『現代韓国を学ぶ』(4)2012/06/09

1939年だけでも1万797人が徴用されている。(298頁)

 在日韓国朝鮮人の歴史書には、しばしば間違いが見られます。これもその典型的な例です。

 国民徴用令は1939年に制定されましたが、その時は朝鮮半島に適用されませんでした。適用されたのは、それから5年後の1944年9月からのことです。  1939年に朝鮮で「徴用」があったとする、この記述は誤りです。

コメント

_ 宇宙飛行士 ― 2012/06/12 18:47

1939年は志願兵制度の時期で、志願者が殺到していた時ですね。
学者が書いたとは信じられない内容です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/06/09/6473893/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。