毎日新聞のコラムー韓国はゴールポストを動かす特性がある2018/02/03

毎日新聞 2108年2月2日付の「布施広の地球儀 韓国は嫌いですか(3)」というコラムを読んで、ちょっと感想を書きます。 https://mainichi.jp/articles/20180202/ddm/005/070/014000c

以下は個人的な感想である。     昨年の大みそか、NHKの紅白歌合戦で人気グループの「TWICE」が歌って踊るのを見てうれしくなる。愛らしい容姿もさることながら、韓国5人、日本3人、台湾1人の混成が「東アジアの協調」を思わせる。

年明け早々の1月10日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が日韓の慰安婦合意(2015年)を「誤った結び目」と言うのを聞いてげんなりする。“ゴールポスト”を動かして問題を解決させない戦術の最たるものと思えてくる。

お断りしたように個人の感想だが、多分こんなふうに日本人は韓国が苦手になる。韓流のドラマも映画もK-POPも韓国料理も好きなのに、韓国人はどうも付き合いにくい、と。

 ここまでは納得できるというか常識的な内容と思います。 ただし、わざわざ「個人の感想」という文言を二回も入れているので、毎日新聞全体の意見ではない、あるいはこれに反対する同僚記者がいるということなのでしょう。

 次に筆者の知人である韓国紙記者の意見が出てきます。

だが、そこで終わっては進歩がない。メールで韓国紙「国民日報」の編集担当取締役、趙容来(チョヨンネ)さん(60)の意見を聞くと「韓日両国は互いに見たいことだけを見てきている。相手を理解しようとしない」旨の長い返信をいただいた。     慶応大の修士、博士課程で学び完璧な日本語を話す趙さんとは昨秋、ソウルでのセミナーで知り合った。韓国における知日派の代表格だろう。

日本側が韓国批判に多用する“ゴールポスト”論について、趙さんは光州事件(1980年)を例に挙げる。民主化運動を軍が弾圧し多数の犠牲者が出たこの事件で、韓国では昨年、真相究明委員会が組織された。      同種の委員会の結成は4回目。調査が足りなければ何度でも調べ直す。 “ゴールポスト”を勝手に動かすのではない。 そんな韓国人の「特性」「積極的な姿勢」が日本には納得できぬものに映るのか、と趙さんは考える。

他方、韓国人は戦後の日本が「一度も戦争に参加せず平和憲法を守り抜いてきたこと」、あるいは慰安婦問題や戦争責任について「河野談話」や「村山談話」を出したことをほめたり感心したりはしていないと言う。

 韓国がなぜ「ゴールポスト」を動かすのかの理由が述べられています。曰く、「韓国人の“特性”“積極的な姿勢”」だそうです。双方が納得して決まったことでも、自分の都合だけでひっくり返すことができる、という考え方なのですねえ。

 「同種の委員会の結成は4回目。調査が足りなければ何度でも調べ直す」とあります。歴史家が「調べ直す」というのなら分かるし当然なのですが、今の政治課題として何度も「調べ直す」というのは理解できるものではないです。

 次に筆者の考えです。

「見たいこと」ではないのだろうが、日韓の政治家たちは「そのような国民感情を適当に利用してきた」という趙さんの指摘は重要だ。代表的な例は「李明博元大統領の独島(竹島)訪問」と安倍晋三政権の改憲論議を含めた「保守化への拍車」だと彼は言う。      一口に「嫌韓」だ「反日」だと言っても、長い年月をかけて醸された日韓の愛憎の構図はそう簡単には見えてこない。趙さんの分析に基づいて、その辺をもう少し掘り下げてみよう。

 筆者は「日韓の政治家たちは『そのような国民感情を適当に利用してきた』という趙さんの指摘は重要だ」とあるように、この韓国人記者の見解に賛意を表しています。

 韓国の政治家が、国民が反対しているから自分も反対だと、「国民感情を利用」してきたのはその通りでしょう。

 しかし日本の政治家が「国民感情を利用」したと言えるかどうか。 これまでの経緯から考えて相手方と合意することに決めた、だから国民の皆様には理解願いたい、という姿勢であったように思います。 だから安倍首相は自分の支持層である保守の一部の反対を押し切って、合意をしたと思うのですがねえ。

【拙稿参照】

韓国政府の慰安婦合意に対する方針 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/01/10/8766575

慰安婦合意の検証  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/12/31/8758841

慰安婦問題の日韓合意は混乱を呼ぶか http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/01/02/7968787

やはり韓国政府には当事者能力がない―慰安婦問題 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/11/13/7906094

慰安婦問題―韓国政府には当事者能力がない http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/03/09/7586932

朝日の反「アジア女性基金」キャンペーン  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/12/28/7525901

コメント

_ 辻本 ― 2018/02/07 17:12

>これまでの経緯から考えて相手方と合意することに決めた、だから国民の皆様には理解願いたい、という姿勢であったように思います

 これは別から言えば、民意を無視して合意しておいて、何を今さら「理解願いたい」だ!という反発にもなります。

 ですから「国民感情を利用して」というところからは、ほど遠いことには間違いありません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/02/03/8781288/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。