釜山の慰安婦像保護条例ー日本の友好都市はどう対応するか2017/07/01

 釜山の日本領事館前にある慰安婦少女像。釜山市が保護条例を定めて撤去できなくしたようです。   https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000040-asahi-pol

 日韓の合意に違反し、また外国公館の尊厳を守らねばならない国際条約にも違反するものを、釜山市が公的管理で保護しようというわけです。日本との友好とは全く逆の方向に行くものです。

 非常識としか言い様のない釜山市ですが、調べてみるとこの釜山市と姉妹都市を結んでいるのが下関市と福岡市、友好パートナー協力都市協定を結んでいるのが大阪市と横浜市、友好交流協定を結んでいるのが北海道だそうです。

 これらの自治体は、釜山市とこれまでどのような「友好」関係にあったのか、疑問になります。

 下関市・福岡市・大阪市・横浜市・北海道は、これからも釜山市と友好関係を続ける気なのでしょうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/07/01/8607589/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。