砧の新資料(3)2012/12/11

 これは西宮市郷土資料館に所蔵されている砧の台。拙論におけるⅡ型です。この台の上に、折りたたんだ布地を置いて、横槌で打つわけです。

 昭和12年(1937)に開業し、平成11年(1999年)に廃業したクリーニング屋さんの道具ということです。

 これと全く同じ形のものが、江戸時代の絵画資料にあります。

http://www.asahi-net.or.jp/~rq2h-tjmt/kinuta(11)

 これは『大和名所図会』という江戸時代の本の中に出てくる絵です。刊行は寛政3年(1791)とされています。ここで描かれる砧の台は、↑ と全く同じです。つまり、この形は200年もの間、形が変化しなったのです。

 昭和になっても、細々ながらも砧を打つ人がいたことに、ビックリしました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/12/11/6657527/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。