。

それにも関わらず、相変わらず、「正しい歴史認識」とか寝ぼけたことを政府が先頭になって言っている。

これは、世界中の人が朝鮮語に堪能になって解決することではありません。

それに比べて、インドなんか韓国に比べれば見かけは遥かにみすぼらしく不潔だが、インド人は、それを正直にさらけ出すから、韓国よりも遥かに信頼できます。

未熟なことが悪いのではない。それを認めず隠すのが悪いのです。韓国も、インドを見習って欲しいものです。

_ (未記入) ― 2015/01/22 22:09

中庸が少ないのは問題ですね。

文化交流自体は良いことだと思うのですが、失点のある誰かを容赦なく叩くネット社会では肯定されませんね。

_ (未記入) ― 2015/01/24 21:20

>インド人は、それを正直にさらけ出すから、韓国よりも遥かに信頼できます。
>韓国も、インドを見習って欲しいものです。

 インドと韓国を比べて、信頼性を比較するとは‥!!??
 そう言えばインド人と一緒に事業して、ひどい目にあったという人がいたねえ。

_ (未記入) ― 2015/01/25 02:27

 インド人でも信頼できる人と信頼できない人がいる。
 韓国人でも信頼できる人と信頼できない人がいる。
 これが正解。
 インド人は信頼できて韓国人は信頼できないは、民族・人種的偏見に過ぎない。

_ (未記入) ― 2015/01/28 13:47

どんな無法国家、ならず者国家にだって良い人はいるだろう。問題は、韓国が
「法律や条約より国民感情を優先させる非法治国家」
「どんな事実が明らかになっても「日本が悪い」という結論は変えない反日カルト国家」
であるということ。

そんな近代国家からかけ離れた国、近代市民社会の素養を持っていない国民が
「日本による過酷な植民地支配がなければ自力で近代化できた」などと言ってる。

そして、そういう傾向は北朝鮮にも見られることから、おそらくこれは朝鮮民族の民族性。
これは合理的な推測であって、偏見などではない。

そんな国であっても、地球の反対側にあるなら日本人は誰も気にしない。
日本の隣にあって、なにかにつけて絡んでくるから嫌いになる。これはごく自然な感情。

_ (未記入) ― 2015/01/29 02:22

 また韓国語のできない嫌韓派が現れた。
 内容はやはり変わらず低質だなあ。

_ (未記入) ― 2015/01/29 08:41

 韓国について偏った情報ばかりを選んで接していると、偏見だらけの嫌韓派となる。
 醜悪な姿だ。
 しかし本人はその醜悪さに気付かない。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/01/17/7540292/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。