日本進出の焼き肉店「白丁」2021/08/26

カン・ホドンの焼き肉店「白丁」が日本に進出していた

 朝鮮語の「白丁(ペクチョン)」というのは、日本では「穢多」に相当する言葉で、李朝時代から続く被差別身分の賤民を意味します。 平凡社『新版 韓国・朝鮮を知る事典』(2014年3月)では「白丁」は次のように説明されています。

朝鮮の被差別民。‥‥白丁は賤民の代表として厳しい迫害を受けた。 結婚は白丁間のみに限定され、奴婢などと異なって身分上昇の機会は閉ざされていた。 職業の制限は厳しく、農業以外に主として柳細工の製造販売や畜獣の屠殺などに従事し、それがまた差別観念を再生産した。 一般集落に居住することも許されず、町の郊外に彼らのみの集落を形成し、冠や衣服にいたるまで制限されて、一般民衆から賤視された。(456頁左欄)

1894年の甲午改革で身分解放が行なわれたが、5万~10数万といわれる白丁に対する差別はその後も厳存した。 1923年、日本の水平社に刺激されて彼らは衡平社を結成し、解放運動を開始した。 現在は南北朝鮮ともに身分としての白丁は消滅した。(456頁左~右欄)

 読めば分かりますように、朝鮮の「白丁」は日本の「穢多」と瓜二つと思えるほどに非常によく似ています。 そして現在では韓国でも北朝鮮でも、身分としての「白丁」は消えて一般的に見えなくなりましたが、侮蔑語・差別語としての「白丁」は残り、今でも使われています。

 それは個人間のこそこそ話の中だけでなく、大手新聞やドラマ、映画などにも出てきます。(下記参照) この状況は、「穢多」が差別語として絶対に使ってはならないとされている日本から見れば、驚くしかありません。

韓国ドラマに出てくる「白丁」  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2008/05/31/3552264

韓国映画に出てくる「白丁」   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/04/13/8070271

韓国の有力紙に出てくる「白丁」 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/06/30/8121172

脱北者団体が使った「白丁」という言葉 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2019/04/08/9056977

「개백정」とは何か?      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/12/29/9018451

「白丁」について       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/05/03/8841899

韓国の進歩系も使う「白丁」  http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2020/01/17/9202929

 この差別語を逆手に取ったのか、韓国の有名芸能人カン・ホドンは自分の経営する焼き肉店の名前を「白丁」とし、その名前でチェーン店を展開してきました。 これだけでもビックリですが、この焼肉チェーン店が日本にも進出していたのですねえ。 その名も「カンホドン白丁」。 

https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13241638/ https://www.tokyoheadline.com/485018/

 もう本当にビックリですねえ。 日本の「穢多」とほとんど同義の身分差別用語で、しかも今でも罵倒語として使われている「白丁」を、日本進出の店の名前にも使うとは‥‥!

 日本ではこのカン・ホドンの店について知らない人が多く(私も知りませんでした)、だからなのでしょうか、これは問題だと提起する人もおらず、議論されたことがないようです。 そしてこの事実は、日本の部落差別の今後を展望する上で、大いに参考になると思います。

 ところで、ヌルボさんが「白丁」に関して論じておられます。 カン・ホドンの焼き肉店についても詳しく言及されています。。

https://blog.goo.ne.jp/dalpaengi/e/bce31979581276248c8116b4e9c6d1f3

https://blog.goo.ne.jp/dalpaengi/e/004c7e65061117a64eed0d05bf2330de

コメント

_ 海苔訓六 ― 2021/08/26 13:01

「天方地丑馬骨皮」から派生して
千、方、池、秋、馬、諸葛、皮の七姓の朝鮮人はご先祖様が白丁などの賎民かもしれないという偏見の目で韓国では見られる、という話は興味深かったです。
ただこういう、『氏姓で相手に対して偏見を持つ』のは朝鮮人だけでは無くて日本人も同じだと感じた経験がありました。

国会議員の故・松本龍先生が宮城県知事を侮辱するような態度をとって辞任に追い込まれた当時、まとめサイトを見ていたら松本龍先生は被差別部落出身者なのでバックに被差別部落関連団体がいて、九州は被差別部落問題があるのでバックの団体も地元では力を持っているため
「おい、いまここで発言したことはオフレコだからな。書きやがったり報道したら、その時点でその社は終わりだから。いいな!」と言っておけば一切報道されないのですが、東北地方は被差別部落問題がほとんど無いのでバックの被差別部落関連団体にも忖度する習慣や必要性がマスコミにもほとんど無いために一部始終が全て報道されてしまったと書いてありました。


少し前にmixiで東日本大震災関連の記事が上がったので、自分の日記にそのことを書いたら、読者から
『被差別部落出身者は松本姓や森○○っていう姓が多い』というコメントが来ました。

恐らく完全な偏見だと思います。森○○というのはたぶん関西電力か何かの不祥事汚職の中心人物だった森山栄治さんが被差別部落出身者だと事件当時報道されていたのでそういう偏見も加味されてのコメントだったろうと思ってますが、
私が興味深いと感じたのは、朝鮮人も「天方地丑馬骨皮」から派生して
千、方、池、秋、馬、諸葛、皮の七姓を賎民の子孫だと看做す偏見を持つ人がいる一方で、
日本人も『被差別部落出身者は松本姓や森○○という氏が多い』というような氏姓で偏見を持つ人がいる、
この点に関しては日本人も朝鮮人もあまり変わらないということでした。
もちろん、私のところにそういうコメントしてきた日本人が特殊なだけなのかもしれませんけど。

_ 辻本 ― 2021/08/26 14:28

>『被差別部落出身者は松本姓や森○○っていう姓が多い』というコメントが来ました。

 こんなウソ八百を言っている人がいるとは、ビックリですね。

 部落民の名前はそれぞれの部落によって違うのであって、それこそ千差万別、たくさんの種類があります。 この部落にはこんな名前、あの部落にはあんな名前が多いというのがあるのは確かですが、ごくわずかの名前を取り出して、被差別部落出身者に多いなんて、言えるわけがないでしょう。 部落民の名前と一般の名前が同じという場合もいっぱいあります。

 被差別部落の姓を調べるのは、割と簡単です。 同和地区にある共同墓地に行って、その墓石に刻まれる名前を調べればいいです。 あるいは神社の石碑にある氏子の名前を調べればいいです。
 昔からの農村部落では、ほとんど共通する名前が出てきます。 もし二種類あれば、二系統の出身からなる部落だろうと判断できます。

 都市部落はほとんどが混在ですから、名前も種々出てくることになりますが、古そうな墓石や石碑などを調べると共通する名前が出てくることがあります。 これがこの部落の古くからの由緒ある(?)名前だろうと判断できます。

 せめてこれくらいの調査をしてから、言ってほしいですね。 こんなこともしない人が一体何を言っているのか、と思います。

 ところで、30年以上前の話ですが、同和研修の講師をやっておられる先生から、私の名前は珍しく、父親の故郷では同和地区の人だけが使う名前です、だから町なんかでこの名前を言うと同和出身と分かってしまうから、地区のうち半分の人はその名前ではなく、通名を使っています、と言っておられましたねえ。

_ 河太郎 ― 2021/08/26 22:15

>海苔訓六 さん― 2021/08/26 13:01
>「国会議員の故・松本龍先生」

「国会議員の故・松本龍先生」とあります。松本龍氏の世評とは違う実像を、伝聞などではなく直接ご存じのようですね。
テレビカメラもある多くのマスコミの前で「おい、いまここで発言したことはオフレコだからな。書きやがったり報道したら、その時点でその社は終わりだから。いいな!」と
発言する松本龍氏の実像は是非知りたいものですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック