出自を隠すための通名には事情がある2012/12/21

 通名は個々人の様々な事情によってつけられます。職業上のことなど積極的な意味のある通名もあれば、出自を隠したいという消極的な意味の通名もあります。

 かなり以前ですが、同和問題の講師をしておられた同和出身の方から、「私の名前は珍しく、私の地方ではこの名前を名乗ると、すぐさま同和地区出身だと分かってしまう。だからこの地区出身者では通名を名乗る人が少なくなかった。」という話を聞いたことがあります。  部落差別は今ではほぼ解消したといっていいですが、何十年か前まではかなり厳しい時代でした。そんな時に、そこの出身であることが分かってしまうような本名を嫌い、通名を使ったというのは、理解できる話です。

 ハンセン病(癩病)患者への差別は、日本だけでなく全世界的に厳しかったものです。今でも一部の国では、この差別は厳しいようです。  彼らのほとんどが家族と縁を切るために通名を使い、時には戸籍を変えて本名自体を別名にしていました。なぜならこの病気かかったことが知られれば、家族はもちろん親族に至るまで多大な迷惑がかかるからです。  ハンセン病を発病した人は、周囲に知られないように出奔し、家族とも縁を切るのが普通でした。そのために、家族との関係を示す名前(=戸籍上の名前)は名乗れなかったのです。  ハンセン病者が本名隠し通名を使うのは、日本だけでなく全世界的な傾向でした。

 以上は昔の極端な例かもしれません。

 しかし本名を隠して通名を使うのは、その人の事情によるものだということは、昔も今も変わらないことです。周囲はその事情を斟酌し、その人の選択を尊重すべきでしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/12/21/6666178/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。