同和地区の貧困化2012/07/29

 『こぺる 233号』(2012年8月)に石元清英さんの「全国水平社九〇周年に思うこと」と題する論考があり、いわゆる同和地区で貧困化が進行していることを報告しています。

1960年代以降、全国各地の部落で実施された生活実態の結果をみると、年齢が若くなるにしたがって就労状態は安定化する‥‥安定的な就労状態を獲得しているということである。    しかし、1990年代になると‥‥年齢が若くなるにしたがって、逆に不安定になっていることが明らかとなった。こうした30代、20代の年齢層における就労の不安定化は、1990年代以降、部落から経済的安定層が大量に流出するようになったためである。    部落の外に広い住宅を求めることができるような経済的に安定した世帯が流出しているのである。典型的には、子どもが小学校に入った、小学校の高学年になったので子ども部屋をもたせたいという、夫婦と子どもからなる核家族世帯が流出していった。そして、大学進学率が上昇するなかで、大学進学時に部落から流出し、卒業後も戻ってこないという若年層が目立ってきている。つまり、高学歴層の部落からの流出が目立ってきたのである。    こうした安定層の流出が20代、30代といった若い年齢層での就労の不安定化をもたらしているのである。安定層が流出する一方で、不安定層が部落に流入してくる‥      1990年代以降、安定層の流出と不安定層の流入によって、都市型部落の貧困化が進行した。‥‥この貧困化はさらに加速しているといえる。    都市型部落では、貧困化が着実に進行しているのであり、そのもとで子どもの虐待とDVが増加している‥    子ども虐待とDVは、深刻で重大な人権侵害である。部落解放運動は、この部落内における人権侵害に真正面から取り組むべきではないだろうか。

 拙稿でも、同和地区では高学力家庭が流出し、かわりに低学力家庭が流入していると論じたことがあります。 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/05/18/1515064

 同和地区は国民が住みたくなるような場所ではなく、生活が安定したら出て行きたくなる場所であり、近年その傾向がさらに強く現れてきているようです。 

 同和対策では、30数年の間に15兆円という膨大な公費が投入されました。解放運動はこれだけの同和対策をさせたという成果を誇り、さらに今だ差別は残っているとして、同和対策の打ち切りに反対していました。  しか し、現在の状況をみると、同和対策や解放運動には根本的なところに誤りがあったのではないか、と思っています。

コメント

_ 在特会 ― 2012/07/30 16:23

同和というのは関西に来て始め知ったのですが、

>現在の状況をみると、同和対策や解放運動には根本的なところに誤りがあったのではないか、と思っています。

どこが誤りなのですか?
もう、同和差別は無くなったといってもいいのでしょうか?
新たな貧困の問題に変わったのですか?

_ 辻本 ― 2012/07/30 20:06

〉どこが誤りなのですか?

 誤りがあったと考えざる得ませんが、どこがどう間違っていたのか。私はまだ断定的に言える段階には達していません。

〉もう、同和差別は無くなったといってもいいのでしょうか?

 江戸時代の穢多・非人から繋がる身分差別としての部落差別は、なくなったと言い切れます。

〉新たな貧困の問題に変わったのですか?

 かつて激しい解放運動が展開され、多額の血税を使って地域改善事業を行ない、周囲から羨まれるほどであった地域が、それから短い期間しか経っていない現在スラム化しつつあるのです。

_ 在特会 ― 2012/08/01 20:17

以前、同和地区は土地の価格が低い、聞いたように思います。

>同和地区は国民が住みたくなるような場所ではなく、生活が安定したら出て行きたくなる場所であり、近年その傾向がさらに強く現れてきているようです。 

スラム化すれば、ますます土地の価格が下がるでしょう。
地上げでもして、更地に戻せば同和地区は無くなるのでしょうか?

豊橋のはずれに「宿町(しゅくまち)」という地名があるのですが、地元で育った人から、「あそこは昔被差別村だったんだが、今ではそんな面影はない」
と聞いたことがあります。

同和地域でも変わったところはあると思うのですが、
大阪、京都、奈良ではそうはならなかったんですか?

_ 辻本 ― 2012/08/02 20:19

>以前、同和地区は土地の価格が低い、聞いたように思います。

 このことについては、以前に書いた拙稿があります。
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daisanjuukyuudai

〉地上げでもして、更地に戻せば同和地区は無くなるのでしょうか?

 江戸時代から身分差別に繋がるものとしての同和地区はすでに無くなりましたが、現代社会の大きな問題となるスラムについては、そこを更地にしても解決するものではないでしょう。

〉豊橋のはずれに「宿町(しゅくまち)」という地名があるのですが、地元で育った人から、「あそこは昔被差別村だったんだが、今ではそんな面影はない」

 おそらく、そこは被差別村=同和地区ではないでしょう。

〉同和地域でも変わったところはあると思うのですが、
大阪、京都、奈良ではそうはならなかったんですか?

 「大阪、京都、奈良」に限る話ではないでしょう。同和行政が施行された地域すべてを見る必要があります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/07/29/6525302/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。