私が二重国籍に関心を持った訳2016/10/28

 二十年程前の話ですが、ある20代の男性から、ある日突然官憲がやって来て日本のパスポートを取られ、代わりに外国人登録証を渡された、何故こうなったのか訳が分からない、という相談が来たことがあります。 聞いてみると、父が韓国人、母が日本人で、日本人として育ってきて、二重国籍ではなく日本の単一国籍だった、だから日本のパスポートで海外旅行をし、選挙にも行っている、しかしある日突然日本国籍を失い、韓国籍を強要されたという話でした。

 私も最初は訳が分からなかったのですが、彼の戸籍の記載事項および家庭内状況を聞いて、次の事情が分かりました。

 彼の両親は韓国人と日本人ですから、生まれた当初は日韓の二重国籍でした。 両親は彼が生まれて数カ月して日本国籍を選び、単一国籍としました。彼は日本人として成人になりました。 ところが父親は自分が亡くなる直前に何を思ったのか、彼に韓国籍を取らせました。その手続きは父親がしました。 韓国の国籍法には国籍回復条項があり、かつて韓国籍を有していた者は国籍を回復することが割りと簡単に出来ます。 彼は深く考えないで国籍回復を承諾したようです。 彼は父親が亡くなってからも日本のパスポートを持って海外旅行を何年も続けました。 国籍回復した事実を全く忘れてしまい、気持ちは全くの日本単一国籍者でした。 しかし国籍回復が日本当局に知られ、自分の意志で外国籍を取得した者は日本国籍を失うという法律により日本のパスポートを取り上げられ、代わりに外国人登録証を持たされたのでした。

 父親は自分の死を前に息子に韓国人の自覚を持たせようと国籍回復させたのでしょうが、息子はそれが日本国籍喪失を意味することを知らずに安易に承諾し、その手続きを父親に任せ、その承諾を失念したということになります。 しかし本人は、ある日突然日本人でなくなり外国人を強要されたという被害意識の塊でしたねえ。

 この時に私は国籍について関心を大きくし、国籍法の関する専門書を何冊か購読しました。 そうすると在日は韓国と北朝鮮の二重国籍者であることに気付きました。 韓国の国籍法も北朝鮮の国籍法も、朝鮮人(韓国人)すべてを我が国の国民(公民)と規定しているのですから、二重国籍と言うしかありません。 在日社会では昔北か南かで激しいイデオロギー紛争がありましたが、法的に見れば二重国籍者であるが故の紛争でした。 ですから二十年前の当時、家族内の争いごとである離婚や相続は韓国の法律に準拠するのか、北朝鮮の法律に準拠するのか、それとも常居地である日本の法律に準拠するのか、かなり深刻な問題であることを知りました。 これは余りに複雑すぎて素人が出る幕ではなく、専門家に任せるしかないものです。

 二重国籍とは複数の国家に所属することですから両国の権利を行使できますので、それだけ便益があります。 例えば重婚など単一国籍者には違法であるものが、二重国籍者では可能です。それほど二重国籍の便益性は大きいということです。

 二重国籍はいいことばかりではありません。 両国の権利を享受できるということは、義務も生じます。 一番問題になるのは兵役です。 兵役義務のある国では二重国籍者の徴兵逃れを防止するため、二重国籍者への対応が厳しいという話です。

 二重国籍者は両国の保護を同時に受けることが出来るのですが、これが逆に作用します。 例えば二重国籍者が国際テロ組織に人質となったとしましょう。 どちらの国が救出するのかで外交的衝突が起きる可能性が高いです。 ということは、二重国籍者は救出に乗り出してくれる国はないことを覚悟しなければなりません。

 このように国籍に関心を持ったのが二十年ほど前。 それから関心が薄れていたのですが、今回の蓮舫二重国籍問題でまた関心を持った次第です。

コメント

_ 河太郎 ― 2016/10/28 16:34

>二重国籍とは複数の国家に所属することですから両国の権利を行使できますので、それだけ便益があります。
 >二重国籍はいいことばかりではありません。 両国の権利を享受できるということは、義務も生じます。 

●朝日新聞ネット版9月20日
佐々木てる・青森公立大学準教授が、両親とも日本人だが米国で生まれ、40歳ころ試しに米国大使館にパスポートを申請したところ発行されて驚いた、として二重国籍者の例として紹介されていました。

記事の中で<だが第二次大戦後、現代的な民主国家が増えた。「君主ではなく、法を守ることが国家への忠誠になったのです。二つの国の憲法や法律を守る事は、必ずしも不可能ではありません。」>とありました。

★多重国籍いいじゃない!!のいかにも朝日らしい記事でした。

★しかし、多重国籍者の矛盾が最大となる場合が戦争ですが、その場合「二つの国の憲法や法律を守ることは必ずしも不可能ではありません」は明らかにウソですね。一方を支持すれば、他方を必然的に裏切ることになるのですから。

「必ずしも不可能ではありません」と、すべて、とは云わずに例外があることは認めています。
しかし、その例外が何なのかが問題です。

多重国籍の矛盾は、戦争、兵役、納税、国家による保護(テロの被害者、犯罪訴追回避など)など或る意味人権の危機の極限で噴出します。納税は国家間の租税取り決めで解決されるので、まあいいですが、その他の事例では深刻です。

多重国籍を論じるときは最も深刻な問題を生じる場合を念頭に置くべきです。
多様な価値観、多様な人材、有能な人材、国際交流などの視点が主では肝心なことが抜けるでしょう。

フジモリ元ペルー大統領は日本に亡命したが、在任中の人権弾圧を理由としてペルー政府から引き渡しを求められました。しかし日本政府は同氏が日本国籍も保有していたことを理由に拒否しました。日本大使館人質事件の解決の最大の功労者はフジモリ大統領でしたので、心情的にも我が政府の態度は当然でした。

しかし、ペルー政府からすれば二重国籍をまんまと利用された事になります。ペルー政府はさぞ地団駄踏んだことでしょう。

しかし、逆に、日本もペルー政府と同じ憂き目に遭う可能性は否定できません。

>どちらの国が救出するのかで外交的衝突が起きる可能性が高いです。 ということは、二重国籍者は救出に乗り出してくれる国はないことを覚悟しなければなりません。

日本国籍を持つ多重国籍者の中には、いいとこ取りとほくそ笑んでいる者もいるかもしれませんが、日本では経験し得ない不利益を一方の国から強制されないと目が覚めないのでしょうね。

_ 辻本 ― 2016/10/31 21:25

 このブログ文には矛盾があります。誰か指摘するだろうと思っていたのですが、結局いなかったですねえ。

 矛盾は、「二十年程前の話」 「ある20代の男性」 「彼の両親は韓国人と日本人ですから、生まれた当初は日韓の二重国籍でした」です。

 この男性が生まれたのは四十年以上前のことになりますから、1976年以前です。 ところが日本の国籍法が改正されて、父系主義から父母両系主義に変わったのは1985年です。

 従って1976年以前の生まれであるこの男性は、父系主義により父親の韓国人の国籍だけを継承するのであって、母親の日本国籍は継承しません。だからこの男性は韓国籍であり、二重国籍にはなりません。

 実はこの男性が特定されるのを避けるために「二十年程前」を設定したのです。 

 国籍法を知っている人には簡単に見破ることが出来るウソなのですが‥‥。

 このこと以外は大体事実ですので、誤解のないようにお願いします。

_ 河太郎 ― 2016/11/01 14:47

>このブログ文には矛盾があります。誰か指摘するだろうと思っていたのですが、結局いなかったですねえ

辻本さんが前もって「矛盾」を仕込んだとの意味に解しましたが、「ホホウ!」と思いました。
結局バグが見つかりやすいような文の構成になっていなかったからに過ぎないのでは。結構長い文章のブログでしたから。

_ (未記入) ― 2016/11/02 15:31

連投、長文、恐縮です。
河太郎>結局バグが見つかりやすいような文の構成になっていなかったからに過ぎないのでは。結構長い文章のブログでしたから。

と書いたいきさつもありますので。。

①>二十年程前の話ですが、ある20代の男性から

今時点では少なくとも40歳以上、1975年以前の生まれ、との設定ですね。

②>ある日突然官憲がやって来て日本のパスポートを取られ

官憲が犯罪容疑者の居宅に行き、裁判所の発行した捜索令状にもとづき、犯罪の証拠品としてパスポートを押収した、とフツーに解釈しました。

③>代わりに外国人登録証を渡された、

本人が申請もしないのに日本の役所から一方的に外国人登録証を押し付けられた、の意味ですかね。
外国人登録証はあくまで本人の申請に基づいて発給されるものと理解していますが、間違いでしょうか。、パスポート没収と引き換えに本人の申請がないのに役所がわざわざ発給することがあるのでしょうか。

★①から③は、相談者の言った事そのままとすれば、オカシな点も已むを得ないところですかね。

④>聞いてみると、父が韓国人、母が日本人で、日本人として育ってきて、二重国籍ではなく日本の単一国籍だった、だから日本のパスポートで海外旅行をし、選挙にも行っている、

これは、パスポートを取得した事、選挙権もあった事は日本国籍を取得していたことの証明ですね。

「二重国籍ではなく日本の単一国籍だった」
この意味は、出生時は韓国籍として届けて、その後、日本国籍の手続きをして、韓国籍の放棄を韓国に届けて受領された、ということですかね。

つまり、1985年以前では、1975年以前生まれの、父韓国人と母日本人の子は出生時は韓国籍しか取得出来なかったのでは。

⑤>しかし、ある日突然日本国籍を失い、
 
日本国籍喪失の要件は、いずれも本人又は出生時の親が意図的に行った行為が原因とされているように思います。つまり本人・親があずかり知った場合です。
「ある日突然」というのは、本人があずかり知らない場合を連想させますね。本人に責任がない!と。
「ある日突然」の表現は、本人に非がないのに日本の役所が一方的にしたと思わせます。

⑥>韓国籍を強要されてという話でした。

日本の役所が非日本人に特定国の外国籍を強要するとは思いません。又できないでしょう。日本国籍不保持者が、どの国籍を取ろうが取るまいが日本政府は知ったことではないでしょうから。

もっとも国籍出生地主義の国、例えばアメリカのように勝手に国籍を押しつける国もありますが。
最近、実際にアメリカ国籍放棄の手続をしようとしている日本人がブログに書いていました。何度もアメリカ大使館に足を運ばせる、アメリカ国籍離脱の手数料が24万円もかかる、と。アメリカは去る者追わずかなと見ていましたが、以外にセコいなと思いましたね。

⑦>私も最初は訳が分からなかったのですが、彼の戸籍の記載事項および家庭内状況を聞いて、次の事情が分>かりました。  彼の両親は韓国人と日本人ですから、生まれた当初は日韓の二重国籍でした。 
>両親は彼が生まれて数カ月して日本国籍を選び、単一国籍としました。
>彼は日本人として成人になりました。

「彼の両親は韓国人と日本人ですから、生まれた当初は日韓の二重国籍でした。」 

彼の出生時の届出は韓国籍の単一ではないでしょうか。
生まれた当初(1970年代生と設定されている)は、1985年以前の日本は血統主義ですので、父親が韓国人であれば先ずは韓国籍でしかなかつたのでは。つまり韓国籍の単一国籍。

「両親は彼が生まれて数カ月して日本国籍を選び、単一国籍としました。」

出生時は韓国籍の単一国籍→未成年の日本国籍取得と韓国籍放棄→日本国籍の単一国籍、なら理解できますが。

⑧>しかし国籍回復が日本当局に知られ、
 
相談者の行為により韓国籍回復が日本当局に露見した、バレた、のですね。自業自得ですね。

⑨>自分の意志で外国籍を取得した者は日本国籍を失うという法律により日本のパスポートを取り上げられ、
 
当然の事です。身から出たサビ、というやつです。

⑩>日本のパスボートを取り上げられ

 実際の実務は全く知りませんが、パスポートの失効は通知だけではないでしょうか。
 日本の出入国をチェックする担当部署へのルーチンの一般的な通知。
 パスポートの返却は要求するかもしれませんが、返却しない者の自宅まで行って物理的に「取り上げる」程のヒマはないと思いますね。物理的に取り上げたのが本当なら、何か悪質な要素があったのでしょうね。

⑪>代わりに外国人登録証を持たされたのでした。
 
「もたされた」ではなく、自ら外国人登録証を申請し発給された、でしょう。
 日本は、オーバーステイや、外国人登録未登録者などは不法滞在者として対応するだけであり、
 外国人登録未登録者を勝手に登録させるほどヒマではないでしょう、本人の意思とは関係なく処理するのは人権侵害と逆ネジをかませる輩もいるでしよう。

 相談者の言いぶりは違反者なのにまるで被害者かのよう、は言い過ぎですかね。。

_ 河太郎 ― 2016/11/02 21:30

私の読み落としでした。失礼しました。
(未記入) ― 2016/11/02 15:31は以下の辻本さんの記述を読み落としていました。

辻本 ― 2016/10/31 21:25>矛盾は、------「彼の両親は韓国人と日本人ですから、生まれた当初は日韓の二重国籍でした」です。


(未記入) ― 2016/11/02 15:31にピントはずれの部分があるのはそのせいです。
 本ブログにアップされたのを読んで気が付きました。赤ッ恥でした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/10/28/8237467/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。