ある大学での在日コリアンゼミー毎日新聞2019/08/15

 毎日新聞2019年8月14日付けで 「在日コリアン『差別生んだのは、私たちの社会』 京都女子大ゼミ生学ぶ 座学や学校訪問、一から理解深め」 と題する長文の記事が出ています。 https://mainichi.jp/articles/20190814/ddl/k39/040/384000c

朝鮮半島にルーツを持つ在日コリアンについて、ほとんど知識がなかった京都女子大法学部の市川ゼミの3年生8人(20~21歳)がその歴史を学び、民族教育を行う朝鮮学校を訪れた。若い感性は何を受け止めたのか。

 記事の冒頭がこれで、次にゼミでどのような発表をしたかを紹介しています。

和泉茉那さんらが「在日朝鮮人ってどんなひと?」(徐京植(ソキョンシク)さん著、平凡社)などを元に報告した。

日本が植民地支配をした1910年以降、朝鮮半島の人は日本臣民とされ、朝鮮語使用を禁じられ、戦争にも出兵▽終戦時、既に生活基盤が出身地になかったり、財産持ち帰りが1人1000円に制限されたり、帰りたくても帰れない人がいた▽敗戦後は一方的に外国人とされ、長い間、指紋押捺(おうなつ)が義務付けられた。公務員就任や弁護士資格の国籍条項、国民健康保険加入など数々の差別と直面し、一部は認められたものの、制限はまだ残る--ことなどを知った。

 この中に間違いがいくつかあります。 「朝鮮語使用を禁じられ」とありますが、日常生活で朝鮮語を禁じられたことはありません。 家庭内や近所、友人同士で朝鮮語を使うことは自由でした。

 また「敗戦後は一方的に外国人とされ」とありますが、敗戦直後に在日たちはもうこれで日本人でなくなったと解放を喜び、万歳を叫んだ歴史事実を知らないのでしょうか。 在日朝鮮人が外国人であることは彼ら自身の主張であり、また本国の韓国・北朝鮮政府の主張でもあったのです。

 あるいはまた「数々の差別と直面し、一部は認められたものの、制限はまだ残る」とありますが、外国籍である限り日本国籍とは違う処遇になるのは当たり前のことです。 大学の授業での発表なら、批判する文献も含めて関連資料を出来るだけ読み込まなければならないのですが、教授はそんな指導をしていないのでしょうか。

「思っていた以上に多くの差別があった。日本は生きにくい土地なんだな」(塩田雅(みや)さん)、「韓国と北朝鮮を下に見る人がいる。歴史を勉強しないと、親から子へそういう意識が伝わるのでは」(井上真帆さん)などと感想を漏らした。市川教授が「知らへんことで、差別意識が強化される」と指摘した。

 学生さんは「日本は生きにくい土地なんだな」と感想を述べていますが、これは間違いの認識です。 在日は日本が生きやすかったから日本に残ったのであり、北朝鮮や韓国という祖国では生きにくいから帰らなかったのです。 こんなことは在日一世のお年寄りから聞き取りを実際にやっていれば、すぐ分かることなんですがねえ。

 ところで教授は「知らへんことで、差別意識が強化される」と指摘したそうですが、知ることによって差別意識が強化される場合もあることを学生に教えてほしかったですねえ。 昔、朝鮮高校生と抗争を繰り返していた日本の高校生に、日本がどれほど酷いことをしたかの歴史を教えてやったら、ようやった、もっとやっつけたらよかったのに、という反応になったというエピソードがありました。 歴史を知った彼らは、パチンコ屋に行くことを「朝鮮征伐」と称したといいます。

そして有志6人が6月末に京都市左京区の京都朝鮮中高級学校を訪ねた。1人を除き、初めての朝鮮学校訪問だ。民族教育の大切さを訴える講演や、「祖国訪問」と題して約2週間、北朝鮮に修学旅行をした女子生徒からの報告を聞くなどした。

 ここまでやるのでしたら、学生たちは北朝鮮を是非訪問してもらいたいものです。 そこでは朝鮮学校の民族教育が目指すものがどういうものかを見せてくれます。 主体思想、先軍、苦難の行軍、喜び組、コッチェビ,公開処刑、強制収容所等々、しっかり勉強してほしいですね。 日本の学生なのですから、朝鮮学校の生徒とは違う勉強をしましょう。

拉致やミサイルに核実験……。北朝鮮は不気味で理解不能な国と思われがちだが、朝鮮半島が南北に分断される、つまり北朝鮮誕生につながる、そもそものきっかけを作ったのは誰だろう。知らないと見えてこないことがある。  

 これは毎日の大澤重人記者の言葉のようですが、大きな間違いがあります。 南北分断のきっかけを作ったのはアメリカとソ連であり、北朝鮮誕生のきっかけをつくったのは金日成とスターリンです。 北朝鮮を「不気味で理解不能な国」にしたのは三代世襲の金一族であって、いずれも日本は関係ありません。 日本は朝鮮を統一した状態で植民地支配してきたのです。 こういうことは、ちゃんと「知らないと見えてこない」ものですね。

 次に在日コリアンの定義です。 おそらく大澤記者の解説と思われますが、次のようになっています。

戦前から戦中に徴用や出稼ぎなどのため日本に渡り、戦後も残留した朝鮮半島出身者とその子孫。広義では日本国籍取得者も含む。敗戦時には約240万人いたが、1946年には多くが帰国し約64万人に。在日韓国・朝鮮人、在日朝鮮人とも呼び、うち韓国籍の人を在日韓国人と称する。

10年の韓国併合後は日本臣民とされたが、52年のサンフランシスコ講和条約発効を期に日本国籍を喪失。大半が47年の外国人登録令で使われ始めた「朝鮮籍」と分類された。これは国籍ではなく、出身や民族を示す外国人登録上の「記号」。その後、韓国籍や日本国籍を取得した人も多く、在留外国人統計(2018年12月末現在)によると、韓国籍約45万人、朝鮮籍約3万人の計48万人。朝鮮籍は北朝鮮籍ではないが、北朝鮮の国籍取得者もいる。同国と国交のない日本政府はそれを国籍と認めていない。

 新聞記者なら正確な数字を記すべきでしょう。 1946年の在日人口が「約64万人」とは、何を根拠にしているのでしょうか。 在日人口の正確な統計は、当初外国人登録の二重登録や不正登録が横行したので、1952年までは不明と言わざるを得ない状態でした。 「64万人」は1946年3月の引揚援護庁による数字と思われますが、実際に数えた数字ではありません。

 その後、指紋押捺義務や外国人登録と食糧購入通帳(いわゆる米穀通帳)との照合が行われて、1952年からようやく正確な人口が把握されました。 それによると535,065人です。 64万人とは全然違う数字です。

 また「在留外国人統計(2018年12月末現在)によると、韓国籍約45万人、朝鮮籍約3万人の計48万人」とありますが、この数字は戦後や近年に来日した韓国人(ニューカマー)が含まれています。 この記事では在日コリアンとは「戦前から戦中に徴用や出稼ぎなどのため日本に渡り、戦後も残留した朝鮮半島出身者とその子孫」と定義しているのですから、ニューカマーを除外せねばなりません。

 この定義の場合の在留資格は「特別永住」です。 そしてその数字は韓国籍「約28万9千人」、朝鮮籍「約2万9千人」、計「31万8千人」です。 「48万人」とは全く違う数字です。 大澤記者はプロの新聞記者なのですから、記事に出てくる数字はちゃんと根拠を持ったものを出してほしいと思います。

【拙稿参照】

ニューカマーが特別永住者?!―毎日新聞 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/07/21/9131374

特別永住者数の推移       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/07/16/9129169

トルコ国籍の特別永住者?!―毎日新聞 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2015/10/27/7870629

米国籍などの特別永住者         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/09/15/1798285

特別永住の経過             http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/08/25/1750381

特別永住制度の変更は非現実的      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/09/01/1762857

在日の法的問題は解決済み        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/09/08/1781500

在日の特別永住制度           http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/06/14/6864389

毎日のコラム「平和をたずねて」への疑問(3) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/11/06/8991794

30年前の在日韓国人論―四方田犬彦  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/01/05/8762608

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/08/15/9141168/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。