朝鮮総督府は官吏に朝鮮語を奨励した2019/06/06

 日本帝国主義は植民地朝鮮で朝鮮語の使用を禁止した、という俗説を今なお信じている人がいます。 当時は公用語が日本語でしたから、公文書・契約などの記載はすべて日本語であり、公的会議・裁判等で話される言葉も日本語です。 学校でも授業は日本語で行なわれました。 しかしそれ以外の場所での日常生活では、朝鮮人たちは朝鮮語を使っていました。 そうであったのに、朝鮮人は親と朝鮮語で話したら警察に捕まったとか、ハングル詩を書いたら特高から拷問を受けたとか、虚偽の歴史を言う人が今なおいますねえ。

 ところで植民地政府である朝鮮総督府では、内地人(日本人)下級官吏に朝鮮語の習得を奨励していた事実があります。 下級官吏は行政を住民に直接的に施行する業務を担います。 住民たちには行政の趣旨を理解させて守らせ、時には処罰をもって臨む仕事です。 しかし住民の圧倒的多数は朝鮮人であり、その大半が日本語を十分に解していませんでした。 従って下級官吏たちは、朝鮮語を知らなくては仕事にならなかったのです。

 朝鮮総督府は当初より、下級官吏に朝鮮語を奨励しました。 初代総督である寺内正毅は、大正4年(1915)1月に各道の内務部長に次のように指示しています。

注意しておきたいのは、官吏特に下級官吏に朝鮮語を奨励することは、従来たびたび言ってきたことであるが、どうもよく行なわれていない。 いずれ何とか将来に於いて確かに実行が出来るような方法を設けたいと考えているが、各道に於いてもさらに一段の注意をしてもらいたい。

地方に職を奉じて5年にも6年にもなって、未だ一つも朝鮮語を話せぬ者が大分いる。 かかる有様では朝鮮人と内地人との間を融和していくことは難しいと思う。 下級の内地人官吏が朝鮮語に通じて、鮮人の状態がよく脳裏に映っていかなければ、本当の政治は出来ないと思う。 これは決して軽微なことではない。 十分の注意を望んでおきたい。 

或いは人が誤って、今日の朝鮮人がよく内地語を話すようになってきているから、我々は朝鮮語を学ぶ必要がないと、こう考える人がいるかも知れないが、そんな訳のものではない。 朝鮮人のある部分は内地語を話したところで、彼ら脳裏は直にその通りに変わるものではない。 適当に保護していくには、内地人たる者は役人をはじめ、よく朝鮮語が分かるようにありたいのは当然の希望である。 新進官吏、特に下級の新進官吏には努めてこれを奨励してもらいたい。 (以上 朝鮮総督府『朝鮮彙報 大正4年3月1日』 216頁。引用に当たっては現代文に書き直した)

 朝鮮総督府は朝鮮人に朝鮮語を使うことを容認し、むしろ朝鮮人との意思疎通を図るために日本人官吏たちに朝鮮語の習得を勧めているのです。 植民地時代、朝鮮人に朝鮮語を禁止して日本語を強制したという俗説が間違いであることは明白でしょう。

【拙稿参照】

朝鮮語は容認されていた―愛国班 (2)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/14/8727138

 朝鮮語は容認されていた―愛国班  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/10/8724405

 日本統治下朝鮮における朝鮮語放送  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/11/06/8721782

 『現代韓国を学ぶ』(6)       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/06/11/6476173

 『図録 植民地朝鮮に生きる』   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/11/02/6621470

 朝鮮語を勉強していた大正天皇  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/09/24/6111974

 「朝鮮語は禁止された」というビックリ投稿  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/15/8324407

 学校で朝鮮語を禁止した理由  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/01/20/8327730

尹東柱のハングル詩作は容認されていた http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/07/11/8618283

第三次教育令ー朝鮮語教育は廃止されたのか  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/10/12/8971509

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/06/06/9081717/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。