在日は日本が住みやすかった2008/04/05

>知り合いの在日韓国人に聞いても、韓国に帰ったという話は聞いたことがないですね。日本の方が住みやすいからなのでしょうかね。>

 在日一世の少なからずがかつて、日本でお金を儲けて韓国・朝鮮に帰ろうと考えていたのは事実です。そのために韓国の故郷に土地を購入する一世が多かったものです。

 しかし一番大きな問題は子供たちで、言葉も分らない韓国に一緒に帰るのを嫌がったのがほとんどと聞いております。

 故郷で購入した土地は親戚に管理してもらうことになりますが、そこは日本と違う韓国社会です。例えば一族のどこかの若者がソウルの大学に行くとなれば、お金を工面せねばなりません。そこで目をつけられるのがこの土地です。本人の知らないうちに勝手に売り飛ばされることになります。苦労してお金をためて韓国に土地を買ったのに、親戚にみんな取られたと嘆き、あるいは裁判まで起こした一世のお年寄りがいましたねえ。

 結局は日本の方が住みやすく、日本に墓を作って骨を埋める人生を選択することになったのがほとんどだったようです。

http://www.onekoreanews.net/past/2008/200804/news-bunka02_080402.cfm >日本社会への定住化が顕著となり、1世から2世への世代交代も開始されようとしていた。その頃まで、多くの人々が日本社会を「腰掛け」、「仮住まい」のように見なしていたということは数多の証言で語り継がれている。不動産などを得ようとする気持ちは希薄だったという。  「いずれは帰るのだから」  少なからぬ人がそう思ったのだろう。遺骨も「朝鮮寺」に安置した。「いつかは持って帰るのだから」と。>

コメント

_ (未記入) ― 2009/03/06 13:33

もいひとつの理由に、外為法があります。ある両班出身の一族は全財産を持って日本に移住してきました。戦後処理の中で帰国しようとした際、外為法により財産の持ち出しを制限されました。そのため日本に残ることにしたそうです。

_ 辻本 ― 2009/03/06 17:23

 これは進駐軍(GHQ)の指令に基づくものであり、外為法ではありません。
 同様に朝鮮でも、日本人の帰国に際して米軍政府が財産の持ち出しを制限しております。しかし日本人は残ることなく、帰国しております。

 朝鮮人が残ったのは財産持ち出し制限されたから、というのは、理由にはならないと考えます。

_ (未記入) ― 2009/03/06 22:06

理由にならないと断定するのはどうかと思います。他の要因との衡量により残ったのであっても、やはり直接の原因であると考えられます。

_ 辻本 ― 2009/03/07 03:58

 朝鮮人が朝鮮に帰ろうとした時も、日本人が日本に帰ろうとした時も、同じく財産持ち出しの制限を受けております。
 内容は、朝鮮人の場合金額で千円、荷物は250ポンド(112kg)に対し、日本人の場合は金額1000円は同じですが荷物は100kgと、朝鮮人の方が有利でした。

 結果は、日本人はほとんどすべて帰国したのに対し、朝鮮人は2割以上が帰国せずに残りました。それどころか、一旦帰国した朝鮮人が再び日本へ密入国する例も多くありました。

 果たして、在日が帰国しなかったのは財産持ち出しの制限があったから、というのは理由になるのだろうか?という疑問を持ちます。

 各個々人にはそういう理由が成り立つ人もいたでしょうが、在日全体として歴史的評価する場合、いかがなものでしょうか。

_ 日本国公民 ― 2012/04/08 12:51

仮説:1945年の日本の敗戦で、朝鮮半島は日本の統治から離れました。これを解放ととった人も無論いるでしょう。しかし、これに新たな恐怖を覚えた朝鮮人も多かったのではないでしょうか?1910年以前のおぞましい状態に戻ると危惧したひともいるのではないでしょうか?

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック