法に対する思想が根本的に違う日本と韓国2012/09/11

 韓国の李大統領が、自分のした謝罪要求発言について釈明したようです。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120910-00000019-mai-kr

 この記事の中で気になったことは、韓国が日本対して不満を抱く一つが、「日本はいつも法律を持ち出してきて解決済みだと主張する」ということです。

旧日本軍による従軍慰安婦問題などについて日本政府は「賠償や財産、請求権の問題は法的に解決済み」との立場だが、李大統領は「なぜ法律論になるのか」といら立ちを示し、「日本は柔軟に対応してほしい」と強調。そうした思いが竹島上陸につながったと示唆した。‥‥‥

 かつて拙稿で、朝鮮人と日本人では法律やルールについて考え方が違うのではないかと論じたことがあります。

http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuuichidai の(追記)

朝鮮関係資料を調べるときに私の感じる印象が、法律やルールについての朝鮮人の考え方が日本人とは異なっていたのではないか、ということです。‥‥‥ 彼らには、人の行動を制約する法律やルール(以下「法」という)というのはお上が下々に対して課するもの、つまり支配のためのものであるという発想があるようです。だから支配される立場である下位の者ほどそれを守らねばならないが、逆に支配する立場の上位に昇ればそれだけ守る必要がなくなる、守らない程度の大きさがその人の社会的ステータスを表す、となっていきます。従って「法」を生真面目に守るのは低い地位の人間のすることだ、というような価値観になります。コリアンタイムもここから派生したものではなかろうか、と思います。     これはアジアで古くからある価値観だと考えられます。この考えではお上が下々を規制するものが「法」ですから、議会やみんなで決めたものよりもお上の個人的意思のほうが優先される社会となります。   一方近代的な考えでは議会やみんなで決めた法律・ルールが「法」ですから、上位の者こそが率先して「法」を守らねば下々も守るわけがない、あるいは「法」を守ることによって自分たちの権利が保証されるとなります。   前者の古代アジア的価値観は後者の近代的なそれとは全く違い、「法治」ではなく「人治」といわれる所以です。彼らはこの伝統的価値観を引きずってきたのではないか、というのが私の仮説です。

 今回の李大統領発言の釈明は、この古代アジア的価値観が現れたものと考えます。つまり日本の政府は下々の国民とは違ってお上なのだから、法律というものにこだわる必要はないだろう、なのに何故法律を持ち出すのか、という不満となります。

 しかし日本では法治国家なのだから政府も法律に基づいて判断・行動するのは当たり前となります。一方韓国では法律よりも人間の情を優先するという考え方となるわけです。

 韓国は今なおこの古代アジア的価値観を強固に維持していると言わざるを得ません。

 法に対する考えが、日本と韓国で根本的に違っているのですから、解決は難しいでしょうねえ。

コメント

_ 河太郎 ― 2012/09/11 11:15

>法に対する思想が根本的に違う日本と韓国
全く同感です。

>李大統領は「なぜ法律論になるのか」といら立ちを示し、「日本は柔軟に対応してほしい」と強調。
>今回の李大統領発言の釈明は、この古代アジア的価値観が現れたものと考えます。つまり日本の政府は下々の国民とは違ってお上なのだから、法律というものにこだわる必要はないだろう、なのに何故法律を持ち出すのか、という不満となります。

この指摘はとても大切ですね。日本政府の関係者は是非この意味をしっかり把握して対応すべきですね。
日韓の法観念の違いを理解しておかないととんでもないことになります。

金泳三は大統領になると、元大統領の全斗喚と前大統領の蘆泰愚を光州事件の時効を延長する法律を作って
逮捕して死刑判決を下させ、さらに恩赦で減刑するというまさしく法治主義ではなく人治主義そのものをやってのけました。事後法もなんのそのです。韓国は中世の法社会に生きていると揶揄されるのもムリありません。

数年前でしょうか、サムスンの会長は有罪判決を受けていたのにオリンピック招致のために活動させるとして恩赦を受けています。

日本では有り得ない話です。

キムワンソブは『親日派のための弁明』で、日本が朝鮮に持ち込んだ最大の功績は、専制王朝独裁社会を近代的法治社会に変えたことだ、という意味の事を書いていました。

李栄薫も『大韓民国の物語』で、ベストセラー小説の日本人巡査が朝鮮人農民を射殺する場面を、当時の朝鮮には日本が法治主義を持ち込んだことを忘れた荒唐無稽の話である、と断じていました。

しかし、これらの意見は韓国では全くの少数派でしょうね。

日本人は、韓国人が平気でウソをつくこと、をこのたびのイミョンバク発言、慰安婦問題、日本海呼称問題で思い知ったことでしょう。

イミョンバク大統領のこの本音も韓国人の法意識を象徴するものとして忘れてはならないでしょう。

_ 在特会 ― 2012/09/11 19:48

>日本人は、韓国人が平気でウソをつくこと、をこのたびのイミョンバク発言、慰安婦問題、日本海呼称問題で思い知ったことでしょう。

広がったでしょうね。

私が知ったのは 15年くらい前でしょうかね。

会社でむりやりPC を覚えさせられてkら。
ネットで歴史をきちんと読んでから。

韓国は北朝鮮とあまり変わらないんだと、このごろは思ってます。
中華思想を捨てなさいね、
中国、朝鮮半島には中華思想を捨て、歴史のねつ造をやめなさいね、
政治家がそういわないとだめだと思いますよ。

_ 辻本 ― 2012/09/11 19:54

>日本人は、韓国人が平気でウソをつくこと、をこのたびのイミョンバク発言、慰安婦問題、日本海呼称問題で思い知ったことでしょう。

 「韓国人のウソ」は、日本人の左翼・革新系の人たちのウソと重なるでしょう。

 韓国人だからウソをつくのではなく、特定イデオロギーに陥っているからこそウソをつく、と私は考えています。

 日本の左翼・革新イデオロギーがアジアに広がっています。ぞの意味では、「アジアとの連帯」を求める彼らは、大きな成功を収めていると思います。

_ 河太郎 ― 2012/09/11 21:00

>「韓国人のウソ」は、日本人の左翼・革新系の人たちのウソと重なるでしょう。
確かに朝日新聞は従軍慰安婦強制連行と南京大虐殺の大ウソの大本山です。岩波書店、毎日新聞、共同通信、NHKも同じ穴のムジナで,彼らは自虐史観,東京裁判史観というイデオロギーの信奉者です。

>韓国人だからウソをつくのではなく、特定イデオロギーに陥っているからこそウソをつく、と私は考えています。
民族性ではなく、イデオロギーがウソをつかせるというのは、確かに、見落としてはならない視点です。
ソ連、中国など共産主義はいとも簡単にウソをついて来たのも事実です。

韓国は反日というイデオロギーがウソの根源というのも首肯しやすい見方ですが、一方こういう事実もあります。

法廷偽証罪が年間で日本は10人前後、韓国では約1700人と170倍も多いと韓国の新聞で報じられた。
日本ではウソをついた政治家は辞職に追い込まれるが、韓国では何のお咎めもない、と韓国の新聞のコラムが嘆いていました。
またテコンドーをオリンピック種目にするために空手の亜流であることを隠してオリジナルだとIOCを騙した、もう時効だろうから話してもいいだろう、と語った韓国テコンドー最高幹部の談話がネットで写真入りで出ていました。
剣道もKUMUDOとして海外で韓国オリジナルの武道として売り出しています。
東亜日報に韓国「ウソ社会」というコラムが掲載されたことがあります。

ほかにも探せばまだあるでしょう。

これらを見ると単にイデオロギーのせいばかりとは言えないでしょうね。民族性と言われても仕方ないかも知れません。

>日本の左翼・革新イデオロギーがアジアに広がっています。ぞの意味では、「アジアとの連帯」を求める彼らは、大きな成功を収めていると思います。
日本のマスコミが、「アジアの反日」は実はアジアの華僑の反日である事を隠蔽しているので、日本人が錯覚させられている面もあるでしょう。

_ 在特会 ― 2012/09/11 23:13

>日本の左翼・革新イデオロギーがアジアに広がっています。ぞの意味では、「アジアとの連帯」を求める彼らは、大きな成功を収めていると思います。

前にもそういってましたね。

デモ、肝心の日本では縮小してますよね。
アジアに広がってると言いますが、
中国、韓国、北朝鮮の3カ国だけでしょう?

ベトナム、フィリピン、インドネシア、インドなどでは広まっていないでしょう?

要するに中華思想に毒されてとこだけでは?

_ 宇宙飛行士 ― 2012/09/12 14:06

>韓国人だからウソをつくのではなく、特定イデオロギーに陥っているからこそウソをつく、と私は考えています。

同感です。ただ韓国の場合は社会主義、共産主義だけではなく、「民族主義」という時代遅れのイデオロギーが問題だと思います。

韓国は、味方してくれる異民族(日米を含む西側)より、
自分を攻撃し、騙す同じ民族(北朝鮮)と連帯しようとする愚かな行為をしていますが、それも強い民族主義がもたらした弊害といえるでしょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/09/11/6570566/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。