脱北者団体が使った「白丁」という言葉2019/04/08

去る2月22日に、スペインのマドリードにある北朝鮮大使館を、「自由朝鮮」を名乗る反北団体が襲撃するという事件が発生しました。 この大使館を一昨日の4月6日に、今度は「自由北朝鮮運動連合」を名乗る脱北民団体が訪ねて行って、金正恩を批判するビラを手渡そうとしたそうです。 http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/04/07/2019040700861.html

 ↑は、この時に彼らが渡そうとしたビラです。 このビラの見出しは「형님을 살해 한 악마, 인간백정 김정은」です。 訳すと「 兄を殺害した悪魔、人間白丁の金正恩」。

 白丁とは、畜獣の屠殺や柳細工の製造販売などに従事した朝鮮の被差別民です。 日本での「穢多」に相当する言葉です。 この差別語を北朝鮮の反体制活動団体が、ビラに堂々と使っているのです。 

 北朝鮮では体制側の公式文書に使われてきたのですが、今度は反体制側でも同じように使われたのですねえ。 「白丁」は北では罵倒語としてごく普通に使われているのでしょうねえ。  https://blog.goo.ne.jp/dalpaengi/e/004c7e65061117a64eed0d05bf2330de

 一方、韓国では誰かを罵倒する時に使う言葉の一つとして割と出てくるし、また新聞でも記事の中に活字となって時々出てきます。 そして「백정(白丁)」と名前の焼肉チェーン店があります。 有名芸能人の経営で、韓国一の繁華街である明洞にも店を出しているそうです。 https://blog.goo.ne.jp/dalpaengi/e/bce31979581276248c8116b4e9c6d1f3

 北朝鮮も韓国も差別語に対して無頓着なのでしょうか。 この点、日本とは大きな違いを見せています。

【拙稿参照】

「白丁」について       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/05/03/8841899

「개백정」とは何か? http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/12/29/9018451

韓国ドラマに出てくる「白丁」  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2008/05/31/3552264

韓国映画に出てくる「白丁」   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/04/13/8070271

韓国の有力紙に出てくる「白丁」 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/06/30/8121172

「韓国は差別がゆるい」?    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/04/28/344906

水平社と衡平社        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/03/19/1326206

「白丁」考          http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainijuunanadai

コメント

_ 大森 ― 2019/04/08 11:38

最近の日本では、嫌韓の流れの一環として南北朝鮮で未だに白丁という言葉が使われていることをもって差別意識の強い人たちという否定的な見方が展開されることもありますが、ひょっとしたら白丁差別と穢多差別とはニュアンスが違うのかなという気もしてきました
・事実上白丁集団は消えた
・もともと肉食の国で屠畜に対する忌避感が低い
・白丁という文字自体に侮蔑的意味はない
などから差別語としての力を失っているのかも。焼肉「白丁」には驚きです
日本におけるサンカ的な存在か

以前北朝鮮が「人間白丁」という言葉を使っているのを見てさすが北朝鮮、人権意識のかけらもないなと嘲笑していましたが、差別に敏感なはずの韓国の新聞などが使ってるところを見ても白丁=穢多と決めつけて南北朝鮮を批判する姿勢とはちょっと距離を置きたい気分になってきました

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/04/08/9056977/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。