日本語版『反日 種族主義』で抜け落ちた章節(4)2020/02/05

http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/01/26/9206635   の続きです。

 今回は第16章の後半です。

16、亡国の暗君が開明君主に化ける(後半)   金容三

ロシア皇帝に「朝鮮保護」を要請

高宗は1896年2月11日の明け方、皇太子と一緒に宮女の服装に変装して宮城から脱出し、ソウルのロシア公使館に身を隠しました。この行動は駐朝鮮ロシア公使が計画し、ロシア軍人の支援と護衛を受けて断行されたものです。ロシア公使館に到着した高宗は、まず最初に日本と親しくしていた親日官吏たちを処断せよという命令を下しました。王命受けた親衛部隊出動し、総理大臣の金弘集を殺害して遺体を清渓川に投げ捨て、農工商部大臣の鄭秉夏、度支部大臣の魚允中は群衆の暴力で亡くなりました。10人余りの他の大臣たちは、千辛万苦の末に日本に脱出して亡命しました。

俄館播遷の期間中である1896年5月末、高宗はロシア皇帝ニコライ二世の戴冠式に閔泳煥を朝鮮代表として派遣しました。閔泳煥はベーベル公使の周旋でロシアの要員たちの保護を受けながらモスクワに行ってニコライ二世に謁見しました。この席で閔泳煥は「朝鮮をロシアの保護領にしてほしい」と求めました。そうして外務大臣ロバノフ、財務大臣ウィッテと面談してロシア軍隊の朝鮮国王保護、ロシア軍事顧問官派遣などを要請しました。

二ヶ月後の7月29日、ロシアは軍事教官団を朝鮮に派遣しました。ロシア教官団は朝鮮の宮城護衛隊を訓練し、この警備隊は1897年5月、元の宮城に戻った高宗が見守る前で、ロシア式の査閲をしました。

朝鮮末期の朝鮮軍隊は、日本の教官を招聘して別技軍して日本式に訓練を受けましたが、壬午軍乱が起きると清の軍隊編成に変わり、清の教官たちの調練を受けました。またアメリカの退役将軍を招聘してアメリカ式に訓練をしましたが、また日本軍の訓練を受けて訓練隊を養成しました。この訓練隊が閔妃殺害に動員されて、信じられないことになるやロシア教官を招聘してロシア式訓練を始めたのです。このころ、朝鮮が一瀉千里に親露政策を推進する姿を見守っていた駐朝鮮アメリカ公使のアレンは「朝鮮問題はすべて終わった」と虚脱状態で語っています。ロシアの軍事教官団は、宮城護衛隊を訓練するのに続き、ロシア軍の指揮下に6,000人の朝露連合軍の結成を試みました。

しかしロシアの朝鮮進出政策は、満州浸透を主張する勢力が優勢になって、満州進出に旋回するようになりました。1897年12月18日、ロシアは日本が返還した遼東半島要衝である旅順と大連港を租借して極東地域で不凍港の確保に成功することによって、朝鮮に対する戦略的関心がなくなっていき、この渦中に朝露連合軍計画は廃棄されました。朝鮮に対する関心が冷めたロシアは、1900年7月、日本に朝鮮半島を分割して「朝鮮で、ロシア・日本の勢力範囲を確定しようと提案しました。もしも日本がこの提案を受け入れたならば、韓国は1945年ではなく1900年に南北に分断されて、ロシアと日本の保護領となった可能性が濃厚です。

一部の学者たち、高宗を開明君主と美化

日清戦争を終わらせるために、下関講和条約が締結された1895年から日露戦争が開戦した1904年の10月は、朝鮮の立場から見れば国家改革を通して近代国家に成長できる最後の機会でした。朝鮮の国家指導部は、その機会を無為に過ごし、中国、日本、アメリカ、ロシアなどの外勢を引き入れて国家独立を守ろうと七転八倒しました。韓国近代史で「失われた10年」と呼べるこの時期を、国家指導部が有益に使ったならば、朝鮮の未来は肯定的に変わることが出来ただろうし、極東と世界の歴史も相当に変わったかも知れません。

日本はロシアと戦争して、朝鮮からロシア勢力を追い払い、朝鮮を保護国としました。高宗は1882年の壬午軍乱の時に、クーデター軍が宮城に乱入して閔妃を殺そうとした事件を経験した後、日本公使に「ひょっとして異変が起きれば、王室を保護してくれ」と言って日館播遷(日本公館内に朝鮮王室を移すこと)を要求し、日清戦争の戦雲が垂れ込めると今度はアメリカ公使館に避難を要請する美館播遷(アメリカ公館内に朝鮮王室を移すこと)を推進しました。閔妃殺害後には俄館播遷(ロシア公館に朝鮮王室を移すこと)に成功しました。

日露戦争の戦雲が漂うと、高宗は今度はソウルのイギリス領事館に身を避けて、自分を保護してくれとイギリスに要請しました。英館播遷を要請したのです。しかしイギリスは高宗の要求を拒絶しました。一体全体、国の国王が国家の安危を放り出しておいて、自分だけ生きようと日館播遷、美館播遷、俄館播遷、英館播遷をしようとした事実を見れば、「この人、本当に国王なのか?」という懐疑感に襲われます。

日本の首相である伊藤博文は、1895年に駐日英国公使であるアーネスト・サトウとの対談で「朝鮮の独立は現実性がないので、朝鮮は周辺の一番強力な国家に併合するとか、保護下に置かねばならないこと」と語った。海外の外交使節たちが朝鮮を信じられないと見る根源は他でもなく、高宗の情けない統治能力のためでした。グ・テヨル梨花女子大教授は「ダモクレスの剣?―日露戦争に対する韓国の認識と対応」という論文で、西洋の外交官たちは高宗を統治者としても資格が完全に欠如している人物と判断していたという指摘します。ある国の皇帝がこんな状況だったから、その下の主な大臣たちは果てしない政争に悩まされながら自分の命を守るために、国家がどうなろうが自分の安全だけを求めました。彼ら主要官吏たちは親しくしている外国人たちに、政変が発生すれば身を隠す場所をくれと要求する事例が頻繁にありました。

グ・テヨル教授は、旧韓末の大臣たちはほとんどが日本、ロシアなどの外勢と繋がっていて、意識的であれ無意識的であれ、外勢の利権争奪と対立の手先の役割をするようになったと指摘します。イギリス総領事のジョーダンは、「朝鮮朝廷は内閣の危機が終わりなく続き、外国公館らは朝鮮政府から閣僚が一週間に一回ずつ替わるという通告を受理する暇もないくらいだった」と指摘したのです。これが高宗の統治時代の素顔でした。

要するに高宗は亡国の暗君でした。それにも拘わらす、近ごろになって一部の学者たちは高宗を開明君主に化けさせて、彼が改革を熱心に推進しようとしたが、日本の妨害で挫折したという著書や論文が相次いで出ています。このような行為を「手のひらで空を隠す(到底できない)」というものではないでしょうか。反日種族主義が高まって「反日」ならばどんな学説であれ尊重される世の中となって、それが作り出す笑えない寸劇と言わざるを得ません。

【拙稿参照】

日本語版『反日 種族主義』で抜け落ちた章節(1) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/01/12/9200912

日本語版『反日 種族主義』で抜け落ちた章節(2) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/01/21/9204587

日本語版『反日 種族主義』で抜け落ちた章節(3) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/01/26/9206635

雑感-GSOMIA問題と『反日 種族主義』 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/12/11/9187872

強制連行論への批判―『反日種族主義』の著者  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/09/24/9157076

新型肺炎騒ぎに見る国籍と永住権2020/02/12

 2月11日付のYahooに、次のようなニュースが掲載されました。 国籍と永住権を考える上で興味深いもので、その部分を引用します。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200211-00000004-courrier-int

カナダの永住権を持っているだけではダメ     湖北省・武漢市で新型コロナウイルスの拡大が始まったとき、カナダ人のモント・ギズボーンの妻と義理の娘は、同市に住む親せきを訪れていたところだった。 ギズボーン自身は、この武漢への旅行に同行していなかった。     まもなく武漢は封鎖され、カナダ政府は自国民を帰国させるチャーター機を手配したが、そこにギズボーンの妻と娘は乗せてもらえなかった。 ギズボーンによれば、妻と娘はカナダの永住権は持っているが、市民権は持っていないために「除外」されたのだという。

この措置に、「私たちはカナダ人家族ではないのか?」とギズボーンは憤る。    ギズボーンの妻ダニエラ・ルオと娘ドミニカ(9)は永住権を持ち、カナダ市民とほぼ同等の権利が認められている。 しかし、カナダ政府は、カナダ市民権を持つ未成年者を連れている場合にかぎり、永住者がチャーター機に搭乗することを認めるとした。そのため、ルオとドミニカは武漢にとどまることを余儀なくされた。    「この基準に何らかの根拠があるのなら、それを明らかにしてもらいたい」とギズボーンは言う。 「私はカナダ政府からの説明を求める」

このような「国籍の壁」に直面している家族は多い。    カナダの市民権を持つカイ・フアンは、78歳の母親を武漢に置き去りにして出国便に乗るかどうかの選択を迫られたと、カナダのテレビ局に語っている。 母親はカナダの永住権を持つが、市民権は持たないために、チャーター便に乗ることができなかったのだ。

また、武漢で働くイギリス人のナタリー・フランシスは2週間前に、息子のジェイミー(3)は帰国便に乗せられないと、英当局から言われたという。 ジェイミーはイギリスと中国の二重国籍であり、その中国国籍が原因とのことだった。    最終的にはジェイミーにも帰国便の席が与えられたが、フランシスのおばが英BBCに語ったところによれば、「本当に離陸の直前まで、母子が一緒に搭乗できるかどうかわかりませんでした」。

 永住権はその国ではあくまで外国人です。 その国に留まる限りは内国民とほとんど同じ扱いを受けることが可能ですが、一旦その国から出ると永住権などは考慮されることなく、国籍すなわちパスポート発給国の人間として扱われます。

 在日韓国・朝鮮人も日本では永住権者ですが、日本から出ると在日であること、即ち特別永住者であることは考慮されることなく、本国の韓国・朝鮮人と同じ扱いになります。

 今回の新型肺炎では、武漢・湖南省に在日がいないようなので問題が起きていませんが、もしいたとしたら、日本政府が派遣するチャーター機には乗れず、また日本大使館・領事館の保護も受けられず、ずっと中国に留め置かれることになっていたでしょう。

 ある在日は、自分は韓国のパスポートを持ってはいるが、韓国語ができないので海外旅行はしない、もし万一の時が怖いから、と言っていましたねえ。

【拙稿参照】

在日朝鮮人が海外旅行すると‥  http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daisanjuunidai

韓国の夫婦別姓制度2020/02/17

 毎日新聞2020年2月15日付けの『経済観測』で、中央大教授・宮本太郎さんの「孤立社会の夫婦別姓論」と題するコラムがありました。 このなかで韓国の夫婦別姓が次のように少し触れられています。 

https://mainichi.jp/articles/20200215/ddm/008/070/050000c

制度としての合理性はともかく、「夫婦同姓はこの国の伝統だ」というのも必ず出てくる論点だ。 だが、夫婦同姓は1898(明治31)年の民法で欧州からいわば「輸入」された制度で、伝統とは言い難いことも広く指摘されている。 逆に血縁主義の強い中国や韓国は結婚しても血縁由来の名字を変えない夫婦別姓だ。 日本の場合、戸籍制度を開始する際に全国民に名字をもたせようとしても庶民はあまり関心を示さず、明治政府は苦労したらしい。

 この人に限りませんが現在の日本の選択的夫婦別姓議論のなかで、韓国の夫婦別姓を注釈抜きでそのまま紹介して、夫婦別姓には何の問題もないと論じる人が多いのですが、果たして如何なものかと思います。

 まずは朝鮮人の夫婦別姓という古くからの伝統は、男尊女卑すなわち女性差別の産物であることをしっかりと認識しなければなりません。

 朝鮮の女性は結婚しても、当初は夫の一族の一員として認められません。 男子を生んで初めてその母親として存在が認められるのです。 女性が結婚して相手方男性の両親にあいさつに行ったら、男子が生まれるまで子供を産み続けろと言われたというエピソードは、よく聞く話でした。 生まれる子供たちは父親の姓を受け継ぎ、男系一族の一員となります。 そして姓の違う女性は男子の母親として、その一族での存在感を示すことができるのです。

 次にこの伝統的夫婦別姓制度がどのような問題を引き起こすのか、です。 例えば夫婦が離婚した場合、子供はどうなるのか? 子供は父系の姓を受け継ぐことから分かりますように、いつまでも父親と縁が切られることはなく、父親の親権が維持されます。

 ですから母親が離婚して子供を引き取っても、その子供は父親の戸籍から離脱できず、従って父親はいつでも親権を行使できることになります。 子連れの女性はいつまでも前夫との縁が切れない子供を抱えますので、別の男性との再婚は不可能ではありませんが、難しくなります。

 分かりやすく例えて言いますと、金(女)さんと李(男)さんが結婚してできた子供は李(子)ちゃんです。 金(女)さんが離婚してこの子供を引き取ると、「金」と「李」の二つの姓を持つ母子家庭となります。 そして次に金(女)さんが朴(男)さんと再婚したら、今度はこの家族は、「朴」「金」「李」の三人三様の姓となります。 さらにこの家族に子供が生まれると、その子の姓は朴(子)ちゃんです。 とすると兄弟で姓が違うことになります。 また前夫の李さんは自分の子である李ちゃんに関しては口出しできる権利があり、李ちゃんを勝手に連れ出しても誘拐罪にはなりません。

 こういうことは近年までの韓国では考えられないことでしたから、女性は再婚しないで母子家庭を続けるか、あるいは子供を養子に(多くは海外に)出して独り身になって再婚するものでした。 近頃では子供を実母に預けて再婚という場合が増えているというニュースがありましたね。 孫を預からざるを得なかった祖母の悲惨な家庭状況が報道されていました。 (下記、拙稿参照)

 以上とは逆に、父親が子供を引き取る場合を考えてみます。 子供は父親の戸籍に入ったままですから、姓も父親と同じです。 しかし女性は離婚によって夫の戸籍から一人だけ離脱しますから、夫だけでなく子供とも縁が切れることになります。 女性は独り身となって再婚はしやすくなるのですが、どうなのでしょうかねえ。

 今の日本では夫婦別姓議論が盛んですが、その時に韓国の別姓制度を持ち出すのは慎重にしてほしいものです。

【拙稿参照】

韓国で、おばあさんと赤ちゃんの痛ましい死 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/08/04/6530632

韓国の「祖孫家庭」問題(1)      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/12/06/7097028

韓国の「祖孫家庭」問題(2)      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/12/11/7105330

韓国の「祖孫家庭」問題(3)      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/12/15/7109387

 以前の拙稿で「家族のあり方が、韓国と日本とでは少し違っています。 この違いが祖孫家庭という、日本では聞き慣れない家族形態が韓国では社会問題になっているということです。  日本人の感覚からすると、離婚したとはいえ自分の産んだ子供を祖父母に任せきりにして再婚するとか連絡を切るとかなんてちょっと考えられませんが、韓国ではこういう場合が多いというのは韓国特有の家族のあり方から来るものです」と論じました。

 かつて日本が朝鮮で施行した創氏改名は、この家族の在り方の違いをちゃんと知っておかないと、理解が難しいものです。 これを知らない人が創氏改名を論じると、朝鮮人の民族性を否定するために日本風の名前を強制したとか、朝鮮人を徴兵するために創氏改名を強行したとかの、トンデモ歴史を展開することになります。 創氏改名については下記拙稿をご参照ください。

創氏改名とは何か     http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daijuunidai

創氏改名の残滓      http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daisanjuudai

創氏改名の手続き     http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainanajuudai

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/28/8423913

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (2)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/30/8425667

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (3) http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/01/8436928

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (4)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/03/8441238

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (5)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/05/8444253

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (6)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/07/8447420

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (7)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/09/8451992

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (8)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/11/8457633

創氏改名の誤解―日本名は強制されていない (9)  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/04/14/8478676

宮田節子の創氏改名論          http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/11/10/7487557

朝鮮人戦死者の表彰記事ー1944年  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/10/29/8716160

尹東柱の創氏改名記事への疑問  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/07/16/8917954

石破茂さんのデタラメ創氏改名論 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/10/06/9161642

創氏改名の誤解―「世界史の窓」  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/03/26/8421515

朝鮮名での設定創氏が可能な場合 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/02/12/1178596