「在日」の範囲とルーツを隠すこと2006/08/04

>帰化した人も「在日」です。 >帰化した人の子どもも「在日」です。 >日本人との間に生まれた、ダブルの子も「在日」です。 >ようするに、遡ると「法126」「法126の子」に行き付く人は全て「在日」です。>

 「在日」判定に、126系列の朝鮮人の血を受け継いでいるかどうか、という基準を設けるとは驚きですね。この血統の子孫は日本に住んでいてもいなくても、すべて「在日」ということになりますね。アメリカ人と結婚してアメリカに住んでいる人の子孫までも「在日」となります。帰化して日本人として生きてきた人には、あなたは本当は日本人でも韓国人でもない「在日」なんですよ、と言うのでしょうね。

 在日か否かの判定基準に、このような極端なことを持ってこられましても、当該の人の人権侵害にならないように判定してください、しかし周囲に喋らない方がいいですよ、としか言いようがありません。

>繰り返し申し上げますが、そのルーツを遡る時、自分を隠してしまわなければならない状況がある限りは、「在日」は存在し続けるのです。>

 ルーツが朝鮮でも、隠したい人は隠せばいいし、隠したくない人は言えばいいのです。  ルーツなるものを隠す、隠さないは本人の事情によるものであって、自由な選択の一つです。隠すほうがいい場合もあるし、隠さない方がいい場合もあります。周りの人はその選択を尊重すべきでしょう。  ルーツを隠すことが人格差別ということはあり得ません。在日でも本国人でも、ルーツが白丁の場合はほとんどすべて隠します。白丁を隠すな、それを誇りにせよと言っても、それは重大な人権侵害=差別発言になるでしょう。

コメント

_ 謎のG ― 2006/08/04 23:29

>帰化した人も「在日」です。>帰化した人の子どもも「在日」です。>日本人との間に生まれた、ダブルの子も「在日」です。>ようするに、遡ると「法126」「法126の子」に行き付く人は全て「在日」です。>

これ↑って、どこからの引用なんでしょうか?
いつも拝読させていただいております。
たまにどこからの引用か、判別不可能な文章がお見受け致します。
よろしくお願いします。

_ 方 寿 ― 2006/08/05 00:01

最近「歴史と国家」雑考からお邪魔しまして拝見

させていただくようになりました。

今年29歳になる在日韓国人です。

やっと今母国について学んでみたいと思って

いろいろ探してたらここに辿り着きました。

辻本さんは在日の方でしょうか??

それを知りたくてたまらんかったので

メールさせていただきました。

お時間あればまた返信いただければ

幸いです。

_ 辻本 ― 2006/08/05 07:49

>これ↑って、どこからの引用なんでしょうか? >

 「兔」さんという在日の方の投稿からの引用です。
 当HP掲示板の05年9月 9日に彼と議論した際の拙稿を、今回再録したものです。

>辻本さんは在日の方でしょうか?? >

 在日ではありません。

_ 通りすがり ― 2008/03/01 12:06

韓国の「在外同胞の出入国及び法的地位に関する法律」では、在外同胞を以下のように定義しています。

 2.大韓民国の国籍を保有していた者又はその直系卑属であって外国国籍を取得した者のうち大統領令が定める者(以下、「外国国籍同胞」という。)

大統領令が見つからないのが何とも歯痒い。それでも外国籍の人間とその子供まで同胞にするのはいかがなものかと思います。
もっとも、韓国国内で様々な特例・特権が与えられるので悪法とは断定できません。ただ韓国の憲法に違反しているように思われます。

「法126」「法126の子」というのは法の遡及解釈を容認しているのでしょうか?
だとするとSF条約以前の条約も有効になってしまいますので、在日朝鮮・韓国人は全て日本人と言うこともできますね。
帰化申請すら不要。

_ 辻本 ― 2008/03/01 16:36

 日本でも、海外在住の日系人はその子孫でも、来日すれば他の外国人に比べて優遇されています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック