文喜相議長の天皇戦犯・謝罪要求発言2019/02/14

 韓国の国会議長がアメリカのマスコミインタビューで、天皇に謝罪を要求する発言をし、それに対して日本の安倍首相や河野外相が発言を撤回せよと反発したところ、議長が居直り、ちょっとした騒動になっています。

https://twitter.com/nhk_kokusai/status/1095648485976694784

韓国のムン・ヒサン国会議長は、慰安婦問題で天皇陛下が謝罪すれば解消されるなどと述べた自身の発言に対し、日本政府が謝罪と撤回を求めていることについて、「なぜこのように大きな問題になるのか、到底理解できない。 謝罪することではない」などとして拒否しました。

 その前にこの議長さん、このインタビューで「天皇戦犯」論を開陳し、それが問題視されると、随行者がそんなことは言っていないと反論したところ、当マスコミが実際の音声を公表し、本当に言っていたことが明らかになりました。

https://www.asahi.com/articles/ASM2D7T8KM2DUHBI03D.html?ref=tw20190213

韓国の文喜相(ムンヒサン)国会議長が米ブルームバーグ通信とのインタビューで、天皇陛下が元慰安婦に直接謝罪をすれば慰安婦問題を解決できると話した際に、「その方(天皇陛下)は戦争犯罪の主犯の息子ではないか」と語っていた。 同通信が12日までに公式サイトでインタビュー音声の一部を公開した。

同通信は文氏に対するインタビュー記事を8日に英語と日本語で配信した。 インタビューに同席した国会報道官は9日、朝日新聞の取材に「他の同席者にも確認したが、文氏は(天皇に関し)『戦争犯罪』という表現は使っておらず、『戦争当時の天皇の息子』と述べたと思う」と説明し、同通信が引用した「戦争犯罪の主犯の息子」という発言はしていないと否定していた。

公開されたインタビューの音声は約18秒。 「(謝罪をするのは)日本を代表する天皇がされるのが望ましいと思う。 その方はまもなく退位すると言われるから。その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。 だから、その方がおばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言言えば、すべて問題は解消されるだろう」と語っている。

 国会議長ですから三権の一つの最高地位者です。 つまり韓国を代表して外国で行なった発言ですから、重みが全く違うものです。 その方が天皇戦犯論と謝罪要求を言い出し、これがちょっとまずいと思ったのか、随行者がそのことは言っていないと反論したところ、実際の音声が公開されて恥をかいたと思っていたら、今度は当人がなぜ悪いと居直ってしまった、という展開です。 恥をかいたとは思っていないのですね。

 7年ほど前に当時の李明博大統領が同様の発言を行なって、日韓関係が大きく損なわれたことがありました。 今回はそれに次ぐことになるかも知れません。

李大統領の発言        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/08/18/6546033

 また文在寅政権では一昨年、日韓関係発展のために」天皇訪韓を望む発言をしています。 これは首相、外相、駐日大使という複数の政府要職者の発言ですから、政権内でかなり真剣に議論されたようです。

韓国が天皇訪韓を望む!?-朝日インタビュー http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/09/23/8681910

 それなのに今度は国会議長が天皇戦犯論を発言し、大統領はじめ政権がこれに何の対処もしないのです。

 韓国の新聞を毎日読んでいますが、韓国では何故これが問題になるのか、理解が出来ない雰囲気のようです。 日本を怒らせても大したことではない、いずれ日本は我が国にすり寄ってくる、と考えているみたいです。

韓国国会議長、日本側反発に“戸惑い”も https://mainichi.jp/articles/20190213/k00/00m/030/209000c

【拙稿参照】

李大統領の発言        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/08/18/6546033

韓国が天皇訪韓を望む!?-朝日インタビュー http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/09/23/8681910

『朝鮮日報』李河遠記者の天皇戦犯論   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/08/24/6553068

『朝鮮日報』記事に出てくる若宮啓文のコラムとは http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/18/6636750

コメント

_ 河太郎 ― 2019/02/14 16:50

>文喜相議長の天皇戦犯・謝罪要求発言

文在寅大統領になってからの一連の反日出来事、つまり旭日旗問題、元朝鮮半島出身労働者大法院判決、慰安婦合意破棄、火器レーザー照射事件、日本海呼称問題、BTS騒動などによって韓国人と韓国の実態が普通の日本人にも更に拡散して、韓国異質論の認識が一層ひろまりましたが、この国会議長の天皇謝罪発言はその決定打、仕上げとなりましたね。

さすがの日本の媚韓マスコミもフォローのしようがないようですね。もう、洗脳自虐史観、洗脳贖罪史観では日本国民を納得させられません。日本の朝鮮統治は酷かったから、韓国人の言い分を聞くしかないはもう通用しませんね。

安倍政権や自民党にも戦略的無視論、放置論が公然と語られ、ボールはすべて韓国側にあるとの正論が国民にも広まりましたね。

条約破り、チャブ台返し、ゴールポストずらしどころかゴールポスト消滅、大ウソつき国家など形容詞も次から次へと賑やかです。

対抗策として、松川るい自民党議員がBS放送で繰り返しているのは、<反日にはコストがかかること、反日は報いがあること、反日は韓国の損、を思い知らせるしかない>です。

全く同感です。その際日本が返り血を浴びる事も覚悟すべきですね。

トランプは対中強硬策をコストをかけて実行しているのですね。何のコストも払わずに成果を得るのは虫のいい話であり不可能です。

韓国の今回の日本に対する要求、振る舞い、遣り口は日本が絶対に容認できない、譲歩できないことばかりです。

昨日のBSフジのプライムニュースで鈴置高史氏が、文在寅政権の実行した最低賃金引上政策について、観念を実行した、と評しましたが納得です。

政策は、政策理念ばかりではなく、その影響、副作用なども考慮して実行するのが政治なのですが、文在寅氏には、やりたいからやる、との思いしかないのでしょう。

日本と妥協できるのか否かなど考慮の中にはなく、韓国はこうあるべきだ、韓国の正義は実行せねば、との一念
だけしかないのですね。

またBSTBSの番組で、コメンテーターが、文在寅氏は本当は政治家になりたくなかった、人権派弁護士として活動したかった、と言いましたが、むべなるかなと思いました。裁判なら好きなことだけ言っていれば済みます。

政治家は政策を実現するには妥協を強いられます。そして満額の結果は得られず五分や六分で我慢しなければならないのが殆どでしょう。

文在寅氏が人権派の弁護士というのもチャンチャラおかしいのですが。北朝鮮の圧政、弾圧されている市民には目もくれずに、自己保身全開の金独裁政権を全面的に支持しているのですから。

文在寅大統領は日本が絶対に譲歩できない事柄で日本に譲歩しろと言っているのですから解決策が成立する筈はありません。

武藤元駐韓大使の言うように、文在寅大統領の間は何の解決も有り得ないのだから、次の政権が常識的な政策を採るのを待つよりほかないでしょうね。

さすがに、文在寅政権に譲歩するのが日本の国益だと言う政治家も言論人もいないでしよう。
日本共産党とその同伴者を除いては。

_ 河太郎 ― 2019/02/18 11:16

>国会議長ですから三権の一つの最高地位者です。 つまり韓国を代表して外国で行なった発言ですから、重みが全く違うものです。

まさしくそうですね。そのような人物が放言砲全開ですから、日本国民に韓国、韓国人にたいする認識が大いに深まったことでしょう。

>【ソウル時事2/18】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000023-jij-kr
韓国の文喜相国会議長は18日付の韓国紙・朝鮮日報に掲載されたインタビューで、慰安婦問題で天皇陛下の謝罪が望ましいと述べたことについて「(発言に関し)謝罪する考えはなく、そのようなことでもない」と断言した。

さすがに、“南京大虐殺事件”を第一級の外交カードと考えている反日無罪の中国ですら天皇謝罪などおくびにも出さないのに、野郎自大の韓国はこうするのですね。


>【ソウル時事2/18】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000023-jij-kr
また、「戦争や人倫(人道)に関連した犯罪には時効がない」と主張した。

人道犯罪には時効がないのはいいとして、戦争に時効がないと考えているのですから、この議長の国際関係論はムチャクチャですね。幼稚、非論理的ですね。
この議長の今回の発言について韓国内では擁護論が圧倒的のようですから、韓国人の考えも同じようなものでしょう。
韓国、韓国人は朝鮮戦争をどう総括するのか、見物ですが、おそらくこの場合はいいかげに誤魔化すのでしょう。

>7年ほど前に当時の李明博大統領が同様の発言を行なって、日韓関係が大きく損なわれたことがありました。 今回はそれに次ぐことになるかも知れません。

李明博氏の場合は大統領発言で今回の議長発言どころではありませでしたが、それきりで終わった点と国内の小さな講演会での発言である点から波紋は一時的でした。しかし今回は火に油をそそぐ発言を繰り返していること、海外メディアでの発言であること、
安倍総理が国会で最大限の反発を示した事から、李明博大統領発とは比べものらにならないくらい日本国民に大きなインパクトを与えていますね。

>また文在寅政権では一昨年、日韓関係発展のために」天皇訪韓を望む発言をしています。 これは首相、外相、駐日大使という複数の政府要職者の発言ですから、政権内でかなり真剣に議論されたようです。

今回の議長発言で天皇訪韓の意味が日韓で全く違うことが明白になりました。
日本側の意図は歴史問題に一応の決着をつけること、少数の論争はやむを得ない、
しかし韓国側の意図は天皇に韓国で明確に朝鮮統治に対して謝罪させ、それを根拠に永久に韓国優位、日本劣位を対日主張し続けること。日韓融和ではなく対日優位確定の根拠
にすること。
天皇訪韓は100年後に実現するかも不明ですね。

>韓国の新聞を毎日読んでいますが、韓国では何故これが問題になるのか、理解が出来ない雰囲気のようです。 

韓国でも日本ついて議論が盛んだが、実は日本について何も知らないとの懸念の声が
韓国人識者から上がっていると読んだことがあります。

国同士の相互理解とはそんなものと考えた方が無難ですね。親米派が殆どの日本人ですらアメリカとアメリカ人に関してはマスコミで報道される事件報道に関して断片的に知るくらいでいすから。

いうまでもなく日本人の韓国人、韓国理解はお粗末でしょうが、一連の反日事件と議長発言で対韓認識は新しい次元にすすんだでしょう。

>日本を怒らせても大したことではない、いずれ日本は我が国にすり寄ってくる、と考えているみたいです。

そのようですね。これまでの日韓関係がそうでしたから。日本人のお人好しと、日本の誤った贖罪意識が原因でした。

韓国が今のような状況で「スワップで協力できる」と発言するのを見て、何じゃコリャ,
と思いましたね。

さすが日本側でスワップに協力する話は皆無でしょう。
反日は損、反日は報いがあるを骨の髄まで知らしめるいい機会ですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/02/14/9035898/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。