漢字を廃止した韓国で「知的荒廃」?-呉善花(6)2014/01/27

 次に漢字廃止の弊害としてもう一つ挙げられるのが、数十年前の文献が読めなくなることです。漢字を知らないのですから、漢字がたくさん入った文章を読むのが難しいのは当然です。かつての漢字ハングル混じり文章は古文となり、その時代の文学作品は古典扱い、その当時の資料は古文書史料扱いされることになっていきます。従って過去の韓国人と現在の韓国人では、断絶が生じることになります。現在その断絶が進行していると見ていいでしょう。

 さらに先に書きましたように、漢字語が漢字の裏付けがなくハングルだけで書き表されるために、言葉の中身がこれからもっと変質していくでしょう。従って将来の韓国人は現在の韓国の新聞や論文が同じハングルで書かれていても読めなくなっていくものと予想されます。つまり更に断絶していくことでしょう。

 しかしこれは弊害になるのでしょうかねえ。かつての日本人が普通に嗜んできた崩し文字を今の日本人が読めないのと同じでしょう。それなりの訓練をして、一端の専門家の卵ぐらいになってやっと読めるようになります。

 また戦前の文献は旧仮名遣い・旧漢字ですから今の日本人が読むにはちょっと難しいです。読み慣れるのに時間がかかります。夏目漱石は新仮名・新漢字に直されているから現在の日本人が容易く読めるのであって、明治時代に発行された本を読むのには骨が折れるものです。

 1000年前の源氏物語なんかでは現代仮名・漢字に改められた文でもなかなか読みこなせません。ましてや当時の人がすらすら読んでいたはずの原文は、現代人は何年も研鑽修業を積んでやっと読めるものです。

 1300年前になると、万葉仮名の世界になります。これも当時の人はすらすら読んでいたことでしょう。しかし現代の日本人にはまるで外国語を読むかのごとしです。

 そこには過去の日本人と現在の日本人との断絶があるのですが、時の流れとして当然のことと受け入れられています。

 韓国は漢字を廃止したから昔の文献が読めず、従軍慰安婦問題のような間違った歴史を信じるようになったという主張があります。しかし漢字を読み書きできる日本人でも間違った歴史を信じる人はたくさんいますので、漢字廃止と歴史問題は関係ないものと考えます。

コメント

_ ヒデ ― 2014/01/27 23:02

万葉の時代と江戸時代、明治時代の文献と昭和の時代の新聞とでは比較にならないほど理解度は異なるでしょう。
現代の普通の小学生でも戦前の新聞は読めると思います。
ご自分の結論を急ぐあまり、飛躍したって感じは否めません。

_ f.m. ― 2014/01/29 12:57

当方は旧仮名・旧漢字で書かれた本や記事を読む事は出来ますが、書けません。変体仮名で書かれると読めません。漢文の読み方は知っていますが、長文は読めませんので、読むのはもっぱら書き下しです。
「韓国人は漢字が読めないから、昔の本が読めない。」という人は漢文が読めるのでしょうか?江戸時代の版本が読めるのでしょうか?と聞きたくなります。

_ 健介 ― 2014/01/29 17:10

この論旨はいただけない。漢字廃止は事実で、その影響は必ず現れる。その事実によって、証明されるがそのときは、朝鮮民族は我々日本人のように、漢字かな混じり文を正文とするか、それとも別な世界へ行くかは分からない。
 何故藤原定家がかなずかいを考えたかを朝鮮人は考えることでしょう。
 もともと、朝鮮人自身がハングルを活用することを決めたわけではなく、朝鮮総督府がはじめた。福沢諭吉を見れば十分でしょう。このはじまりの決定的な違いは、おおきい。
 私は呉女史の見方に賛成です。
意識は言語で構成されるからです。人は母国語の世界に住むからです。
 大東亜戦争後の改革で一番打撃を受けたのは漢字改革とかなずかいの変更でしょう。 
 当時の知識人の情けなさ。17歳で神風攻撃に出撃しているのに、この改革に攻撃を加えた、知識人、及び文官は一人もいない。わが国が負けた本当のわけはそこにあるが、岩波書店や角川文庫の緒言をみれば、なにおかいわんやです。我国の文官は朝鮮と同じでかわっていない。アレだけの敗戦を喫したにも拘らず、学習していない。そもそも学習する能力がないのではと思われる。
 軍隊はそれを生かして、かわった。自然科学者は大きく変化していった。だから戦後の物質的繁栄がある。

 もう一度藤原定家が考えた、かなずかいに戻ることは我々日本人の精神、生き方に与える影響はおおきい。
 一例を挙げれば皇室報道における、言葉使いです。美智子様ではいけない、美智子皇后ということで、愛子様ではなく、愛子内親王と言うことです。すると式子内親王がうかび、百人一首が浮かんで歴史的つながりが現れる。

 朝鮮は漢字とりとうでその歴史をつずってきた。既にある歴史だから、そこからはじめるには漢字をなくすことができないのが朝鮮でしょう。
 問題は朝鮮において、その漢字の影響が大きすぎることです。
依然として、朝鮮文化の前途は多難でしょう。
 安重根のようなやんばん出身のろくに働きもしない、書くことだけは立派な人々がいる世界では気の毒ですね。
 まるで<未来志向の日韓関係>という大統領と彼の精神は同じに過ぎない。
 朝鮮の未来は依然として、困難が付きまとっている。

_ abcd ― 2014/01/29 19:21

f.m.さん
>「韓国人は漢字が読めないから、昔の本が読めない。」という人は漢文が読めるのでしょうか?江戸時代の版本が読めるのでしょうか?と聞きたくなります。

アナタは何を言っているのですか?
物事を比較する場合は、尺度を統一しますよね。
2つの事象を比べる場合の尺度を示してから出直して来てくださいね?

_ 古代史好き ― 2014/01/30 10:06

>韓国は漢字を廃止したから昔の文献が読めず、従軍慰安婦
>問題のような間違った歴史を信じるようになったという主張が
>あります。しかし漢字を読み書きできる日本人でも間違った歴
>史を信じる人はたくさんいますので、漢字廃止と歴史問題は関
>係ないものと考えます。

結論に賛同しかねます。

たとえ虚偽の歴史を教えられたとしても、過去(戦前)の文書を読むことができる者であれば、自己が認識する歴史が誤りであったと気付くことができる可能性はあるでしょう。
しかし、まったく漢字を知らない者が、過去の文書を見てももまったく理解できないでしょうから、認識を訂正することは、ほぼ不可能ではないでしょうか。その者に、一から漢字を学べとは言えなですね。

ところで、韓国のネットでは、韓国人の自宅から朝鮮総督府が小学生向けの教科書にハングルが記載されていることが話題になったと記事を見ました。
しかし、漢字を知らなかったら、それすらほんとうに理解できているのでしょうか? 疑問に思いました。

_ 古代史好き ― 2014/01/30 10:32

記事を見つけました。

「大日本帝国時代の1939年の教科書を韓国人が発見! ハングル禁止だったはずなのに掲載されており困惑」
http://getnews.jp/archives/424002

_ 健介 ― 2014/01/30 17:48

朝鮮が漢字廃止で知的荒廃を招いているなら、わが国も同じでしょう。特に漢文の廃止は江戸時代どころか、平安時代の文書まで読めなくさせている。
 漢文は史那語ではなく、日本語の一部分としてあるからです。
 戦後の漢字改革はもともと新聞社がその作業を少なくさえるために、彼等が踊ったに過ぎない。
 それと似た現象が、従軍慰安婦であり、南京大虐殺でしょう。
 戦前の本を読めばその知的レベルの違いが一目瞭然で分かる。
 その事実が漢字改革ですら、大きな知的荒廃を招いているから、まして漢字廃止は大打撃でしょう。

 早い時期に、朝鮮は漢字を復活する努力をすることで、それは我々日本にもいえる。それが敗戦という意味で、我国の敗戦は、朝鮮の敗戦にも通じることを、朝鮮人は自覚する必要があるが、彼等はそれが自覚できない。
 
まして自分たちが考えてした戦争ではない、朝鮮戦争を民族分断の悲劇と言う軽い見方でいては、先がまったく無い。
 人の指図で動いたことを彼等はわすれてはならない。

 亜米利加は戦後の世界を考えて、朝鮮は爆撃をして破壊することは基本的にしなかった。それを破壊したのは朝鮮戦争で、わが国ではない。アレだけの資産を何故、破壊するような戦争を人の指図でしたか。

 その元は共産主義という朝鮮の歴史から見ると関係ない外来の思想にもとずいて、李氏朝鮮へと戻る、戦争だったに過ぎない。
 それは無意識のもので、それが南朝鮮、韓国にも働いている。悲惨な未来が私は、韓国に待っていると見ている。
 我々日本人と、日本はそれにかかわってはならず、かかわらないでいられるような体制を国内で作る事です。そして、朝鮮自身が漢字の影響から抜け出して、朝鮮文化とは何かをかんがえて、自らその道にすすむまで、我々日本人は何もしないで見ておられる、精神と力を持つことです、それが朝鮮にとって最もいいことです。多分200年はかかることだから、我国の朝鮮外交はその視点でするべきで、国内の在日問題もソレデすることで、彼等在日朝鮮人は彼等自身が朝鮮人の一変形に過ぎないことを自覚することとともに、我々日本人もそのように彼等を認識することで、決して彼等と共生など考えてはならない。
 私は悲観的に見ている。

_ f.m. ― 2014/01/31 00:57

何が言いたいのですか?レイシストは韓国人が漢文で書かれた主に朝鮮時代までの本や表記に漢字が使われた頃の本が読めないというから、それなら貴方達は漢籍や草書体や変体仮名で書かれた本がすらすらと読めるのですね、という事になりますが。せいぜい旧仮名・旧漢字で印刷された本を読んで、日本の古典が読めた、というわけではないでしょうね?朝鮮の本の歴史も知らないのに、知ろうとしないで、朝鮮時代のハングル文学について、いい加減な事を書く輩がいるのですよ?そういう連中が「国士」面しているのが不愉快だ。まあ、開化期までハングルが朝鮮人の大衆には縁遠い事になっているから、そういう事になるのでしょうが。

_ 健介 ― 2014/01/31 10:45

>f.m. さん
アナタ、漢字廃止の意味を理解されていない。
呉氏は現在韓国において、知的荒廃を招いていると指摘されて、それの元は漢字廃止で、戦前の文書が読めないことを上げられている。その読めないということを問題にされている。その上、表音文字のハングル。これはモンゴル文字からの発想に過ぎないと思うが、その作った意図がひらがな、カタカナとはちがう。
 ハングル文字、以前は諺文といッたが、その成立目的の落差は大きく、この無意識の影響はかなりのものがあると思う。
 いずれにしても、知的荒廃は、韓国のことで、それは事実となって、証明されるから、私は議論の対象ではないとみている。しかし知的荒廃はわが国にもある。それは漢字改革もあるが、それは主とはなっていないと見ている

_ yamato ― 2014/02/03 22:37

30年前の新聞が読めないのと、300年前・1000年前の文章が読めないのとでは全く違うでしょう。
父親の文章も読めないというのは想像を絶する状況です。
そして、日韓間の問題は、この100年間に集中しているわけで、そこに範囲を区切って議論しないと意味が無いでしょう。

※コメントの受付件数を超えているため、この記事にコメントすることができません。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/01/27/7205232/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。