水野・文『在日朝鮮人』(7)―人口の急増2016/05/14

韓国併合の頃の数千人から35年間で200万人に達する朝鮮人が日本に居住するようになった最大の原因は、日本による朝鮮植民地支配にあったといわねばならない。(81頁)

 ここはもう少し掘り下げて書けなかったのか、と思います。 朝鮮は植民地支配によって近代社会になり、それに伴って人口が急増した。 しかし朝鮮は農業社会であり、農業生産が人口の急増に対応できず、農民は疲弊するしかなかった。 だから人口過剰で疲弊した朝鮮から、産業化が進んで労働力需要の旺盛な日本本土に人口が移動する現象が起こった。 これが、朝鮮人が日本に居住するようになった最大の原因である。 こういう風に書いてほしかったと思います。

 近代社会になって人口が急増するのは、全世界史的な現象です。 朝鮮も日本の植民地支配を受けることによって近代社会に入り、人口が急増しました。 これが過剰人口の植民地から労働力需要の大きな宗主国への移動という現象につながるのです。

 ところで植民地近代化論を批判・反対する論者は韓国にも日本にも多数いますが、人口急増になかなか言及しませんねえ。 日本の植民地支配は世界に類を見ない過酷な収奪だったとする歴史像では、人口急増は説明が難しいのでしょう。

水野直樹・文京洙『在日朝鮮人』(1)―渡日した階層 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/04/06/8066021

水野・文『在日朝鮮人』(2)―渡航証明と強制連行 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/04/11/8069125

水野・文『在日朝鮮人』(3)―強制連行と強制送還  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/04/17/8072649

水野・文『在日朝鮮人』(4)―矛盾した施策 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/04/25/8077594

水野・文『在日朝鮮人』(5)―強制連行と逃走  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/04/29/8080041

水野・文『在日朝鮮人』(6)―渡航の要因 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/05/09/8086320

コメント

_ さだお ― 2016/05/16 18:02

日本国内にも朝鮮植民地支配と表す人がいますが、
日韓併合条約は両国が合意して結んだ条約で欧米諸国も認めていた条約です。
それがどうして日本の併合統治と呼ばないで植民地支配と呼ぶのか不思議に思いますね。
植民地支配と呼ばないといけない理由があるのですか?

_ 大森 ― 2016/05/17 02:31

植民地支配がきっかけで植民地から宗主国への大量移動というのはありそうでないケースですね
宗主国は植民地からの流入を制限するのが普通ですから
人口増は宗主国も同じで安価な労働者の流入は宗主国の住民の生活を圧迫するわけです
むしろ植民地が宗主国の余剰人口のはけ口になるわけです
イギリスがインドを支配してインド人が大量にイギリスに移住するとかオランダがインドネシアを支配してインドネシア人が大量にオランダに移住するとかはありません
むしろ移住が増えるのは植民地の独立後ですね
その意味でも日本と韓国の関係は特殊ですね
おそらく『併合』という建前が影響していたのでしょう

_ 辻本 ― 2016/05/17 05:24

>その意味でも日本と韓国の関係は特殊ですね

 日本の朝鮮植民地支配の場合、同化主義あるいは内地化を目指したという点で、欧州がアジア・アフリカ等に築いた植民地とは違いますねえ。

 日本の場合、奄美、沖縄、北海道では、内地化(日本本土の法律がそのまま適用され、住民の権利も同じになること)されたのは、明治維新以降かなり年月が経ってからです。この延長で朝鮮植民地支配を考えていたのではないかと思っています。

_ borugu ― 2016/05/17 11:47

距離の問題もあるでしょうね。

イギリスとアイルランドの例を対比させてみると面白いと思います。
アイルランドの悪名高いジャガイモ飢饉のときのアメリカ移民の話は有名ですが、それ以前からより近いイギリス本土に移民するアイルランド人というのも、結構な数が存在しています。
季節労働者(出稼ぎ)と永住する移民(棄民)の2パターンあったようです。永住するパターンは、宗教問題や歴史的な敵対心、(そして時代が下るにつれ)大西洋航路の船賃コストの低下によりアメリカに移民するほうを選ぶ人が多くなっていったようですが。

イギリス・アイルランド間の関係と違って、日本は別にクロムウェルのように併合時に住民を虐殺しまくって土地を収奪したわけでもないし、宗教の問題もなく同化政策してくれたわけだから、それ以上に余剰人口が本土へと流れていくのは当たり前のような気がします。

_ 宮本 ― 2016/05/20 18:08

>さだお ― 2016/05/16 18:02

日本の統治時代を「植民地化」「侵略」と呼ぶかどうかは、その日本の統治時代をどのように評価するかで変わってくるわけです。
その時代を、(朝鮮・韓国の人々にとって)ネガティブに捉える人々は「植民地化」「侵略」と呼ぶでしょうし、ポジティブに日本の統治を評価する人は、「植民地化」「侵略」とは呼ばないということになります。
ですから、まず何よりも必要なことは、その時代に日本によって何が行われ、日本の統治以前と以後とでどのような変化があったのかという「真実」を知ることです。
「韓国併合」や「日韓併合」といった場合の「韓国」は、現在の大韓民国ではなく、大韓帝国のことで、朝鮮半島一帯を治めていた国です。

この大韓帝国とは、元々は朝鮮、または李氏朝鮮という国名でしたが、この李氏朝鮮という国は、
一口で言ってしまえば明や清(中国)の属国でした。
李氏朝鮮という国は、1392年から約500年間朝鮮半島を支配していた王朝でしたが、そもそもこの国は、それまで朝鮮半島を支配していた高麗の臣下である李成桂という人物が、主君を裏切り、明の力を借りて王の座についたことで興った国であったため、李王朝建国後も継続して明の支配下に置かれ、続く清王朝にも引き続き属国として扱われました。
国民は奴隷民族化され、私有財産も没収された。李朝は専制王権制度に体制を変え、朝鮮民族が古代から高麗に至るまで連綿と持ちつづけた国際的自尊心を放棄し、明の属国として堕落が始まった。
――チェ・ケイホ著 『歴史再検証 日韓併合の真実』より
チェ氏は当時の社会は現在の北朝鮮と酷似していると指摘しており、500年あまりもの長きにわたり、文化が停滞し、
国民が虐げられつづけた歴史が、韓国併合以前の朝鮮半島にはあったのです。
その非常に荒んだ社会を救ったのが「日韓併合」であったと書いています。

まぁ、日本が併合した理由は、もちろん李王朝の暴政から朝鮮の人々を救うためなどではありませんでしたが結果的に日本の功績が多数あるのも歴史事実です。
現在、日本では、当時の日本が行った「韓国併合(日韓合邦)」を、ただただ日本が一方的に韓国を搾取し、
韓国人を苦しめ、虐げたかのように言われていますが、これも所詮はアメリカの占領政策により、過去の日本の功績を隠蔽し、罪悪感を植え付ける方針によるものでしかありませんよ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/05/14/8089137/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。