国賓晩餐に招待された脱北青年2018/01/25

 昨年米国のトランプ大統領が韓国訪問をした際、青瓦台(韓国の大統領官邸)で開かれた晩餐会に、米国側の要請で脱北青年が招待されて出席していました。 この晩餐会は日本では「独島エビ」や元慰安婦ばかりが取り上げられて、この青年のことはほとんど全く報道されませんでした。 また韓国でもそれほど注目されませんでした。 ちょっと遅くなりますが、約2ヶ月後の1月15日付け『朝鮮日報』にこの青年のインタビュー記事が掲載されました。 日本語版にはありませんが、ちょっと興味深かったので、抜粋して訳してみました。

『朝鮮日報』2018年1月15日付け 「トランプ訪韓当時、国賓晩餐に招待され‥‥“コッチェビ”(北朝鮮で孤児となった浮浪児)出身のイ・ソンジュさん」

昨年11月、ドナルド・トランプ大統領の訪韓当時、青瓦台の公式晩餐に各界の有力人士たちと共に、ある脱北青年が招請された。これまで国賓晩餐に脱北民が出席したことはなく、初めてであった。主人公は「コッチェビ」出身のイ・ソンジュ(31)さんであった。

―彼の父親は、北朝鮮の護衛局所属の少尉だった。1994年、金日成死亡直後に酒の席でしゃべった体制批判的発言が当局に摘発された。ピョンヤンに暮らしていた彼の家族は咸鏡道の鏡成に下放された。飢死する住民らが続出する「苦難の行軍」の時期であった。   1998年、父親は「中国に渡ってお金を工面してくる」といって出かけた後、消息を絶った。そうすると母親が食料を求めて元山にいる妹の家に出かけた。「お腹が空いたら水を飲んでから、塩を必ず舐めろ。一週間したら戻ってくる」という手紙一枚を残して、そうやって出かけた母親は行方不明になった。

―どうして両親は11歳の息子を一人残して、二人とも出ていけるのか?

両親をずっと恨みました。しかし、当時食べるものが尽きた北朝鮮では自然なことでもあります。捨てられた子どもたちは市場で乞食をして、騙して、盗んで、喧嘩する“コッチェビ”として転々としていました。私は同じ年頃の7人と一緒に仲間を組みましたが、二人はぶん殴られて死にました。こんなコッチェビ生活を4年ぐらいした頃。母方のお祖父さんに会いました。ある日、ブローカーがやって来て、「お父さんが中国で待っている」と言いました。

―2002年の冬に、彼はブローカーと一緒に豆満江を渡った。中国のある村に到着すると、直ぐに彼を風呂に入れ、写真を撮った。その後、他のブローカーに彼を引き渡して「遠い所に行かねばならない」と言った。

気配がおかしいので「お父さんはどこにいるのか」と尋ねると、「韓国にいる」と言いました。「韓国はどこか」と言うと、「大韓民国」と言いました。当時は「南朝鮮」とばかり言っていましたから、「韓国」だなんて、どこにあるのか分からなかったのです。ブローカーが「延吉のように朝鮮族が集まっている所」と説明しました。彼が「南朝鮮」と言ったら来なかったです。南朝鮮に行けば、たくさん食べさせてたくさん着せてから、情報を探り出しては血を吸い、肉は犬にくれてやると言われていましたから。

―彼は中国の延吉から汽車に乗って大連に行った。そこでまたブローカーが替わった。

大連の空港まで連れてくれたブローカーは、航空券と偽造のパスポート韓国旅券を渡して、「検査台を通過し、何番出口に行って飛行機に乗ればいい」と言いました。その時はまだ、大連空港は電算化しておらず、偽造旅券が受け付けられたようです。

―仁川空港でお父さんに会いましたか?

入国審査で偽造旅券がバレました。その時まで、私が中国のある年に来ていると思っていました。南朝鮮であることを知って、ひざまずいて「元に返してくれ」と頼み込みました。国情院に引き渡されてから、やっと父親に会いました。

―父親は京畿道平沢で小さなレミコン会社を共同経営いた。彼は中学校に入学し、同級生より3歳年上だった。しかし人民学校4年を終えてコッチェビ生活をしたために、授業についていけなかった。

その頃、私はいつも怒っていました。自分自身と全ての状況が不満だったのです。そうしたら上級生たちと喧嘩になりました。校長先生が「北朝鮮から来て、もめ事ばかり起こす。みっともない奴」と大声で叱りました。それを聞いて、自分で退学しました。

―その後、彼は放浪してから検定考試(中学等の卒業と同等の学力を認める試験)を受け、知人の紹介で釜山にある地球村高校に入学した。帰国した在外同胞の青少年を対象にした特性化(ある分野に特化した)寄宿学校だった。

その学校で、安定を取り戻して体系的に勉強するようになりました。ネイティブの英語の先生に出会ったことも運がよかったです。‥‥

―彼は西江大学政治外交科に進学し、ある学期には交換留学生としてアメリカのアリゾナ州立大学に通った。その時外国の友人たちと一緒に3ヶ月、アメリカを旅行した。‥‥ソンジュさんを見ていると、何でも挑戦しようというか、手腕が飛びぬけていると言うべきか‥ 家族の保護を受けねばならない子供の時に「コッチェビ」で暮らしたのが、今の生活に大きな影響を与えたようだね?

あの時はどんな状況にも適応して生き残る能力を鍛錬しました。‥‥韓国に来て、最初は北朝鮮で自分が生きてきたやり方でやっていこうと思いました。不利な状況ならばウソをつきました。自分の間違いなのに他人のせいにしてその場を免れました。そんなウソが自分の後ろに蓄積されているのを知りました。信用がどれほど重要なのか分かるのに6年以上かかりました。それから、その場しのぎするよりは正直に認めるようになりました。

 この脱北青年の話で興味深かったのは、北朝鮮では「韓国」「大韓民国」と言われても、どこにある所か分からないという話。 北朝鮮では「南朝鮮」はあるが「韓国」はない、ということが徹底しているんですねえ。

 もう一つ興味深かったのは、韓国社会に馴染むまで6年かかったという話。 先に脱北した父親が韓国で事業に成功したらしく、経済的には困らなかったようですが、それでも馴染むのにかなりの時間がかかるのですねえ。

【北朝鮮関係の拙稿】

北朝鮮の火葬              http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2006/05/10/360577

北朝鮮の火葬状況            http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/01/01/1084693

北朝鮮が崩壊しないわけ         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/08/04/1701479

北朝鮮の百トン貨車           http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2007/08/11/1716894

『写真と絵で見る北朝鮮現代史』     http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/02/06/5665262

韓国と北朝鮮の歴史観が一致する!!   http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/02/10/5675477

白い米と肉のスープ           http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/02/14/5680393

韓国の北朝鮮研究            http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/02/22/5698027

1970年代の北朝鮮=総連の手口     http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/11/12/6199653

先軍政治は改革開放を否定するもの    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2011/12/23/6256776

金正日急死への疑問           http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/01/15/6293047

韓国に親北民主政権=人民革命政権が樹立される可能性 http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/02/01/6315655

自主的、民主的、平和的統一       http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/04/22/6421457

和田春樹『北朝鮮現代史』        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2012/04/29/6428366

北朝鮮は社会主義の盟主を観念的に目指す http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/02/16/6722829

南朝鮮解放路線はまだ第一段階      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2013/03/30/6762019

北朝鮮を甘く見るな!(1)        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/07/23/7395972

北朝鮮を甘く見るな!(2)        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/07/28/7400055

北朝鮮を甘く見るな!(3)        http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/08/02/7404064

北朝鮮の宋日昊が日本を脅迫      http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2014/10/10/7455119

北朝鮮を後押しする中国         http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2016/02/08/8011036

北朝鮮の核開発の目的          http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/09/07/8671910

北の核ー歴代韓国大統領の発言    http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2017/09/12/8675214

現代に残る古代国家       http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachidai

金正日の肩書き          http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/dainijuukyuudai

天皇制と首領制の比較      http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daiyonjuugodai

北朝鮮と小中華思想        http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daigojuunanadai

朝鮮総連の人から聞いた話    http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihyakugodai

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tsujimoto.asablo.jp/blog/2018/01/25/8775991/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。