尹東柱の言葉は「韓国語」か「朝鮮語」か2018/08/19

 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/08/11/8939110 のコメントで、ヌルボさんが尹東柱の詩の一節の「六畳部屋は他人の国」について、私がこの「国」は出身地のことではないかと自分の解釈を述べたことに対して、

「元の韓国語では「ナラ」で、「コヒャン」ではありません。「ナラ」を「出身地あるいは故郷」と解釈するのは無理があると考えます。

と批判されました。 批判の内容は理解できるのですが、ここで尹東柱が使った言葉を「韓国語」と記されたことに、あれ!と違和感を抱きました。 というのは言語名称の「韓国語」は解放(1945)後に使われたのであって、それまでは「朝鮮語」という言語名称のはずと思ったからです。

 つまり尹東柱が生きていた時代(1917~1945)に、朝鮮人たちが使っていた言葉を「韓国語」と称したことはなかったのではないか、ということです。 ちょっと調べてみました。

 まずは1910年の日韓併合以前は「大韓帝国」でしたから、この時代にこの国の言葉を「韓国語」と称したことがあったのではないかと思ったのですが、「韓語」というのは出てきます。 しかし管見では「韓国語」というのが見当たりません。 見当たらないというのは、根拠提示が困難ですねえ。 おそらくは「英語」を「英国語」と言わないのと同じように、「韓国語」と言わなかったのではないかと思います。

 尹東柱が生きた植民地時代は上述したように「韓国語」というものはなく、「朝鮮語」でした。 「朝鮮語学会事件」なんかが有名ですね。 当時の朝鮮人が使う言葉を「韓国語」と称したというのは出てきませんでした。 しかしこれも根拠提示が困難ですね。 なお上海臨時政府が「韓国語」と称した可能性はありますが、資料が余りに少なくてよく分からないです。

 やはり「韓国語」は、戦後(解放後)に生まれた言語名称だろうと思います。 従って植民地支配下で生きた尹東柱の使った言葉は「朝鮮語」であって、 「韓国語」とするには注釈が必要になるように思えます。

 ところで尹東柱の言葉が「『ナラ』であって、『コヒャン』ではありません」と記されました。 おそらく出身地という意味ならば「나라(ナラ)」ではなく「고향(コヒャン)」としていたはずが、そうではないじゃないかというご批判のようです。

 しかし尹東柱の作品では「고향」というハングルは使われずに、「故郷」という漢字語が使われています。 尹東柱は原則的に漢字語をハングル読みで書き表すことはなかったですから、「コヒャンではない」というご批判はちょっとずれているように感じたのですが。

 「남의 나라(ナメ ナラ ―他人の国)」の「나라(ナラ ―国)」は出身地あるいは故郷の意ではないかというのは、私の解釈です。 これは前に書きましたように、六畳一間の小さな空間を「他人の国」と書いた尹東柱は東京の下宿に馴染めず、故郷のような安息の場所ではないという意味で表現したと思えたからです。

この詩に漂う孤独感をどのように説明されるのか知りたいところです。

 この詩は上京し立教大学に入学して2ヵ月の作詩で、親しい友人が出来ずに孤独な新入生の心情を表したものと考えました。 同時期に作詞された「流れる街」にある「愛する友、朴よ!そして金よ!お前たちは今どこにいるのか?」という一節をはじめ、この時期の詩には孤独感が感じられたからです。

 その際にちょっと想像が過ぎた部分があったことは反省していますが、そういう可能性も考えられるということですね。 想像たくましくとも決して荒唐無稽ではないと思っています。

 ところで文学作品は人それぞれ様々な解釈があります。 だからそれを議論し合うことには意義があります。 しかし自分の解釈を提示せずに人に解釈を聞くというのは議論につながりませんねえ。

【拙稿参照】

尹東柱の創氏改名記事への疑問 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/07/16/8917954

尹東柱の創氏改名―ウィキペディアの間違い http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/08/11/8939110

コメント

_ ヌルボ ― 2018/08/30 19:01

 先の記事のコメントで、私が「あ、「韓国語だとマズイぞ!」と気づいた時はもう確認のキーを押した後でした。そんな多少なりとも韓国・朝鮮を知る人にとっては単純なミスを、もしかしたら見逃してくれるかな?とも思いましたがそうじゃなかったですね。
 そんなわけで、この点は全面的に私の間違いです。お手数をかけてすみませんでした。

 詩の解釈についてです。
 「自分の解釈を提示せずに人に解釈を聞くというのは議論につながりません」というのはしかにその通りなのですが、なぜ私が「この詩に漂う孤独感をどのように説明されるのか知りたいところです」という質問だけに止めたのかというと、『ナラ』がたんに自分の故郷を指しているのではないことはほとんど自明のことと私には思えたのと同時に、辻本さんも、この詩句では「『ナラ』であって、『コヒャン』ではありません」とお知らせすればそれですぐ納得されるのでは、と思ったからです。
 ところが、この件についても辻本さんは私が思っていた以上にご自身の解釈に対して強い自信とこだわりをお持ちだったようですね。
 以下、反論に対する反論です。
 尹東柱の作品では「고향」というハングルは使われずに、「故郷」という漢字語が使われています。尹東柱は原則的に漢字語をハングル読みで書き表すことはなかったですから、「コヒャンではない」というご批判はちょっとずれているように感じたのですが。
 ・・・とのことですが、彼は「고향」でも「故郷」でもなく、「나라」と書いたのです。「나라」が故郷の意味だったとするなら、なぜ彼は故郷と書かなかったのですか?
 また「남의 나라」の「남」にも注目してください。彼が日本に来るまで居た京城は同民族・同言語であり、「남의 나라」ではありません。東京に来て間もない彼はそんなに日本語に習熟していませんでした。地方から他の日本人の学生同士のように「君はクニはどこなの?」などと気軽に訊けたとは思えません。
 また上京した日本人の学生なら、当初は不安があるにしてもそれは希望とセットになったものです。そんな彼らと尹東柱の孤独感とは全然同列のものではありません。
 辻本さんは「東京の下宿に馴染めず」と記されていますが、その下宿だけのことではありません。周囲全体が「남의 나라」なのですから・・・。
 私は、このような自分の解釈を(韓国で一般的なように)抗日意識と直結させようとは全然思いません。しかし、辻本さんの読み方も、逆に彼の詩の魅力を矮小化してしまっているような気がします。

_ 辻本 ― 2018/08/31 03:52

ヌルボ様、ご投稿ありがとうございます。「反論に対する反論」の反論です。

>「나라」が故郷の意味だったとするなら、なぜ彼は故郷と書かなかったのですか?

 「나라」は訳すと「クニ(国)」です。日本語の 「クニ」は国家という意味もあれば、故郷という意味もあります。 「クニのおふくろが病気でねえ」という場合は故郷です。

 私は、尹東柱の「나라」は日本と対立する朝鮮という意味ではなく、「故郷」の意味も含まれた「クニ」ではないか、と解釈したものです。

 尹東柱の作品には、思想的・イデオロギー的なものがほとんど全くと言っていい程にありません。 しかしそんな彼を、日本に対する民族抵抗詩人と評価が定着しているようです。そんな評価からすると、この「たやすく書かれた詩」に出てくる「남의 나라」は、日本と対立する国家の意味に解釈して、民族抵抗詩人の根拠とすることは可能でしょう。

 私はそうではなく、日本語の「故郷(クニ)」のように「나라」を使ったと解釈できるのではないか、というものです。
 
>地方から他の日本人の学生同士のように「君はクニはどこなの?」などと気軽に訊けたとは思えません。

 これは何とも分からないですねえ。 他の日本人学生からは「君はクニはどこなの?」と気軽に聞かれた可能性は高いと思いますが、尹東柱が他の学生にそのように聞いたのかどうか。

>上京した日本人の学生なら、当初は不安があるにしてもそれは希望とセットになったものです。そんな彼らと尹東柱の孤独感とは全然同列のものではありません。

 尹東柱も上京して大学入学当初は「不安があるにしてもそれは希望とセット」だったのではないでしょうか。 その時期に作詩された尹東柱の作品群に漂う孤独感は、親しい友人ができなかった等によって「希望」が縮小していったものと解釈しました。誤解を承知で分かりやすくいえば、いわゆる「五月病」と重なって見えます。

>辻本さんは「東京の下宿に馴染めず」と記されていますが、その下宿だけのことではありません。周囲全体が「남의 나라」なのですから・・・

 「六畳房은 남의 나라」をそのまま解釈したまでです。 学校生活の孤独のなかで、故郷の家のように安息の場であるべき下宿が「よその国(クニ)」のように感じられる、と解釈しました。 その時の「国(クニ)」は国家ではなく故郷の意味の方に近いと考えたわけです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/08/19/8945248/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。