外国人の名前が日本文化に馴染まない例2012/12/17

 外国人の名前は、当然日本文化とは関係ないところでつけられていますから、日本ではこんな名前はあり得ないだろう、或いはもし日本で生活したら、からかわれるだろうと思われるものがあります。

 例えば「金好美」さんという韓国人はハングル読みすると「キム・ホミ」となります。これは日本の某地方での卑猥語であり、この方がその地方に住むことがあれば、からかわれることでしょう。

 昔のプロレスラーで「ボボ・ブラジル」さんがいました。本名かリング名かは分かりませんが、某地方でのプロレス興行は異様に盛り上がったものでした。もしこの人がこの某地方で生活するとしたら、からかわれることは確実です。外国では普通の名前らしいですが、日本ではあり得ない名前です。

 フランスの女性哲学者「ボーヴォアール」さんが、かつて日本の各地を講演して回ったとき、ある地方ではちょっと異常な雰囲気となったそうです。

 かなり以前に、アフリカの大統領に「チョンベ」さんがいました。このニュースを聞いた某地方の人たちはビックリしたそうです。

 このように外国人の名前はその国では何ともなくても、日本文化に馴染まず、日本で住むとしたら、からかいの対象となると思われるような場合が出てきます。といって、外国人登録ではパスポートの名前を本名とせざるを得ず、これで生活するとなると、日常生活に支障が生じる可能性があります。この場合の解決方法の一つとして、通名というのは便利がいいように思われます。

コメント

_ 在特会 ― 2012/12/18 01:58

特殊な例ばかりあげても

在日が本名を隠すために通称名を使うことが問題ないということにはならないと思いますがね。

_ 大森 ― 2012/12/18 03:18

小学生ではあるまいし大人なら国によって言葉の意味に違いがあるのでヘンな音でも笑っちゃいけないくらいの常識はあってしかるべきでは
また外国育ちの人が現地的な通名を名乗るのは背景が理解されずかえって不便でしょう
日系人の名前がカタカナで表記されるのはその辺に対する配慮だと思います
普通の外国人にとっては現地人と誤解されることのリスクの方が高いと思います

_ 辻本 ― 2012/12/18 03:20

 外国人で日本人でもどのような通名を名乗るかは、本人の主体的な選択によるもので、こんな通名はダメだと周りが強要することはできません。

_ 辻本 ― 2012/12/18 03:39

>小学生ではあるまいし大人なら国によって言葉の意味に違いがあるのでヘンな音でも笑っちゃいけないくらいの常識はあってしかるべきでは

 からかいは、子供や常識のない大人たちが激しいでしょう。日本人すべてが四六時中、上品ではありません。

>普通の外国人にとっては現地人と誤解されることのリスクの方が高いと思います

 外国人相談事例(相談員のマニュアル「Q&A」)の中に、日本名を名乗りたいがどのようにすればいいか?というのがあります。このような相談はかなり寄せられているようです。

_ PublicComment ― 2012/12/19 11:08

通名の是非について 辻本さんのおっしゃりたいことは理解できますし 法的に制限すべきというのは極論かと思います。
(ただ、辻本さんがおっしゃる外国名がその国の言葉で品の良い意味にならないという事例をもって通名の有用性を論じるのはちょっと無理があるように思えます)

しかしながらその時々で自らのポジションをカムフラージュする意味合いで通名と本名を使い分けるという行為はどうも感心できません。

こと朝鮮半島系・中華系の在日さんについては容姿では日本人と区別がつかないほど近い存在でありながら、自身のルーツに誇りがあるからこそ 日常の生活の中で不便な思いをしてまで帰化という道を取られていないと思うので だからこそ民族名を名乗り民族の誇りと共に生きる選択をすることが日本で外国人として共生する本道なんじゃないかなぁと常々思っております。

_ 辻本 ― 2012/12/19 19:55

 通名を名乗るかどうか、名乗るとしたらどのような名前にするか、本名と通名をどのように使い分けるかは、本人の選択です。

 ・いずれ帰化したいと思っているからと、日本名を通名にしている人もいます。

 ・生まれた時から通名として日本名を使い、本名よりも通名に馴染んでいる人もいます。

 ・本名を名乗ると差別されるからと、日本名を通名にしている人もいます。

 ・民族性に目覚めて、日本風の本名を嫌い、通名として民族名を名乗る人もいます。

 本人には個々それぞれの事情を持っているものです。通名は本人の事情や考え方等々によって主体的に選択するものであって、周囲は当人の選択を尊重すべきでしょう。

>民族名を名乗り民族の誇りと共に生きる選択をすることが日本で外国人として共生する本道なんじゃないか

 そういう外国人もいますし、出自の民族を恥と考える外国人もいます。
 個人個人違う事情と考えを持っているのですから、お互いそれを尊重し合うことが「共生」の道と考えます。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/12/17/6662794/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。